1. トップ
  2. キーワード一覧
  3. 超私的!今月よく聴いた5曲

ライター ツボイ

2018.3.31

387 good

超私的!今月よく聴いた5曲

3月も今日で終わり。今月を振り返って「よく聴いたなぁ」という曲を5曲選びました。その結果、並んだ曲のタイトルとアーティストから分かったのは、インタビューしたからそりゃそうだ。ということ(汗)。挙げた曲は、インタビュー前に聴いてハマり、インタビュー後もずっと聴いている曲たち。その他の曲も含め、この曲のココが好き、ハマったというコメントとともにお楽しみいただければと思います。

1.『Running Away』 THE BACK HORN

インタビューは3月12日(月)。この曲は、3月7日にリリースされたミニアルバム『情景泥棒』の1曲目。イントロからドハマり。マリンバからのベース、最高です。そしてサビの疾走感。グイグイくるサウンドと山田さんの歌声に圧倒されます。これからのバックホーンの代表曲になりそう。この作品に収録されている全曲、かなり聴いています。お気に入りの1枚ですね。

2.『FATEMOTION』 Bentham

3月3日(土)のひな祭りの日、メンバー全員にインタビューしました。この曲は、名古屋のテレビ局CBCのドラマ『こんなところに運命の人』の主題歌であり、4月4日にリリースされるアルバム『Bulbous Bow』のリード曲でもあります。Benthamのいいところが凝縮された疾走感あふれる楽曲で、自然と体が動く今の彼らのベクトルを感じられます。ミュージックビデオも必見!

3.『Everthing OK!!』 Cellchrome

ポップでカラフル、弾けるビートが楽しい気分にさせてくれる曲。アニメ『名探偵コナン』のオープニングテーマにもなっています。彼らをインタビューしたのは3月7日(水)。夜だったのですが、みんな元気いっぱいで質問に答えてくれたことを覚えています。『名探偵コナン』を想起させる歌詞にも注目。「ひょっとして、あのこと!?」というフレーズがあるので、そこを楽しみながら聴くのもおすすめ。

4.『Echo』 PAELLAS

前作収録の『Shooting Star』に引き続きハマってしまいました。この曲は、何といってもサビ前のギターに尽きます。一度聴いたら耳に残るばかりか、サビが近づくにつれ、「あのフレーズがくるぞ」ってワクワクしちゃう。それに、自然と体でリズムを取ってしまうんですよね。PAELLASのMATTONさんをインタビューしたのは3月16日(金)。イメージ通りの雰囲気を持った方でした。

5.『世界の終わり』 ROTTENGRAFFTY

「なぜ今さら」。と思われた方もたくさんいると思います。曲自体は2014年6月リリースなので、3年以上前の曲。ライブでもガンガンやっている人気曲のひとつ。私も当時からよく聴いていました。それなのになぜ今かというと、彼らが2月28日にリリースしたアルバム『PLAY』に収録されていたから。この曲はサビがめっちゃ歌えるんですよ。会社帰り、1人で歩きながら何度口ずさんだことか。ということで選ばせていただきました。

以上5曲、本当によく聴きました。というか、今でもふと頭の中に流れて、つい口ずさんじゃってます。4月はどんな曲と出会えるんだろう。楽しみです。

RANKING

RECOMMENDED

KEY WORD

WRITER


トップへ