1. HOME
  2. COLUMN
  3. MUSIC JAMBOREE

COLUMN シーンの中にいる人たちの言葉

MUSIC JAMBOREE

c_b_miso

ミソッカス ジャンボリー加藤

1989年12月26日生まれ。幼少から親の影響で音楽・楽器に触れる。中学の頃からドラムを本格的に始め、高校に上がったと同時に吹奏楽部に入部し、音楽・楽器について学ぶ。大学生になってからは音楽系サークル活動に没頭。あらゆる単位を落とす。在学中ミソッカスに誘われ入団を決断。現在に至る。

2017.6.1

no title/ミソッカス ジャンボリー加藤

お久しぶりです。ミソッカスのドラム担当ジャンボリー加藤です。
リリースツアー終了してワンマンまでの作戦会議期間を満喫しております。

そんな折、一本の電話が来ました。
お相手はいつもお世話になっている楽器屋さんでした。

「似合いそうなドラムあるからちょっと叩いてみる?」
「行きます」

嬉々として試打しに行く日を指折り数えていましたら、またお電話いたたぎ、

「売れちゃった」
「マジか」

と、タッチの差で売れてしまったようでした。
あぁ残念だなぁと思っていたら、三度お電話。

「取引してたメーカーさんがジャンボリーさんに一度お会いしてお話ししたいらしいです」
「やばい」

とのことで浜松にあるNegiDrumさんとお話ししてきました。ずっとスネアはネギドラム。ミソッカス加入して2年辺りでハイインパクトシリーズと出会ってからずっとネギ。めちゃすき。
あとお会いして始めにびっくりしたのは、ネギドラムのネギは、お名前が「根木」さんだったからということでした。
根木さんって珍しいなあ、「成海本(なるみもと)」くらい珍しい。
そんな方からお誘い頂けるなんて本当に光栄でございます。
そこで、お目当の物が用意出来なくて本当に申し訳ない、ほかのキットでもっと合うものがあるかもしれないし是非叩きに来て欲しかった、と言ってもらえたとき本当に嬉しかったです。
何時間もディスカッションしながら、僕が欲しい音や外見、色々な部分に一緒にこだわりながら、僕だけの世界に一個だけのドラムキットを作りました。

それがこれ!ドーン!!

かっこいい…
幸せ…

受け取った時、興奮しすぎて手が震えるなんて人生であるかないか…そんな良い経験をさせてもらえました。

ワンマンからどんどん使います。
お楽しみに!

ミソッカスのインフォメーションはコチラ
http://misokkasu.com/

  •  
  •  
1 / 1012345...10...最後 »

他のコラムを読む

▲トップへ戻る