1. HOME
  2. COLUMN
  3. ヒステリックパニックのヒスコラ

COLUMN シーンの中にいる人たちの言葉

ヒステリックパニックのヒスコラ

c_b_qaijff

ヒステリックパニック

2012年名古屋にて結成。2013年、夏、現在のメンバー編成となりバンド初の公式音源となる1st EP『4U』をリリース。超絶ハイトーン×凶悪スクリーム×極上コーラスのトリプル・ヴォーカルが織りなす唯一無二のハーモニーは中毒性抜群。

2016.6.14

ともコラ2/ヒステリックパニック

ともコラ、2回目です。どうも。

コラムって何を書けば良いのか、毎回テーマに悩むんですが どうせならバンドマンっぽく今回はライブの話でもしようかなと思います。

その中でもセットリストについて。

その日のライブの出来を左右する重要なファクターの1つ、セットリスト。

「あの曲が聴けた!」「でもあの曲は聴けなかった!」「てかあの曲なに?新曲?」などなど、ライブの感想を語る上でも外せないですね。

ヒスパニの場合、メンバーやスタッフとも勿論話し合いはするのですが、大筋はだいたい俺がいつも決めています。

同じセットリストでも人によってはアタリだと言う人も居れば、今日はイマイチだったと言う人も居るでしょう。

それぞれに聞きたい曲はバンドを知ったキッカケやタイミングによっても違うだろうし、基本的には音楽の好みの問題なので良し悪しは有って当然だと思いま す( ˘ω˘ )

でもファンで有れば有るほど、その「聞きたい曲」ってのは大概は普段やらないマニアックな楽曲だったり 初期の頃の楽曲だったりすると思うんですよ。俺も好きなアーティストさんに対しては少なからずそう言う部分も有るので。

でもその気持ちも分かるからこそ、毎回セットリストを考える時は迷いに迷うんですよね。

リスナー側に立って考え、いちプレイヤー側として考え、バンドとして考え…毎回自分なりに頭を悩ませて作っています :;(∩´﹏`∩);:

シングル曲や所謂「リード曲」と呼ばれる知名度の高い楽曲や 俺らの事を知らなくてもライブでノリやすいような楽曲は優先的にセットリストに組み込まれます。まぁ基本ですが。

特に人様のイベントにお呼ばれした時や、初見さんの多いフェス・サーキットイベントなんかは顕著にそうなります。まぁ突然ですが。

ただでさえヒスパニの楽曲は初見殺しが多い上、知っていてもノリがコロコロ変わりまくるのでなかなか難しいと思うんです(すいません)

なので、そんなシチュエーションで(未だにリクエストの多い)「WiLL」とか 「般若」とかイキナリやってもほとんど伝わらないんですよね多分(笑)

自分たちの企画やワンマンだったら そう言うマニアックな楽曲たちも存分にプレイして良いと思うんですけどね('ω')

(寧ろ俺らも普段やれない分やりたい)

でもそう言う「レア曲」って滅多に聴けないからこそ聴けた時にアガる訳で、それ以外の外のフィールドで闘う時は幾らお決まりのベタなセトリだった としても、如何にして「そのバンドを知らない人間を巻き込めるか」が鍵になってくる と思うんです。

逆に自分が「有名な曲は知ってるけど それ以外は然程詳しくない」ぐらいのバンドを見た時に聞いたこともないマニアックな過去の曲ばっか演奏されてもシラけるでしょ?(笑)

その場所 その瞬間 そのオーディエンスに最もマッチした楽曲たちを選出する事こそがその日その日の「神セトリ」を作り出す事に繋がるんじゃないでしょうか。

因みに自分は昔DJを目指していたので、それこそDJのプレイリスト的な感覚で選曲している事が多いですね。

アレとコレをここで繋ぐ!みたいな。

これは余談ですが俺個人としては歌詞を書いている以上そうそうは忘れないし、ボーカルと言う立場上、特に「やりたくない曲」「やれない曲」と言うのは基本的に存在しません。

有るとすれば楽器隊の皆さんなので聞きたくても聞けない曲が有る場合は楽器隊の皆さんに言ってください!!!!!!(責任転嫁)

あ、因みに皆からの「この曲聞きたいです!」ってリクエストはちゃんと聞いてるし反映出来る時はちゃんと反映してるよ!٩(๑`^´๑)۶

近年ヒスパニも徐々に楽曲数が増えてきてセトリもかなり遊べるようになってきました。

来月のアルバムで更にドドドっと増えますね。

ツアーでは新旧を交えつつ また色々と試行錯誤しながらライブを作っていきたいと思います。

また「神セトリ」を用意してツアーで待ってるね。

宜しくお願いします(๑´ᴗ`๑)

富山のサービスエリアで買ったパン。なんとパンの中にソーセージが入っていると言う画期的な一品です。

ヒステリックパニックのインフォメーションはコチラ
http://www.hystericpanic.com/

  •  
  •  

他のコラムを読む

▲トップへ戻る