1. HOME
  2. COLUMN
  3. フィッシャーマンズ ペンダントの下で

COLUMN シーンの中にいる人たちの言葉

フィッシャーマンズ ペンダントの下で

b_c_theboogiejack

THE BOOGIE JACK ヒライシュンタ

ヒライシュンタ。名古屋発、涙腺衝動ロックバンドTHE BOOGIE JACKのメガネをかけたボーカリスト。34歳。東京生まれ、鈴鹿育ち。好きなものは幼稚園の頃からずっと、ドラえもんとディズニー。15年のキャリアを持ち、2000年代以降の名古屋のインディーズシーン火付け役最重要バンドとして数々のフォロワーを生んだが、どうにもこうにもその貫禄はない。バンドが生きてる実感。青春はまだ続いている。と思っている。

2016.3.14

コラムを知る/THE BOOGIE JACK ヒライシュンタ

やばい。やばいぞ。
締切りまであと1時間。新曲のレコーディング作業の途中で気が付いた。
締切りだ。WEBコラムの締切りが今日だった。やばい。初回からこれはやばい。“やばい”を連呼して第1回目を
終えたい。
そんなわけにはいかない。ありがたくいただいた機会。大事にしたい。これもまさに出会い。
ってラップみたいに韻を踏んでる場合ではない。
ってことで・・・・。

はじめまして。かもしれませんよね。名古屋で15年バンドやってます。THE BOOGIE JACKってバンドで歌を歌ってます。
ヒライシュンタと言います。
「WEBコラムやってみませんか?」とお誘いいただき、すぐに「やってみよう」と思いました。
Twitterもブログもインスタもやってるし、表現したいことは簡単に表現できる昨今です。
でも、だから自分の表現力が吸い取られてるなんて思いたくないんですよね。
絞り出してでも表現する。表現したい。そんな機会を与えてくれた。そう思って引き受けさせてもらいました!
なのに、初回から締切りギリギリ・なんて・・。ちきしょう。

部屋を真っ暗にして、お気に入りのフィッシャーマンズペンダントの下でコーヒー飲みながら、ギリギリの割には
わりと雰囲気良く書いています(笑)

さて、こんなありがたい場所をいただいたのだから、このコラム、大切にしたいと思っています。
そもそも“コラム”って何でしょう。Twitterやブログはコラムとどう違うのでしょう。
“コラム”を依頼されたのだから、コラムを知る必要がありますね。

ちなみにですが、バンドマンなんだから“そんな型にハマらないで自由に!”ってことを軽々言われるが嫌いなのです。

はみ出すなら、ちゃんと意味を知った上で、はみ出すほうがいい。

政治や社会情勢を知らずに、“No!WAR!”とか歌われても響かないのと同じです。

“コラム”なんて検索したことないでしょう(笑)カチカチ・・っと。
コラム=新聞・報道雑誌・ニュースサイトなどに掲載される、ニュース以外の記事。つまり、個人的な分析・意見が含まれている記事で、評論やエッセイの他、人生相談コーナーや「オススメ○○」などといったものも含まれる。コラムの執筆者を、コラムニスト (columnist) という。 ※wikipediaより

とあります。

個人的な分析・意見が含まれている記事・・・・・・・・・

今のところ皆無やん!!!!!!(笑)

いやぁ、僕はTwitterやブログ、Facebook、最近はインスタも始めたわけですけど、何でやってるかって
バンドのためなんですよね。

“誰かと繋がる”というよりは、ブギージャックを広める手段がこの現代に合った方法だとSNSなだけで。

今は“人が見える”ことが大事なのですね。

どんな人なのか、どんな思想を持っているのか、どんな暮らしをしているのか・・・・・。

一昔前は、音楽ファンが好きなアーティストのあれこれを、苦労して自分で調べてましたね。
雑誌のインタビュー、テレビやラジオの発言。

たけど、今はアーティスト側から発信してくれる。発信しやすくなってる。

そしていつの間にか、音楽プラス“その人がどんな人か”が重要になってる気がします。

そこでです。

このコラムは、僕がやってるTwitterやブログと差別化しつつ、人間ヒライシュンタを発信していきたいと思います。
正直にね。

なので、初回に条件を3つ決めます。

① どこにも載せてない記事にすること
② バンドの告知はしないこと(あくまでヒライシュンタという人間を表現していくこと)
③ 自分の意見を誰の反応も気にせず書きまくること

これでいきます。

Twitterもブログもボリューム感を気にしてしまうので。

ここでは、思ったことを書きなぐってみます。

34歳。鈴鹿市在住。小学1年娘の父ちゃん。名古屋の涙腺衝動ロックバンド、THE BOOGIE JACKのヒライシュンタです。

これから、どうぞよろしく。

THE BOOGIE JACKのインフォメーションはコチラ
http://www.theboogiejack.com/

  •  
  •  
9 / 9« 先頭...56789

他のコラムを読む

▲トップへ戻る