1. HOME
  2. COLUMN
  3. バンマネ!

COLUMN シーンの中にいる人たちの言葉

バンマネ!

c_b_kuu

ライブハウスの客 くーちゃん

音楽が好き!ライブハウスが好き!バンドが好き!だから私に“マネージャー”させてください!音楽評論家じゃないので解説はできないし、ライブを楽しみたいので詳細なライブレポもムリです。私が書きたいのは、“ライブその日”をつくった人の姿。バンドマンはもちろん、イベンターさんやスタッフさんなどライブハウス周辺の人たちをお伝えしたい。東海圏のライブハウスやバンドマンをより盛り上げるというTRACKsのお役に少しでも立てるよう、読んでくれた人を「ライブハウス行きたい!」ってムズムズさせることが目標です。

2016.5.13

河童の国と惡意。/ライブハウスの客 くーちゃん

「パンクって何だ!パンクは愛だ!だから、惡意 と書いて AI(あい) なんだ!」

愛なきパンクは、パンクじゃない。
パンクのスピリットは愛と平和なんだから。

惡AI意のボーカル小出さんの力強い言葉に、泣くほど感動したあの昼。

そう、この言葉が放たれたライブは昼3時半くらいだったのです。

4/29(金)~5/1(日)の3日間、新宿で開催されたKAPPUNK(カッパンク)に行ってきました。そこで再始動した惡AI意を観ることができた私は、それはもう強い衝撃を受けまして……

だからね!
その後すぐ名古屋にも来てくれたので行ってきましたRed Dragon(レッドドラゴン)!

名古屋にも河童の国あった!!!
この旗を見つけたときは嬉しくて嬉しくて!
新宿にあった河童の国を出てから3日しか経ってないのに、妙になつかしい気持ち……

今なら5階までの階段を一気に駆け上れそう!
はやる気持ちをおさえてエレベータで上がりました。

ライブは息ができないほどにかっこよくて……骨抜き状態でした……。
私はちびで腕力もないのでモッシュピット外れたとこにいるのですが、興奮状態であったことは間違いなくて。ライブ直後は、「……とりあえずビール飲もーかな」くらいしか思いつかないほど全身ぐったり、喉もカラカラ。笑ったり叫んだりしてたのでしょーね。

でしょーね、というのは覚えてないから。

これカッパンクで一緒だったお友達も同じこと言ってたのですが。
「大好きなライブ観た後って、なぜか声枯れてんだよね。覚えてないんだけど、たぶん私、叫んでるみたいなんだよね」
そーーーなの!わ!か!る!

仕事に疲れてため息ついちゃうこともある社蓄な私たちとか、勉強や進路に悩む学生さんとか、家族や子育てに迷いがある大人の方々とか、何かしらに鬱憤かかえてる人は多いですよね。もしくは、新しいチャレンジに燃えているけど不安や緊張だってもちろんあって、それを心の奥に隠してる人とか。
憂さ晴らし、ストレス解消、というのは好きじゃないけど、ライブ観て腹の底から声出して、自分の負の部分も解放して泣いたり笑い飛ばしたりして、次に向かうパワーをつくり出せる自分に変換できればいいんじゃないかと思うのです。

笑顔あふれる幸せいっぱいなライブをするバンドも好きですよ。でも私は、拳を突き上げて自分の魂も突き上げられるスーパーかっこいいハードコアパンク、惡AI意に強く心惹かれるんです。

小出さんの瞳はキラッキラで、強い光をまっすぐに放ってて、目が離せませんでした。

しかもですね、そんな小出さんがライブ後フロアにいる私に話しかけてくださったのです……!
「Tシャツいいね!ありがとう!」
そう、私はこの日、惡AI意Tシャツを着てました。
スペシャルな出来事に興奮した私は、その後MOB47のかっこよさにまたしびれたこともあり、ライブ終演後すぐ逃げるように帰ったのでした。

この日は純粋にライブを楽しんで終わり、ご本人やその周辺の方々とお話ししていないのですが、あまりに強い興奮が続いておさまらないのでコラムに書かせていただきました。

あー早くまた惡AI意を観たい!
次回ライブのおしらせが待ち遠しい……!
みなさんもぜひ私と一緒にFacebookでチェックしましょー!

今回のご紹介バンド
惡AI意
www.facebook.com/惡AI意-167939973254259/

ライブハウスの客 くーちゃんのTwitter
@Kuu_sideB

  •  
  •  
10 / 12« 先頭...89101112

他のコラムを読む

▲トップへ戻る