1. HOME
  2. COLUMN
  3. まさはるの宇宙へ(字数制限無し)の扉

COLUMN シーンの中にいる人たちの言葉

まさはるの宇宙へ(字数制限無し)の扉

c_b_halftimeold

Half time Old 鬼頭大晴

鬼頭大晴(きとうまさはる)。名古屋発のロックバンドHalf time Oldのヴォーカルを担当。優しくもクセのある唯一無二の歌声と、独特な言葉選び、そして自由を謳う型にはまらない音楽性を持つ。

2016.3.14

テーマ/Half time Old 鬼頭大晴

どーも。Half time OldというバンドでVo.Gtを担当しております鬼頭大晴(きとうまさはる)と申します。

今回からこちらのサイトで定期的にコラムを書かせて頂くことになり自分の部屋からの出口をもう一つ作ってもらったような気分です。

といっても言わずもがなバンドという出口の他、ツイッターやらツイキャスやらで僕の部屋はもはや扉だらけになっており、その上どこから物を運び出そうがほとんど同じ場所に繋がっているので便利なのか不便なのか、もうよくわからんことになっているわけです。

ただ、ツイッターという扉は字数制限という大きな柱が邪魔をして小物しか出せないのに対し、こちらは字数制限無し。

いいじゃないか。

昔から文章を書くのは割と好きだったりする。
小学生の頃作文の授業、誰よりも早く書き上げ余った時間を実に有意義に過ごしたものだ。

ただこのコラム、テーマが一つ必要らしい。
あの頃でいう
『しょうらいのゆめ!』
ってやつ。

園児まさはる君ならどこからともなく浮かんだ
ぬりかべ(ゲゲゲ)になりたいという欲求をツラツラと書いていたことだろう

しかし、いつからかぬりかべさんは僕の眼中から消え、ベジータを経て消防士になり今ではミュージシャンという道を選んで進んでいる。
成長とはつまりこういう事なのだろう。

話は戻ってテーマ
できれば僕はこの扉をなんでも出せる大きな扉にしておきたい。
自ら『しょうらいのゆめ!』なんていう第一回でネタが尽きるような小窓にしておきたくないのだ。
だとしたら、だとすると、飛びっきり規模のでかい扉にしよう。門にしよう。

いやまだ小さいな。

規模のでかいものってなんだ?
地球か?

そうか!地球か!
なんて大きいんだ!まったく扉関係ないじゃないか!
考えてみればここはネット上なんだ
グローバル上等
全世界に向けよう

ここで僕の中の何かが囁く

「…ウチュウ。」

はっ。
そうか僕は何を遠慮していたんだ。
無意識に銀河系に遠慮していたんだ。

「ワーワーキャーキャー、コッチヘオイデヨ!」

僕の中の宇宙人達が今にも踊り出しそうだ!
よし、踊ってやろうじゃないか。
ラテンでもなんでも行ってやろうじゃないか
モチベーションフルスロットル

というわけで『まさはるの宇宙へ(字数制限無し)の扉』今後ともよろしくお願いします。

Half time Oldのインフォメーションはコチラ
http://www.halftimeold.com

  •  
  •  
11 / 11« 先頭...7891011

他のコラムを読む

▲トップへ戻る