1. トップ
  2. キーワード一覧
  3. その悩みこそ青春の証!前を向くキミへ届けたい応援ソング7選

ライター ツボイ

2018.3.3

1,306 good

その悩みこそ青春の証!前を向くキミへ届けたい応援ソング7選

勉強に部活に恋愛。楽しいこともあれば辛いこともある。いっぱい悩むことこそが青春の証、学生の特権だと思います。そんな、いま青春真っ只中にいる人へ届けたい応援ソングを選びました。ちなみに、7曲中3曲がアニメ主題歌。スポーツ部を描くアニメ主題歌はストーリーが反映されていることが多いから、応援ソングっぽくなるんですよね。数ある中からどの曲が選ばれたのか、そこにも注目してぜひ最後まで読んでいただけたら幸いです。

1.『ともに』WANIMA

昨年大ブレイクしたWANIMAの代表曲。ライブでは会場全員でサビを大合唱する人気曲のひとつ。<どれだけ過去が辛くて暗くても 昨日よりも不安な明日が増えても 悩んだり泣いたりする今日も 進め君らしく 心踊る方>は、学生はもちろん大人でも共感する人が多いのでは。特に<進め君らしく 心踊る方>という部分は、“君のやっていることは間違っていない。だから今まで通り自分らしくいこう!”と励まされている気持ちになるのと同時に、勇気ももらえます。ポップで耳馴染みの良いメロディなので、つい口ずさんでしまう。それも、この曲の魅力だと思います。

2.『Yeah! Yeah! Yeah!』androp

キラキラしてはじけるようなサウンドが青春をイメージさせる曲。<君はまっすぐ前に進んでる 君の向く方向が前になる 立ち止まったりしても大丈夫 高く高く飛べる助走になる>と、今やっていることを肯定してくれる歌詞に励まされます。そして、<僕らの時間に無駄なんてないよ 立ち止まったあとの一歩で 未来をちょっとだけ変えてみてよ>と優しく前へと背中を押してくれる。この曲の歌詞は全般的に<ねえ ねえ>と話かけるような距離感だからか、スッと心に入ってくるんですよね。また、仲間と一緒に旗や横断幕を作ってライブに参加している様子が描かれたミュージックビデオは、青春って感じがしていいなと…。

3.『FLY HIGH!!』BURNOUT SYNDROMES

“青春文學”がコンセプトだけに、純文学を読んでいるかのような言葉の使い方が特徴の彼ら。この曲はTVアニメ『ハイキュー!! セカンドシーズン』のテーマソングになった曲。<飛べ FLY HIGH!!>という歌詞が印象的で、“まだ見ぬ世界を目指して、自分の限界を超えるほどに高く飛ぼう”と、高みを目指して頑張っている人の背中を押してくれます。個人的には、<汗と血と涙で光る翼が 君を何処へだって連れて行く 青い衝動と本能と 爪牙を剥き出しにして 艱難の旅路も 夢叶うまで何度だって 飛べFLY 高くFLY>の部分が好き。“がむしゃらに頑張って重ねた努力は嘘をつかない、夢が叶うまでには苦しみや悩みもたくさんあるけれど、それも自分を強くする糧になる”と頑張る力をくれます。何度もリピートしたくなる曲。

4.『僕の声』Rhythmic Toy World

サビの<頑張れ生きる人 君は弱さ隠さない人 本当は強い人>が印象的なTVアニメ『弱虫ペダル GLORY LINE』のオープニングテーマ曲。<誰かに認めて欲しくて でも分かったような顔もされたくなくて 不器用すぎるのは分かってる でも“自分”は“誰か”に譲れない>という歌詞は、競争する場に身を置く人の誰もが思うことだと思います。この曲は自分自身に問いかけ、言い聞かせているようにも感じ、それがより今戦っている人に響くのかなと。その意味でも力強く背中を押してくれる曲。そして、<「待ってたんだよ」聴こえた声 向かう方角へ 走り続ける>の「待ってたんだよ」と言ったのは、きっと頑張った先にいる自分なんだろうな。そう思いたい。

5.『生者ノ行進』CIVILIAN

こちらは高校ラグビーが舞台のTVアニメ『ALL OUT!!』のテーマソング。曲を提供したCIVILIANのVo.&Gt.コヤマさんは、曲について「テーマは、自分の人生を歩く。失敗の後に立ち上がることが大事で、今の自分の現実に立ち向かっていく人達の歌であり、生きている限り歩き続けることを“行進”と表現しました」と話しています(当サイト『生者ノ行進』インタビューから抜粋)。それは2サビの<さあ 腕を振って 震えた足 引き摺って それでも 歩けよ 涙も汗も 構わないまま 僕等は 行くのさ 明日を 夢見て>の歌詞に見られます。“失敗しても必ず明日は来る。だから前を向いて歩くことが大事なんだ”ということを教えてくれる曲。

6.『NO FATE』ENTH

キャッチーなサビが印象的な名古屋発のバンドENTHの日本語詞曲。<まあまあ そんなに焦らないで 背伸びしたって見える景色は変わらないでしょ 今は今だから一歩一歩踏み出して>という歌詞のサビを聴くと、目の前の壁をどう乗り越えればいいんだと悩んで焦っていた気持ちを一旦落ち着かせてくれる。さらに、“焦らなくてもいい、一歩一歩前に進めば大丈夫だよ”と励ましてくれます。そのサビを声に出して歌えば、きっと元気になれるはず。騙されたと思って、下のYouTubeを観ながらぜひ歌ってみて。

7.『わかってんだよ』キュウソネコカミ

イントロから感情が溢れそうな、キュウソの青春パンクっぽいストレートな曲。ヤマサキセイヤさんは、当サイトのインタビューで「<なんでお前は頑張れてるんだよ なんでそんなに認められてんだよ>は、よく思うことですね。俺はあまり頑張れる方ではないので、頑張れるヤツを見るとすごいなと思うんですよ」と話しています(『わかってんだよ』インタビューから抜粋)。自分と重ね合わせて歌詞を書いている部分もあるとのこと。最後の<あぁ僕はただ生きているだけだった 心を入れ替えて立ち上がれ今 めんどくさい事やらなきゃダメだよ 何か一つでも極めてやるんだ あぁ僕は誇れる生き様目指し走るわ 十人十色の主役がいるんだよ>に全てが集約されていて、辛くて落ち込んでも最後まで聴くと救われる。もう一度頑張ろうという気持ちになります。

最後まで読んでいただきありがとうございます。選んだ7曲を改めて聴いて、じっくり歌詞を読んだら、社会人の私も励まされました。青春とタイトルに付けましたが、年齢関係なく聴いてほしい7曲になったと思います。

RANKING

RECOMMENDED

KEY WORD

WRITER


トップへ