1. HOME
  2. COLUMN
  3. MUSIC JAMBOREE

COLUMN シーンの中にいる人たちの言葉

MUSIC JAMBOREE

c_b_miso

みそっかす ジャンボリー加藤

1989年12月26日生まれ。幼少から親の影響で音楽・楽器に触れる。中学の頃からドラムを本格的に始め、高校に上がったと同時に吹奏楽部に入部し、音楽・楽器について学ぶ。大学生になってからは音楽系サークル活動に没頭。あらゆる単位を落とす。在学中ミソッカスに誘われ入団を決断。現在に至る。

2016.7.1

「4スタンス理論」というもの/ミソッカス ジャンボリー加藤

ジャンボリー加藤です。

レコーディングがひと段落して、ライブに練習にとせかせかしております。

さて、皆さんは「4スタンス理論」と言うものをご存知でしょうか。

ヒトの動作には4タイプあってそのタイプ毎に動かす部位、動かす順位が違うようです。
タイプチェック法があるので興味のある方は是非お試しを。

この理論、特にスポーツ指導に使われていたのですが、日常生活にも対応しており、例えばコップの持ち方、包丁の持ち方、カラオケの時のマイクの持ち方、絵や字を書く姿勢など多岐に渡っております。

ということはドラムはもちろん、楽器を演奏する事へもつながっているのではないか…
と、数年前からぼんやり思っていました。

そしたらなんと!
「リズム&ドラムマガジン」にてドラム演奏時におけるタイプ別の身体の使い方を特集しているでは!

ないですか!

なんたる…

なんたる至福…ありがとうリットーミュージックさん…

スタジオまで行く時間があれほど楽しみだったのは初めてだったかもしれない…

それによると、僕はA1というタイプのようです。
僕に合うらしいスティックの持ち方や足の運び方等が書かれており、記事を読んでは実践、読んでは実践…

と、繰り返していると体が楽になった!

ような気がする!

まだ勉強不足で研究中だけれど、ゆっくり自分のものにしていこうと思ってます。

ドラムマジ楽しい。

ミソッカスのインフォメーションはコチラ
http://misokkasu.com/

  •  
  •  

他のコラムを読む

▲トップへ戻る