1. HOME
  2. COLUMN
  3. 靴とYシャツと私

COLUMN シーンの中にいる人たちの言葉

靴とYシャツと私

c_b_novels

NOVELS 楠本正明

楠本正明。愛知県出身。ニックネームはくっさん。NOVELSのギター担当。ファッション、靴磨き、マラソンが趣味。特技は、見ただけで靴のサイズが分かる、靴をシルエットだけで当てられること。

2016.5.26

靴とエフェクターと私/NOVELS 楠本正明

どーも!!

高熱のままライブしてその何時間後かに病院で点滴を受けてた楠本です!笑
最近は靴全く関係がないコラムになって来たのでここは原点回帰しなければ!

と思い今回はギタリストの必須アイテム、エフェクターについて。

皆さんエフェクターって知ってますか?
ギターの音と言うのはエフェクターを使わないと「じゃーん」って感じですがエフェクターをONにすると「ジャキーーーーン」ってな感じになります(笑)
他にも「ワウワウ」、「ピロピロ」、「ドビッシュー」、「ハマンカーン」みたいな音も出せます。

はい。分かりませんよね。

まあ名前の通りギターの素の音に効果を与える物ですね!!

ギタリストは足元でエフェクターを操作しながら演奏をしているのです。
実はこの作業かなり大変です。

「次のサビはこれを踏む」「ソロ弾き終わったらオフにしないと」とか考えてる訳ですからね^_^;
なのでエフェクターの操作自体がギタリストのテクニックの一つな訳です!

ここまで全く靴出てきてませんよね?笑

実はエフェクターと靴の相性。

これ超大事!!!!!!

まずは先程も説明した様に1曲の中でも何度も踏み替えて操作するので踏み間違いは致命的なミスに繋がります。
ここで革靴を履いていたら??

・間違って違うエフェクターをONしてしまう。
・感触が無いのでONしたかどうか分からない。

という現象が起きますね。

特に僕は革靴大好き人間なので革靴でライブしたいですが、踏んだ感触がないと不安になってしまうのでライブは底が薄いスニーカーを履く様にしてます。
撮影が入る時のライブは頑張って革靴でやりましたがやはりミスしてました(笑)
多分バンドマンにコンバースやバンズを履く人が多いのはそう言った理由があると思います。

こう言った部分は意外にライブを見てる人は気付かないポイントだと思うので注意して見ると面白いかもしれませんよ!

僕は踏み替えめちゃくちゃ多いのでマネージャーに「頭の中でどうやって整理してるの?ステップ踏んでるみたい」と言われた程踏み替えが多いんです。

最近はスイッチャーと言う便利な機材があって一つ踏んだだけで何個ものエフェクターが同時にONになる物がありますが、僕は全部手動なのでブレイク部分で同時に4個踏んだりします(笑)

ちなみに僕のライブでのオススメシューズはこれ!!

バンズのスリッポンプロ!
普通のスリッポンじゃなくてプロね!

何が違うのか??

まずはクッション性が驚く程違いますね。スケーター仕様に作られているので厚めの中敷きが入っていて激しい動きをしても疲れない!
そして本革仕様なので足を痛めない。
そしてそして紐が解けない!

それからそれから…。まあここまでにしときましょうか(笑)

是非ライブを見る際はそう言った部分も楽しんで見て下さいね!!
ではまた次回のコラムも楽しみにしてて下さい!!

NOVELSのインフォメーションはコチラ
http://the-novels.jp/

  •  
  •  

他のコラムを読む

▲トップへ戻る