1. HOME
  2. COLUMN
  3. 故郷「岐阜」の自慢話 ~ここへ行けば楽しめる~

COLUMN シーンの中にいる人たちの言葉

故郷「岐阜」の自慢話 ~ここへ行けば楽しめる~

c_b_narudora

鳴ル銅鑼 グローバル徹

グローバル徹です。鳴ル銅鑼のBASSを担当しています。このコラムでは、現在も岐阜で活動中のバンド代表として故郷「岐阜」を僕の目線から紹介して行こうと思います。

2016.10.1

岐阜不動の1位!つけ麺屋「麺坊ひかり」/鳴ル銅鑼 グローバル徹

こんにちわ。鳴ル銅鑼のグローバル徹です。
このブログは全12回を予定しており
毎月2回更新の予定です。
テーマは「故郷「岐阜」の自慢話?ここへ行けば楽しめる?」です。
例えば、ライブを見に岐阜へ来られる時、
このコラムを参考にして頂ければ、という想いで進めて参ります。
バンド活動の日々はこちらのブログへ。
「直感よ 銅鑼を鳴らせ日記」
http://ameblo.jp/narudora-jp/

さて今回第9回目は、皆さん大変お待たせしました
岐阜といったらまず、このつけ麺…!!!ですよね。
「麺坊ひかり」
どの県に行ってもここを超えるつけ麺は
なかなか見当たらないでしょうね。

信じられないぐらい美味しいです。
太麺に絡みつく汁。
けっして重すぎない絶妙な汁の濃さに
完食間違いなし。

平日も常に行列。
駐車場もパンパンで岐阜の皆さんに
愛され続けている「つけ麺 ひかり」

マスターのノギオさんは大の音楽好きということもあって
鳴ル銅鑼のメンバーにはいつも声をかけてくださってくれます。
とても居心地がよく
唯一メンバー全員が通っているお店。

ふらっと一人で行ったりすると
「あ、昨日メンバーが来てたよ?」っていうのはもちろん
友達やバンドの後輩に会ったり。
終いには、家族が隣の席にいた事も笑

このなんとも言えないアットホームなお店の雰囲気は
ノギオさんが気さくで元気な人柄だからこそ。

今だから言える話、鳴ル銅鑼の初クワトロワンマンのために、
稼ぎどきの土日を臨時休業にしてまで
スッタフ一同で応援しに駆け付けて下さいましたね。
素敵な方達です。

僕も岐阜に来てくれた友達を紹介するお店はまずここ。

こんな様子で
店内はとても清潔で女性も男性も気兼ねなく入ることができますよ。
是非、このこだわりのつけ麺ご堪能してもらいたいです。

グローバル徹からのポイント
実は通常のつけ麺以外も美味しい。
特に「八丁味噌ラーメンfeat.蕃茄(トマト)」は
通い慣れたら是非試してみてほしい。
普通200gと太麺でボリュームがあるので
女性はトッピングをつけるなら麺の量は150gがおすすめです。
車移動が必要です。岐阜駅から15分ぐらい。
ノギオさんはアニメも大好き。
お店のいたるところにグッズがあります。

岐阜には何もない訳では無い訳ではないのでした。

鳴ル銅羅のインフォメーションはコチラ
http://www.narudora.jp/

  •  
  •  

他のコラムを読む

▲トップへ戻る