1. HOME
  2. COLUMN
  3. 前田達也のコラム

COLUMN シーンの中にいる人たちの言葉

前田達也のコラム

c_b_maeda

カメラマン 前田達也

前田達也。1986年3月13日生まれ。名古屋在住。音楽と写真。独学でライブの撮影を始める。命燃やして歌う姿を残したい。

2016.4.13

八/カメラマン 前田達也

3回目です。

4月ですね。
出会いと別れの季節。何て言いますが、人並みに僕も出会いと別れを体験しました。
ついでに久々の再会もあって、なんだか気持ちが忙しいです。

僕の大好きな人が、人生はピンボールみたいなもので、パンパンと弾かれながら、弾かれたその先でいろんな事を経験して、また弾かれていく。人生はそんな事の繰り返し。
みたいな事を言ってたんですけど。
なんだかそんな人生のターニングポイントに触れたような気がしています。

楽しい事も悲しい事も。不本意な変化も。
すべてを受け入れて、その先にある希望を信じていける気持ちを持ちたい。
そんな事を思うのです。
前置きが長い前田です。

一つ紹介を。

僕が仲良くしてもらってるバンド『alfabeto(アルファベート)』というバンドが4月13日に5枚目のシングルとなる「8mm」を全国のCDショップでリリースします。

彼らは結成の時から写真を撮影しているバンドで、いろんな事を一緒に経験してきました。
過酷な環境の撮影も、県外のライブも、長時間のミーティングも、夜通しの釣りも。笑
どんな時もメンバーのように接してくれています。

そんな事もあってか。
ご厚意で今回リリースされる「8mm」に写真だけでなく、レコーディングにも参加させてもらいました。
と言ってもガヤ録りなんですけどね。笑
完璧な「フッー!!!」を録ってきましたよ。(ドヤ顔)
大勢いる中で遠くの方で「フッー!!!」って言ってただけですけど。(キメ顔)

ふざけて書いてますけど、でもやっぱりね。
どんな形であれ大事な時、大切な作品に関わらせてもらう事は本当にうれしい。
本気でやってる人に、必要だ。と言われる意味。
話をもらう度に、噛みしめるのです。

気持ちがパンパンに詰まった作品。
是非一度聴いてもらいたい。

CDタイトルにもなっている「8mm」のMVです。

『alfabetoと筆者』

今回は個人写をふんだんに。

MVは可愛く仕上がってますけどね、ライブはまた違った魅力があるね。
みんなにとって、いい出会いでありますように。

前田

前田達也のインフォメーションはコチラ
tatsuyamaedaphoto.tumblr.com

  •  
  •  

他のコラムを読む

▲トップへ戻る