1. トップ
  2. キーワード一覧
  3. THE SHREDDERってどんな人達?

ライター モデラートヒデ

2016.4.18

1,715 good

THE SHREDDERってどんな人達?

まず第1回目のバンドとしてうちのモデルもやってくれてます。
岐阜のバンド「THE SHREDDER」を台湾のパンクイベント『ANARCHY IN TAIWAN』に出演前にインタビューしてみました。

01
左からHIDE(インタビュアー)ZACKY(Ba)HIDEJI(Gt)MONCHI(Vo)NICK(Dr)右下/ヨン(写真撮影)

● シュレッダーとしてのルーツは?

MONCHI(Vo)ーハードコアって感じでは無くてRancid・SOBUTなどパンクが基軸であって、自分はSOBUTがパンクの軸にあって日本のパンクバンドSAとかLAUGHIN'NOSEとかあのへんがすごい好きで海外ではRancidが自分の中では大きいけど、ZACKYは少し違ってサイコビリーであったりとかパンクとかも好きで。
ZACKYはシュレッダー入る前ウッドベース持ってたりもして、そういうプレイスタイルもあったりで。

ZACKY(Ba)ーロカビリーも好きだけどCasualtiesが来日した時に出てたバンドの影響とかもやっぱりうけてる感じです。
初めは別々バンドをやってて、おたがいやりたい事があって出会ってそういう話しをしてて、自分たちの音楽に取り入れてそういう形でやってけたらいいなと思って始まりました。

MONCHI(Vo)ーそういう形で4年・5年やっててメンバーが1人脱退するって形になったんでメンバー募集をする時に自分の今やってる音楽を見つめなおすいい機会だよねと言ってたら、今のギターリストのHIDEJIが入ってHIDEJIの音楽性がブルースとかガレージとかが好きで新しい形のスタイルが作れそうな状態になったのが2014年の事です。
02

● 確かに新しいCDだいぶ前と違うもんね。

MONCHI(Vo)ータイトルの"EVOLUTION"は進化っていう意味もあるんで今までとは違うアプローチでやっていきたい事もすごくあるんでそこでHIDEJIが加入した事によって、バンドがまた楽しくなって刺激ももらってるし、いろいろ再認識出来る事が沢山あって今までのパンクとかハードコアとかに別に捕われなくてもいいんじゃないかなと思って、それが楽曲に表れてるんじゃないかなと思ってます。

ZACKY(Ba)ーパンクはあくまで基軸にしてそこにハードコアであったりブルースであったりの要素を足していく。

MONCHI(Vo)ーNICKは別にパンク・ハードコアとかって言うバンドは通ってないけど自分のやりたいスタイルであったり叩きたいフレーズであったりがいろいろあると思うんで、そこが今のメンバーになってからナチュラルに自分のやりたい事を提案してくれるようになったんで、バンドのサウンドが、それこそ"EVOLUTION"ってことにみんながなってるんじゃないかなって思ってそれが今作の僕らのねらいという感じです。
03

● 2曲目3曲目がまさに"EVOLUTION"って感じだよね

MONCHI(Vo)ー確かに前までは出てこなかった感じです。
2曲目とかはライブで手上げてもらったり、ノってもらったり、みんなでシンガロング出来る感じが、自分らやってても楽しいんじゃないかなって思って、そこは自分たちも気にして曲作りはやってる感じです。
3曲目とは歌謡ロックというか日本のロックというかそういうのも自分は好きなんでそういうのが出てる曲なんじゃないかなって思います。

ZACKY(Ba)ー90年代のJ-ROCKとかね。
04

● ライブで観ると、よりだいぶ変わったって感じするもんね。

MONCHI(Vo)ーそうですね。サウンド的にも前のギターリストの音質であったりとか弾き方とか今ギターのHIDEJIの音の作り方とかもまったく違うので、それにともなってベースだったりドラムだったりも変化があって、いいバランスで進化してるんだと思います。

● ハードコアってジャンルに特化せずに拡げてこうってしてるからめずらしいよね?

MONCHI(Vo)ー自分が岐阜に住んでていつもお世話になってるアンツのカメさんとかといつもしゃべってるのはジャンルに捕われずにかっこいい物はかっこいいし刺激は沢山受けるから、そういう形にはまらずお前らはお前らの音楽やってれば認められる日がくるんじゃないの?ってよく言われたり話したりってのがよくあるんで、その中だけでやってるよりはおもしろい刺激があるんじゃないかなって思うんで、いろんな土地やいろんなジャンルとやったりいろんな事にトライしてこうとは常々思ってます。
05

● 今だとパンクとかハードコアとかのイベントでやる事が多いと思うんだけどこんなとことやってみたいとかってあるの?

ZACKY(Ba)ーガレージとかロックンロールとかとやってみてどう受け入れられるかとかどう反応するかとかが楽しみで見てみたいですけどね。

MONCHI(Vo)ー今までそういう対バンがないので新しい編成になって新しい音源も出したんでそういう所にアプローチかけていったりとか活動の範囲を広げていけたら自分ら的にも絶対プラスになるんじゃないかなって思ってます。

● このタイミングで言うのはあれだけど・・・俺あんまわかんないんだけどハードコアって何?俺あんまハードコアって通った事ないから。

全員ー(考える)

NICK(Dr)ーイメージだとこのイベントやったらだめっていうか、やったらよくないっていうか、それでもうるせー俺はやったるみたいなそういう強い生き様と言うか・・・

MONCHI(Vo)ー内面的な事やよね。

NICK(Dr)ーハードコアのイベントとか行っても結構サウンド的には、これロックンロールっぽくない?とか全部が全部激しい感じでもなくて、ただとにかくステージ全力を出すっていうか・・・

ZACKY(Ba)ー音楽とかそういうことじゃなくて・・・

MONCHI(Vo)ーなんか振り切ってやってるって奴がハードコアって言うかパンクって言うか自分はそういう風に理解しながらやって活動はしてたりするので、絶対に手は抜けないし楽しい事はやるしって思って動いてたりします。

HIDEJI(Gt)ー俺は激しい気持ちって解釈してます。自分はそういう風に解釈してやってたりします。
06

●いろんな解釈の仕方あるもんね。

NICK(Dr)ー自分らしさって言う意味では、自分は結構畑が全然違ってジャズとかいろんなとこ通ってて、例えばこの曲でジャズっぽい要素入れよって思ったらためらいなく入れたりします。結構そういう風に俺はこういう事やりたいんだってためらいなく入れてくのもハードコアなのかもしれないです。俺はそういう部分でもハードコアって名乗ってもいいんじゃないかなって思ったりします。
今でも記憶に残ってる事があって、うちらギフシティーハードコアパンクってフラッグつけてやってるんですけど、今の音楽性になって1度どーしよーってなった事があってホントにギフシティーハードコアパンクってフラッグつけてやってっていいんだろうか?って話しが一度出かけた事があって、その時MONCHIさんがこれは俺らのやり方であって、俺らのやり方がギフシティーハードコアパンクやでって言われた事がすごい印象残ってます。

MONCHI(Vo)ー俺らのやり方で信念もってやってれば別にいいんじゃないのって思ってガレージやってようがロックやってようが好きな事やってその信念がハードコアっていうか音楽ジャンルって事だけじゃなくって信念の所でギフシティーハードコアパンクってフラッグを掲げるってことは何の問題もないし、なにか言われる事もないしそれがシュレッダーの音ですって思ったんで。

HIDEJI(Gt)ーこれからどんな音楽やサウンドになっても気持ちは大事にしてやってきたいなって思う。

● ジャンルって人がつける事だと思うしね。

MONCHI(Vo)ーまあシュレッダー聴いてめっちゃPOPやんとか、おらんと思うけどスカやんとかレゲエやん思う人もいるかもしれないけし、100人いたら100人違うかもかもしれないけど自分らが好きな事やってハードコアパンクって思ってやってればそれでいいんじゃないかなって思ったりしてます。

●なるほど・・・
俺忙しすぎてあんまインタビューする内容考えてなかったんだけど・・・
ヨンくん(写真撮ってくれてる人)かわりにインタビューして・・・
07

●ヨンー僕ですか?・・・それぞれ服のジャンルとかも違うじゃないですか?それぞれの個性が引き立ってるバンドだけど、好きな音楽とかも違うじゃないですか、個性が違うのに、音を出す時に化学反応みたいな、今これやばいくらいにいい感じだったなって全員が一致する事ってあるんですか?

MONCHI(Vo)ーあれかな?曲づくりの時の事とかかな?
それはあるんじゃないかな?今回のシングルとかでもHIDEJIが作った曲だったりとか、1曲目のZACKYが作った曲であったりとか、前のギターリストとは違うアレンジをやってるからそういうやり方でくるんだって思って俺らも驚きもあるし、メンバーもこういう歌い方でやるんだとか弾き方や叩き方でやるんだって、みんながいろいろ衝撃をうけて、毎回そういうスタジオになってるんじゃないかな?って思うんだけどどうかな?

ZACKY(Ba)ー自分がもってない引き出しとかをまわりがもってるので、いい刺激になってスタジオ練習ができてると思いますけどね。

HIDEJI(Gt)ー初めてみんなでスタジオ入った時、俺、(みんなで音を鳴らした時の感じが)いいな~!って思ったっすけどね。

NICK(Dr)ーみんな自分の事をやりながら結構まわりを聞いて、自分から聞いたこの音はこうとか結構、今のこの編成になってから言い合ってるんですよね。そういう感じでスタジオで曲を磨いて・・・切磋琢磨してる感じですね。

MONCHI(Vo)ーかっこいい~(笑)
曲を磨くって・・・良いフレーズやね。言えるデブやね~(笑)

NICK(Dr)ーハハハ(笑)
このメンバーになってからホントにいい意味で言い合う事が多くなりましたね。

ZACKY(Ba)ーそれをみんな受け入れてくれる器が各自あるって感じです。

MONCHI(Vo)ーそれがライブ活動を進めていく上でもこういう事やりたいああいう風にやりたいってのがあって、縁あって今回の台湾でのライブに出るって事も大きいとこで、たぶんこのメンバーだから動けるってのもあって、うれしい事や楽しい出来事を共有できれるんだなって思います。
08

●HIDEJIとかは途中から入った感じだけど最初合わせるときってどうだったの?

HIDEJI(Gt)ー初め音作りがむちゃくちゃで聞けない感じだったんですよ。けど言われて話し合ってちょっとずつ調整してってみんだんで合わせてって、バシッと合ったとき気持ちいい感じにできるように仕上がってきた感じですね。

●ヨンー作曲をするにあたって、誰がするって決まってるんですか?

MONCHI(Vo)ー特には決めてなくて、基本的に弦楽器のZACKYだったりHIDEJIがまず核となる部分を持ってきて、そっからみんなで拡げてく感じで、さっき言った感じでみんなで話してから、あらためて音で鳴らしてみて、楽しみながら作り上げてくのが今のシュレッダーのスタイルかなって思うんで、誰かってこだわる事はしてないね。

ZACKY(Ba)ー骨組みは僕であったりHIDEJIであったりがもちよって肉付けは全員でやるっていう感じです。

●ヨンーステージで意識してる事ってあるんですか?
09

● たぶんそれってどこまでいけるかじゃない?

全員(笑)

●ヨンーマイクのコードが長いからですよね(笑)

MONCHI(Vo)ー10mのマイクシールドを持ってるんでそうですね(笑)
野外で一番後ろまでいったしね(笑)
でもライブでは自分がお客さんだったらこういう風にしてもらったらうれしいなとか
やっぱパンクが好きなんで演者がおりてきたりとか、結構お客さんと自分とのぶつかり合いが好きなんで、楽曲がわかりやすかったらみんなでシンガロングできるんじゃないかなって思ったりとか、とにかくお客さんを見たりとかお客さんの表情を気にしたりとかってのは自分はあるかな。

ZACKY(Ba)ーベースなんで基盤というかボトムというか崩さないように意識はしてるんですけどライブなんでどんだけ魅せれるかってのを意識してお客さんにどんだけ印象づけれるかってのを大事にしてます。

HIDEJI(Gt)ーどれだけ魂を上げて音にのっけれるかなってのを意識して熱量だしてやってます。

NICK(Dr)ー後ろで支えてる感じで・・・ボーカルがとにかく暴れ回ってるんですがただ、それで演奏隊3人がバラバラになっちゃうとわーっとして盛り上がっててもそこは音楽的にどうかなって思っちゃうのでここ3人はビターっときっちりやって、演奏もいいしボーカルは目立って盛り上がるしってのを意識してます。なのできっちり合わせようってのを意識してるので、モニターの返しとかも自分の音ほとんど返さないかわりにギターとベースの音しっかり返して、とにかくきっちりやろうと意識してます。

●NICKってライブハウスじゃわかんないけど結構色々しゃべるよね。

MONCHI(Vo)ーしゃべれるデブ(笑)

●意外と重要なポジションだよね。個性がそれぞれ違うけどいいバランスでまとまっててシュレッダーっておもしろいよね。

MONCHI(Vo)ー僕だけじゃないっていうのがこのバンドの強みなんじゃないかなって思ったりします。リーダーとして動くけどみんな、こういうふうにやろうよとかちゃんと意見があるんで、それをまとめてこういう風にしよっかってやってるんで、いろいろ言い合えるってのが、バンドを動かしてる自分としてはとてもいいメンバーだなって思います。
やっぱワンマンにはなりたくないんで。
みんなの意見てのは大事かなと
このメンバーで今回のCDに収録した曲とかしてない曲とかをいろんなとこに行ってライブして聞いてもらってそこからフルアルバムをリリースして今回まわったところとかでも初めての所も多いので、今度ちゃんとしたアルバムをリリースしてもっていけたら成長出来るんじゃないかな?って思うし、みんなと共有出来たら楽しいんじゃないかな?って思うので、当面はそこに向けてしっかり「THE SHREDDER」の活動をみんなでしていくって言うのが目標です。
10

●なるほど!だいぶ長いインタビューだったけどありがとね。
あと最後に1つだけうちが服屋だから服とかファッションについても質問だけど、今のバンドってわりとTシャツ短パン・スキニーとか普段着に見える形が多いけどシュレッダーがいるシーンとかって、バシッとキメてっていうバンド多いけどこだわりとかってあるの?
まっNICKはあれやけど・・・

NICK(Dr)ーまっ僕はサイズの問題があるんで・・・(苦笑)

MONCHI(Vo)ー僕は今ここのお店のやつをよく着てます。自分の中でライブでも着るんでまずそこがあって、ここのは人物をまず引き立ててくれると思ってるんで、あとはやっぱり物作ってるHIDEさんがお店にいるんで、サイズ感であったりとか作りとか聞けるんで・・・ただあとはよく悩まされたりするけど(笑)

●確かにね(笑)こないだも目当ての物買いにきて結局買うの変わったもんね(笑)

MONCHI(Vo)ー普通お店であればこれでいいですよって売るのがスタンダードだと思うんだけと、「いやーこれちょっと違うんじゃないの?」って自分がいいかもって思ってて着てみてなんか違うなと思ってたら「これ違うで、こっちじゃない?」ってラフな感じで話して買えるのが、なんか自分にとって来たいなと思ったり利用したなって思ったり感じです。

●スタイル的にどパンクじゃないやん。ストリートミックスみたいなテイスト的なこだわりとかってあるの?

MONCHI(Vo)ーそこまでパンクパンクは自分もしたくないんでそんな中でラフさであったりとかちょっと抜けた感じっていうんですかね。そんな感じの格好がやれたらなって。どっかカジュアルさは出したい感じですね。

ZACKY(Ba)ー僕は基本的にパリッとした格好が好きで衿が立ってたりとか、コートジャケットとか基本的にハットに合えばと思ってて、あとはシルエットを見た時に綺麗な感じが好きです。
モノトーンとかが好きですがそんな中でも自分の個性とか出していければと思ってます。さりげなくパンク要素もいれたりできればなと思っています。

HIDEJI(Gt)ー基本どっかでロックンロールは意識してるんですけどJAPテイストが入れれたらと思ってます。

●そうだね腰回りのアイテムとかね。

NICK(Dr)ー怖くてしょうがないっすよ。

●そうだねシャツからちらっと見える和彫りとかね(笑)

全員ー(笑)

ZACKY(Ba)ーうしろのやつとか手作りなんですよ。

11
HIDEJI(Gt)ーベルトのスタッズとかは自分で打ったんですよ。
この大事なケツあての黒い部分は自分で付け足したりとかしたんですよ。
夜な夜な作りましたよ(笑)

ZACKY(Ba)ー見た目派手だけどやってる事地味なんすよ(笑)

●カスタムとかするけどここまでちゃんと作るとカスタムの域じゃないもんね。
こういうDIYもこのシーンの魅力でもあるもんね。

● 一応NICKは?

NICK(Dr)ーわりと明るい色が好きで着るんですけど膨張色でみんなからは着るのやめろって言われるんですよ(苦笑)

MONCHI(Vo)ー星の○ビーやな(笑)

NICK(Dr)ー買うとこ探すの難しいんで通販に逃げてる感じです。
12

●バンドって人間関係難しいけど「THE SHREDDER」ってこういう感じで冗談いったりいじったりして笑い合えるっていいバランスがとれてるね。
これからも楽しみにしてるよ。
ホント長いインタビューでしたがありがとう!
13
このインタビュー聞いて気になった方は
TRACKsのDISC REVIEWにもある
2nd Single「EVOLUTION」
http://tracks-live.com/diskreview/theshredder/
聞いてみて下さいね。
ライブ情報はHP
http://theshredder.web.fc2.com/
でチェックして遊びにいってみてください。
インタビュー後の台湾でのライブはこちらでみられます。

人生初のインタビューなんだか難しかったけど
最後までよんでくれた方ありがとうございます。
次回はもう少し読みやすい形でチャレンジしてみますので
お楽しみに!

DJ HIDEのインフォメーションはコチラ
http://twa-001.serio.jp/

関連キーワード

RANKING

RECOMMENDED

KEY WORD

WRITER


トップへ