1. HOME
  2. COLUMN
  3. アウトのちょい手前狙い

COLUMN シーンの中にいる人たちの言葉

アウトのちょい手前狙い

c_b_palitextdestroy

palitextdestroy 河本拓也

轟音インストバンドpalitextdestroyでギターを担当。しながら塾の経営してます。文武両道。バンドは武です。念願のコラム連載でテンションが上がっているが内容に迷子中。

2016.9.7

今まで会った凄い店員/palitextdestroy 河本拓也

9月になりました。
コラムの更新、滞っており申訳ございません。

何を隠そうネタに困っておりました。

何を書こう何を書こうと思っていたら蝉が鳴き終え亡骸となっていた次第です。

僕も亡骸になる前にちゃんと色んな事を書き留めておかないと、と思ったので頑張っ
てネタを絞りだそうとしています。

そんなこんなで、僕はバンドやりながら学習塾もやっているのですが、

そういった事に関連するコラムもたまには書いてみようかと思います。

ということで今回は!

「お前からは買わない!営業電話編!」

をお送りしていきます。

はい、塾は関係ないですね。

事業を立ち上げると、

「SEO対策いかがっすかー!」

「コピー機いかがっすかー!」

「省エネ対策いかがっすかー!」

「事務用品いかがっすかー!」

「チラシ印刷いかがっすかー!」

「電柱に広告張りませんかー!」

「ペット買いませんか…!」(ペット…?)

などなど、一日何件もかかってくる訳です。

その、営業電話が悪い訳ではないですし実際問題何度か会った方もいます。

私実はバンドやっているのですが、きちんと大学を卒業して新卒でその時営業マンを
しておったのですが。

3年でバンドやりてえって辞めましたが。

それで、新規営業となるとやはり飛び込み営業したり電話をかけまくったりしてた訳
ですね。

そんな営業電話もやってた経験があるからこそ!今だからわかる!

こいつの営業電話トークイラッとする!

みたいなのがあるんですねー!

営業さんからしたら一日100件掛ける電話の中の一本なので適当に電話してるところ
もあるかもしれません。

でもこちらからしたらあなたの電話一本が御社の第一印象ですよ!気を付けて!

それでは行ってみましょう!

【ケース1】【受付舐めてるタイプ】

私「はい○○です。」

営業「あー山本ですけど、社長いますー?」

私「私ですが。」

営業「あ、ワタクシ○○のヤマモトトモウシマスホンジツオデンワイタシマシタノハ
‐」

これ、もーホントに多いです。
どーせ最初は電話番が出るだろうからと高を括って油断しておりますね。

こーゆー人絶対陰口叩くんだから。

電話切った後であの会社マジウゼーとか言っちゃうんだから、俺傷ついちゃう。

陰口叩かれたら心配で胃が痛くなっちゃうのでお取引御免賜りたく思います、ごめん
ね。

【ケース2】【ぜんっぜん人の話聞かないタイプ】

私「はい○○です。」

営業「私○○の山本と申しまして△△を扱っております、弊社こうこうこういった
サービスを展開しており例えばお近くの
会社さんですと○○さんとか○○さんとも利用していて弊社のサービスを利用してい
ただきますとあーやーかーこんなめりっとやらなんだかんだ
やらおいいおhgばろうgbぐのいttjひmたほいつrぽtまrgにあsすぐにお
取引とは言いませんが一度アポイントをいただけませんか!」

全然わからん。お前は自動音声ソフトか。棒読み君か。
一生懸命自社アピールするのはわかるんだけど心が。心が通ってないよ。

そして訳が分からないままアポイントくれって言われても怖いよ結局何屋さんだった
の。
台風みたいに喋っていく夏の風物詩の方はちょっと怖いのでお取引ごめん賜りたく思
います、
ごめんね教室で育ててるベビーほうれん草のプランターがトークの嵐で倒れちゃう。

【ケース3】【逆にめっちゃ聞いてくるタイプ】

私「はい○○です。」

営業「私○○の山本と申しますが、社長最近この業界○○らしいんですけどどうで
す?」

私「ああ、そうですね(何屋さんなんだろう)」

営業「ですよね、お近くの会社さんはこういったところに力を入れ始めてるんですが
御社も?」

私「ああ、まあ…(何屋さんなんだろうな)」

営業「やっぱり!御社は今何年目くらいなんですか?」

私「起業したてです(あ、HPとかは見てないんだ…何屋さんなんだろ)」

営業「あーそうですよねやっぱり!今後はどういった展開を?」

私「まあ…ぼちぼちと…(だから!何屋さんなん!)」

みたいな得体のしれない営業もあります。
まずは名乗ろう、名と職を名乗ろう?
江戸時代だったら貴様サムライになれんぞ、辻斬りだぞ?

こういった営業さんも御免賜りたく思います、ごめんね、正々堂々と切り合お?

【ケース4】【愛人風】

私「はい○○です。」

営業「もしもし~由美(仮名)ですけど社長います~?」

やめろ!もーなんか怖い!

【ケース5】【他の社員を怒鳴ってる人】

私「はい○○で…
営業「っっかやろー!!!手止めてんじゃねえよてめえ…いいかげんに…あっ私山本
と申します~(ニコー)」

やめて怖いです。

【ケース6】【ペット売り】

私「はい○○です。」

営業「あの…教室にペットを置いてみませんか」

私「ペット」

営業「はい…なごやかな雰囲気になるかと…」

私「うちのテナント多分ペットダメなんじゃないですかね…」

営業「あ、それなら珍しい個人輸入の両生類とかはちゅ…」

 

私「爬虫類」

こんな事もあります。この人は営業電話が悪い訳ではないけどあまりに突飛すぎて拙
者パニックでござる。

他にもいい営業電話とかもあるのですが、

こういうのを次のコラムのネタにすればいい訳で今回はこの辺で。

世の新人営業マンさん!電話する時は!

①気を抜かない!
②適度に喋り適度に聞く!
③爬虫類は売らない!

この三つを心がけてくださいね!では!

palitextdestroyのインフォメーションはコチラ
http://sound.jp/ptd/

  •  
  •  

他のコラムを読む

▲トップへ戻る