1. トップ
  2. キーワード一覧
  3. なんで僕らは中古CD屋に行くのか?

ライター 影井公彦

2018.10.31

198 good

なんで僕らは中古CD屋に行くのか?

先日、名古屋駅の近くにあるバナナレコードさんでレアなジャパメタのCDをゲットしてほくほくしてる影井です、こんにちは。
皆さまお元気?
CD買って財布薄くしてる?

先日のコラムでは『最近CD買ってないなー』なんて言ってましたが、現在ではモリモリ増えております。
ちょっとやばいので自粛しないといけないぐらいです。
さて、そこで考えたのですが、なんで我々は『中古CD屋』に行くのかなということ。
タワレコさんやHMVさんのような新品のみを取り扱うお店も当然行くのですが、バンドを知りだすとどうしても中古屋に行くんですよね。
お値段が安いのもあるのですが、バンドやアーティストを遡る時に、壁にぶつかるのが『廃盤』の壁なんです。
廃盤になってしまったら、新品のお店では買えない。

だけど!
中古CD屋なら見つかる!

ということでついつい行ってしまうんですね。
勿論、廃盤でない物がウルトラ激安で売られているのを見てホクホク顔で買ったりするのですが。

あとは『昔欲しかったCD』を探しにいくのも楽しいのです。
今月だけでも、Vasalla・CHARISMA・Blueといった90年代のV系を知っていれば泣くぐらい懐かしいバンドのCDを買いました。

中古CD屋、いいですよ〜!

と叫びたいのですが、たまに『店のチェックが甘くて、違うものが入っている』なんてこともありますので、そこはご注意を。

そして、もう一つ中古屋で気を付けたいことがあります。

それは『次に買えばいいか』と思わないこと。
これ大事!
超大事です!

アナタが『次回に買えばいい』と思ったCDは、1分後に来た別の人に買われてしまう可能性が大きいのです!
それで俺は貴重盤を買い逃して今でも買った奴に隕石が当たらねえかななんて思ったりしてます。

なので、見つけたら買う!
これが大事!
いいですか、これをするとどうなるかわかりますか?

めっちゃ増えます。

そう……音楽好きの大きな問題は収納なのです……。
ということで、次回は収納の話をしたいなと思っております。

それでは、今回はこの辺で!
先程話にも出た『Vasalla』の一番大好きな曲で〆ます!
ロック!

Vasalla / ALONE

関連キーワード

RANKING

RECOMMENDED

KEY WORD

WRITER


トップへ