1. トップ
  2. 4月28日(日)開催 新入生歓迎フェスティバル2019 芸能人ステージをレポート!

4月28日(日)開催 新入生歓迎フェスティバル2019 芸能人ステージをレポート!

毎年GWに開催されている『新入生歓迎フェスティバル』が今年も開催された。このフェスは、愛知県内50校500名の実行委員からなる中学・高校生の自主活動団体である、愛知県高校生フェスティバル実行委員会が中心となり、父母・教員・市民とともに作り上げるD.I.Yなイベント。今年は4月28日(日)に開催され、さまざまな希望や不安をもって入学してきた仲間を、高校生の持つエネルギーで温かく歓迎するとともに、高校生がもつ問題意識や未来への思いを、さまざまな企画を通して表現・発信。高校生1000名の群舞や合唱などを行う「希望プロジェクト2019」や、全国各県から結集する高校生とともに、これからの未来について議論する「全国高校生サミット」から、ダンスフェスティバル、各校クラブ発表共演などが開催された。会場となった南山大学では、愛知県の多くの高校が模擬店を出店。焼きそばやデザートなどを販売し活気にあふれていた。
ここでは、フェスの企画として開催された「芸能人ステージ」にてライブを行った、吉田凜音さん、琴音さんのライブレポとフェスに関するインタビューを掲載します。ライブレポは実行員である高校生4人が担当。同世代アーティストのライブを観て感じたことを自身の言葉で書いてもらいました。

高校生によるライブレポート!

琴音LIVEレポート

正宗 千季
(啓明学館高校3年)

琴音さんが歌い始めた瞬間体育館中が透き通るような歌声と感動の空気に包まれました。テレビ越しに聞いたことは何度もありましたが初めて生で聞いた琴音さんの歌声は感動の嵐でした。特に、『願い』は個人的にとても好きな曲で言葉一つ一つが語りかけられているように感じました。歌詞にある「重なり合って強さになるから」の言葉が今でも頭から離れません。同じ今を生きる高校生として何か力強い勇気や元気をもらったような気がしました。

高阪勇志
(南山高校男子部3年)

4月28日、愛知県新入生歓迎フェスティバル(新歓)に芸能人ゲストとして琴音さんに来ていただきました。僕は琴音さんを最初に知ったのがYouTubeで動画を見ていた時で、その時『音楽チャンプ』の歌を聞いてハマりました。
生で聴いてみたいと思っていたので、本当に当日は楽しかったです。リハーサルの時から自分は新歓の運営のスタッフをしていて体育館から歌声を聞こえていて、「本当に琴音さんが居るんだ 」って言うワクワクがありました。そして本番が始まると自分もスタッフを忘れてライブに集中していました。 自分が1番好きな曲が『戯言~ひとりごと~』って曲で、これを聞けた時の嬉しさが凄かったです。 自分、この曲の「人生いつだって山があってあってまた山があって でも谷があるから登れるんだ」って言うこのフレーズが本当に好きで、このフレーズの瞬間 全身がゾワッってしたのをまだ覚えてます。
琴音さんについて前々から気になっていたことがあってそれがポスターの「琴音」の文字なんです。「王」2つはしっかりした字体で、「今」がゆったりした感じ、そして「立」もゆったりした感じで、「日」はしっかりした字体 なんです。 僕は初めてこのポスターを見たときに なんで同じ漢字で字体を分けているんだろうと考えていて、琴音さんの歌って強弱がすごくて一つ一つの言葉の響きが。自分、音楽能力が無いので素人の感じ方ですけども。
同じ言葉でも色んな気持ちを入れてるのかなって考えていて、そんな事を考えながら聞いていた「戯言~ひとりごと~」が本当に色んな考え方を出来る曲でもっとハマっていきました。これからも頑張ってください。
新歓、本当にありがとうございました。

吉田凜音LIVEレポート

服部梨帆
(明美文化服装専門学校1年)

いつもスマホで見ている人と実際に会えて歌も聴けてお話できてサインもらえて、すごく感動しました!
めっちゃ高くて響く歌声が大好きです!毎日聴いてます!
これからも頑張ってください!応援してます!You tube活動も頑張って下さい!

鬼頭巧
(南山高校男子部1年)

凜音さんを知ったのは最近だけど、実際に生で見ることができて良かったです!
“りんねラップ”で盛り上がって、最後まで楽しく見ることができました!
僕が凜音さんを知ったのは、名古屋のラジオにゲスト出演されていたのがきっかけで、そこからファンになりました。特に♯filmが大好きです
応援してます!これからも頑張ってください!

琴音&吉田凜音インタビュー

琴音

ー新歓フェスでのライブはいかがでした?

琴音: 普段のライブより同年代の方が多いなと思いました。制服だけでなく体操着の方もいて、なんだか学祭みたいで楽しかったです。

ー今回披露された5曲について教えていただけますか?

琴音: 3月にリリースしたメジャーデビューE.P.『明日へ』に収録されている4曲と、その前にリリースしたミニアルバムのリード曲です。先日行った初めてのツアー時のバンドアレンジでやらせていただきました。

ー琴音さんと同世代が開催しているこの新歓フェスはいかがですか?

琴音: とても素敵だと思います。ライブ前に外をちょっと歩いてみたんですが、たくさんのお店から元気いっぱいな呼び掛け声が聞こえてきて楽しくなりました。

ーライブで今高校3年生とおっしゃっていましたが、高校生活最後の今年にやっておきたいことはあります?

琴音: 卒業したら友達と日常的に会える機会が無くなるから、今年1年で多くの思い出を作りたいと思っています。大したことは出来ないかもしれないけど、学校で友達と話しているだけでも十分思い出になるので毎日を大切にしたい。あと、所属している軽音同好会で何かしらやって盛り上げられたらいいなと思っています。

ー最後に新高校1年生へ向けてメッセージをお願いします

琴音: 今まで小中学生で一緒だった友達とバラバラになって、新しい環境になる方が多いと思います。今はまだ友達づくりや勉強についていくだけで必死だと思います。でも、学年が上がっていくにつれて慣れてくるし、分かってくるので焦らなくても大丈夫。自分のペースでいきましょう。

琴音(ことね)

新潟県長岡市出身。現在17歳のシンガーソングライター。「Eggs presents ワン!チャン!!」でグランプリ。そして、テレビ朝日「今夜、誕生!音楽チャンプ」でグランドチャンプを獲得し、2018年7月にミニアルバム『願い』をリリース。2019年3月6日、E.P.『明日へ』でメジャーデビュー。

■オフィシャルHP
https://kotoneofficial.com

■リリース情報
『今』
1st Single
2019.8.7 発売
通常盤(CD1枚) 1,200円(+tax)
初回限定盤(CD2枚組) 1,800円(+tax)
※通常盤同内容+今年4月に行われた「1st note TOUR 2019 –明日へ–」の東京公演から厳選された8曲の音源を収録

■LIVE情報
2nd note TOUR(仮)
11月23日(土祝) 愛知 名古屋CLUB QUATTRO
11月30日(土) 新潟 LOTS
12月01日(日) 宮城 仙台Hook
12月07日(土) 大阪 Music Club JANUS
12月08日(日) 福岡 ROOMS
12月21日(土) 東京 Veats shibuya
<追加公演>
12月28日(土) 東京 Veats shibuya

吉田凜音

ー新歓フェスでのライブはいかがでした?

吉田凜音: ステージに出た瞬間にカメラをいっぱい向けられるライブはなかなかないので新鮮でしたし、すごく楽しかったです。※当日は写真撮影のみOK

ーお客さんのほとんどが高校生というライブでしたが、セットリストはその世代に合わせました?

吉田: 10代の子がよく聴いてくれている曲をセットリストに入れました。そこに、2月にリリースしたシングル『#film』と、そのカップリング曲を入れました。

ー凜音さんとほぼ同世代が開催しているこの新歓フェスはいかがですか?

吉田: さっきお店を見に行ったんですが、青春だなと思いました。私の高校生活にはこういうものがなかったので、ちょっと羨ましかったです。

ー凜音さんはどんな高校生活を送られていたんですか?

吉田: 音楽活動が忙しかったので、体育祭ぐらいしか高校生だなと感じる時がなくて。だから、みんなでイチから作っているこの新歓フェスは楽しそうだなと思いました。

ーお店を見に行ったとおっしゃっていましたが、何か食べました?

吉田: 揚げパンを食べました。その場で揚げてくれて、すごく美味しかったです。

ーもし凜音さんが新歓フェスの主催者側だったとしたら何がやりたいですか?

吉田: 逃走中をやりたいです。私は逃げる方がいいな。逃げ切る自信もあります(笑)。

ー逃走中は面白いかもしれないですね(笑)。凜音さんは今年の3月に高校を卒業されていますが、高校生活でやっておけば良かったなというものはあります?

吉田: あまり学校へ行けなかったので、学業に追われる生活が羨ましいなと思います。朝早く起きて遅刻しそうだという気持ちも、先生に怒られることもあまりなくて。だから、普通の女子高生の生活がしたかったです。

ー最後に新高校1年生へ向けてメッセージをお願いします

吉田:高校1年生の時に、3年後ラップを歌ってCDを出しているとは全く思っていませんでした。何事も挑戦していけば色々なものがどんどん見えて世界が広がっていくし、例え壁にぶつかっても諦めない気持ちがあれば夢は叶うと思います。頑張っていきましょう!

吉田凜音(よしだりんね)

2000年12月11日生まれ。2016年、地元北海道から本格的にアーティスト活動に専念すべく上京。インディーズ楽曲『りんねラップ』のMVがTwitter上で話題に。ラッププロジェクト「RINNE HIP」、バンド「MAGI(C)PEPA」の活動が高い評価を得て、2017年夏にビクターエンタテインメントColourful Recordsよりデビュー。2018年4月にフルアルバム『SEVENTEEN』、8月にはSKY-HIプロデュースのデジタルシングル『Find Me!』をリリース。そして、2019年2月13日に自身初の作詞作曲『#film』をリリースした。

■オフィシャルHP
https://rinneyoshida.jp

■リリース情報
『#film』
Single
2019.2.13 発売
通常盤 1,200円(+tax)
生産限定#FR2コラボカメラ盤2,000円(+tax)
※ #filmのみ収録

■LIVE情報
フロムニューエイジアツアー 2019
【吉田凜音×Rude-α×さなり】
6月13日(木) 福岡 the voodoo lounge
6月14日(金) 大阪 The brick
6月21日(金) 東京 渋谷plug


RANKING

RECOMMENDED

KEY WORD

WRITER


トップへ