1. HOME
  2. COLUMN
  3. SKAを知らない人たちに「SKA」という音楽ジャンルについてお伝えするコラム

COLUMN シーンの中にいる人たちの言葉

SKAを知らない人たちに「SKA」という音楽ジャンルについてお伝えするコラム

c_b_twolead_ox

TwoLead 大楠

Two Leadのリーダー兼トロンボーン奏者。小学生の時にトロンボーンを始める。高校生の頃SKAに出会い、その後NEOSKAバンド「The scandals」を結成。2010年休止。その後、2011年にTwo Leadを結成。

2017.8.30

名古屋SKA FESTIVAL 2017開催!!/TwoLead 大楠

すっかりご無沙汰になってしまいました。
どうも、こんにちは。
Two LeadのOX(おおくす)です。
みんなは夏を満喫できたかな?
今年は夏らしい日も少なく雨や雷であっという間にもう終わりがけ。。。
まだまだ暑いけど、秋もそろそろ近づいてきてあっという間に今年も終わっちゃうな。

さてさて、今回は名古屋NEOSKAバンドのSPYMAKER主催するイベント「名古屋SKA FESTIVAL 2017」について。
今年は、9/24に開催が決まった。
去年のコラムでも書いたんだけど、毎年毎年無料で栄広場で行われてて、今年でなんと6回目!!
毎年毎年観客数が増えてて、継続はとても大事なんだなって思う。
開催日は、常に裏打ちの音楽ばかりが栄のど真ん中で流れている。
SKA好きにはこんな幸せなことはないだろう。

このイベントは、もっとSKAを身近に感じてもらって、SKAって音楽をより楽しんでもらうためにやってるんじゃないかなって思います。
というかそうに違いない!!
だって当日までの準備とか当日とか本当に大変なのを目の当たりにしてるからし、
ステージも全部SPYMAKERのメンバーや有志の方々に手伝ってもらって設営をしている。
SPYMAKERのメンバーは、8人いるのだがこれだけメンバーがたくさんいると
そんなめんどくさいことやりたくないって人が1人は必ずいると思うけど、
そんな大変なことをメンバー全員参加でやるってすごいことであり、団結力を感じる。
そして、なにより気持ちのこもったイベントだなって思う。
(SPYMAKERをたくさん褒めました(笑))

ちょっと話変わるけど、音楽の聴き方っていろいろあってジャンルが好き!っていう聴き方とアーティスト、バンドが好き!って聴き方と大きく二通りあると思ってて、
さらには、歌や歌詞、メロディが好きって人もいれば伴奏、リズム、演奏される音楽の雰囲気が好きとかグルーヴがとてもよい!とかいろいろあると思うんだけど、皆さんはどういう風に感じてますか??
SKAで言えばリズムミュージックだからSKAというリズムが好きってなるときっとより楽しめるかもしれない。
ボクはバンドが好きってのがきっかけでSKAが好きになってリズムにどんどんはまっていったんだけど。
やっぱねー、裏打ちが世の中でかかると体の調子が勝手に良くなる(笑)
それと、ホーンセクションが同時に吹いた時の音。いろんなホーンの合わさった音!これは同じ編成でもバンドによってサウンドが違っててそこはとても重要に思っています。
ちなーみに、リズムだけがSKAの良さではなくもちろん歌もメロディも大事だと思ってるからね!
理由なんてなくて感覚だよって人もいるかもしれないが、それを言ったら本末転倒なので今回はそれ以外でよくよく考えてみても面白いかもしれないし、
自分自身を見つめ直せるかもしれませんね。
話は逸れちゃったけど、今回9/24開催の「NAGOYA SKA FESTIVAL 2017」のゲストバンドは東京、大阪、富山からやってくるんだよ。

その中でボクが好きな曲を1曲ずつご紹介!!
まずは、主催のこのバンド

THE SPYMAKER / Rude Connection PV

名曲!

そして、東京から
ROLLINGS "Rude Boy Havin' Fun"

続いても東京から
THE AUTOCRATICS 「CHANGE AND INNOVATION」

こちらは富山から
THE SKALP

大阪から
Subliminal Ripple - Wash Out(Live)

そして、地元名古屋から
PinkRhinos99_demo

個人的にとっても気になっているバンド!

とにかく説明より音を生で聞いてみよう!
すべてはそこから。
長くなっちゃったけど、9/24(日)栄広場にボクも遊びに行こうかと思ってるので、ぜひ皆さん楽しみましょー♪
じゃあ、また次回~!

  •  
  •  
1 / 2412345...1020...最後 »

他のコラムを読む

▲トップへ戻る