COLUMN シーンの中にいる人たちの言葉

故郷「岐阜」の自慢話 ~ここへ行けば楽しめる~

c_b_narudora

鳴ル銅鑼 グローバル徹

グローバル徹です。鳴ル銅鑼のBASSを担当しています。このコラムでは、現在も岐阜で活動中のバンド代表として故郷「岐阜」を僕の目線から紹介して行こうと思います。

2016.11.1

隠れ屋敷にある、至極のお蕎麦/鳴ル銅鑼 グローバル徹

こんにちわ。鳴ル銅鑼のグローバル徹です。
このブログは全12回を予定しており
毎月2回更新の予定です。
テーマは「故郷「岐阜」の自慢話〜ここへ行けば楽しめる〜」です。
例えば、ライブを見に岐阜へ来られる時、
このコラムを参考にして頂ければ、という想いで進めて参ります。
バンド活動の日々はこちらのブログへ。
「直感よ 銅鑼を鳴らせ日記」
http://ameblo.jp/narudora-jp/

さて今回第11回目は、「隠れ屋敷にある、至極のお蕎麦 瑠草」
岐阜市の外れの方にひっそりある
瑠草(るそう)というお蕎麦やさんを紹介します。

こんなに美味しいお蕎麦が岐阜で食べることができるの?!と
疑ってしまうぐらい絶品のお蕎麦が味わえます。
値段も1000円前後で定食が食べることができ、
お昼には駐車場に入ることができなくなるほど大人気店です。

私、グローバル徹は家族とよく通っています。
少し小旅行をしたような、「時間」を大切にする気持ちを思い出させてくれます。
それもそのはず、題名の通りこのようなお店の外見になっています。

(webから拝借しました)古民家を改造した趣のある建物。

(webから拝借しました)

中も広々とした空間で、家具にもこだわっており
まさに旅館で食事をしている気分に!
畳の部屋や二階もあったりと気分
に合わせて店内を楽しめます。

この日はオススメの大人気メニュー!小エビが載った蕎麦を堪能しました!
是非岐阜に遊びに来た際は、小旅行気分でお食事を堪能してみてはいかがでしょうか?

グローバル徹からのポイント
岐阜市のはずれのほうにあるお店。岐阜駅から車で40分はかかるでしょう。
自然豊かな田舎へ旅行。このメンタルを持ち合わせるところから始めなくてはいけない。
若者たちでわーい!遊ぼーぜ!のノリでは決してありません。家族や、愛犬と老後に夢の休憩に。
そんな時間にぴったりな
一見素朴さもある、美しく優しい味を必ずお届けしてくれますよ。
僕が大好きなお店です。

岐阜には何も無い訳ではないのでした。

鳴ル銅羅のインフォメーションはコチラ
http://www.narudora.jp/

> この人のコラムをもっと読む
  •  
  •  

▲トップへ戻る