COLUMN シーンの中にいる人たちの言葉

まさはるの宇宙へ(字数制限無し)の扉

c_b_halftimeold

Half time Old 鬼頭大晴

鬼頭大晴(きとうまさはる)。名古屋発のロックバンドHalf time Oldのヴォーカルを担当。優しくもクセのある唯一無二の歌声と、独特な言葉選び、そして自由を謳う型にはまらない音楽性を持つ。

2016.7.20

アズ/Half time Old 鬼頭大晴

さてさて、突然ですが先日リリース情報が解禁されました。

タワレコ限定シングル
『A-Z』
1.アンチヒーロー
2.a.o
3.おひとりさま

9月28日リリース予定。
税込¥820(ハーフ)です。

今回はこのシングルについて少しお話しさせていただきます。

まずタイトルですが、
『A-Z』と書いて「アズ」と読みます。

この3曲はそれぞれ、ザックリと説明すると

・アンチヒーロー→付き合ってた頃の曲
・a.o→別れの曲
・おひとりさま→別れたあとの曲

ってな感じの曲になっております。

タイトルを考えるにあたり、「始まりから終わりまで」という今回のテーマをもっと簡単に説明できないかと考えた結果、アルファベットの"A"に始まり、"Z"で終わるという意味で『A-Z』となりました。
物語のようにひと続きになった3曲を是非堪能していただきタイ。

続きまして曲の説明を
M1.『アンチヒーロー』は喧嘩ばかりのカップルの曲。だからと言ってそこに愛が無いわけではなく、本当は想い合っているのです。
喧嘩する程仲がいいってやつ。それ。
ウキウキしちゃうような曲調なんで部屋の掃除でもしながら聴くといいと思います。超爽やかな汗かくと思うんで…知らんけど

M2.『a.o』は別れの曲。
結構前からライブでやってる曲なので知っている方も多いと思います。名曲です。
a.oってのは色々意味があって
「あお」って言葉自体に若いとか未熟とか、そんな意味があったりするんですね。青春っていうでしょ。
未熟だった自分が成長する曲だったりするんですね。
そしてなぜアルファベットでa.oなのかというと、これはタイトルの『A-Z』と関係しているんです。
始まりの"a"からアルファベットの中間あたり、"o"までの曲って事です。
だから別れて終わりってわけじゃなくて、別れた後も"p"から"z"の後日談があるのだよ、ってイメージで。
バラードです。ストレッチしながら聴くといいと思います。きっと色々柔らかくなります。

M3.『おひとりさま』は別れて1人になった互いの曲。
1人って心細いよね。皆に会いたくなっちゃうよね。
「私って1人の方が好きなの。1人でいる時が1番幸せ。」なんて言っちゃう人も多いけど、それは孤独とは違うのよね。テレビもラジオも一方通行。
自分から発信できる場がないってのはなかなか辛い事だと思うんです。
なんとか自分の現状を受け入れようと葛藤して本心を隠しちゃってるあなたへ。
疾走感のある曲ですので、夕飯でも作りながら聴いてください。
美味しいサラダができるはず。
たかがサラダ、されどサラダ。ファイトッ!

ざっと説明しましたが曲の聴き方は人それぞれです。そうあるべきです。
頭の片隅において聴くくらいでちょうどいい。
楽しんで聴いてくださいね。
お楽しみに!

Half time Oldのインフォメーションはコチラ
http://www.halftimeold.com

> この人のコラムをもっと読む
  •  
  •  

▲トップへ戻る