COLUMN シーンの中にいる人たちの言葉

故郷「岐阜」の自慢話 ~ここへ行けば楽しめる~

c_b_narudora

鳴ル銅鑼 グローバル徹

グローバル徹です。鳴ル銅鑼のBASSを担当しています。このコラムでは、現在も岐阜で活動中のバンド代表として故郷「岐阜」を僕の目線から紹介して行こうと思います。

2016.8.15

おしゃれカフェはここ!こだわりのご馳走たちpart2/鳴ル銅鑼 グローバル徹 

こんにちわ。鳴ル銅鑼のグローバル徹です。
このブログは全12回を予定しており
毎月2回更新の予定です。
テーマは「故郷「岐阜」の自慢話〜ここへ行けば楽しめる〜」です。
例えば、ライブを見に岐阜へ来られる時、
このコラムを参考にして頂ければ、という想いで進めて参ります。
バンド活動の日々はこちらのブログへ。
「直感よ 銅鑼を鳴らせ日記」
http://ameblo.jp/narudora-jp/

さて今回第6回目のテーマは
「おしゃれカフェはここ!こだわりのご馳走たちpart2」です。
というのも今回は、前回第5回にて紹介させていただいたお店の姉妹店
「Natural Cafe&Gallery 蔵」を紹介したいと思います。

ということで先日お邪魔してきました。ここのバーカンで立っていた頃が懐かしいです。
味が美味しいのはもちろん、
ここまで作り込まれた雰囲気の中で視覚から誰もが食事を楽しめるお店は
岐阜の中でもピカイチだと思います。
こちらのお店の店長さんは気さくでとってもアットホーム。おしゃべりし始めたらどんな方でも止まらない!笑
地元の方々に愛されて今年で営業15周年。毎月音楽イベントやパーティーをやったりと
地域密着型のおしゃれカフェです。「蔵」を改装してお店になっているため
落ち着いた空間でとてものんびりさせてくれます。

実はこのお店にはゾウガメがいます。が、こんな風に店内を歩く姿はほとんどないです。
いつも駐車所にある小屋の中でひっそりしています。
誰でも小屋に入れますがなかなか顔を出してくれません。見られたらラッキー!(写真は拾い物)

バイト仲間や友達に誕生日をお祝いしていただいた時の思い出の写真。

●グローバル徹からのポイント
びっくりするのは、夜の24時まで営業している数少ないおしゃれカフェということ。
お酒も豊富に置いてあり、ちょっとした同窓会やパーティーなどで大人数で押し掛けても大歓迎してくれます。
実は平日のお昼時が穴場です。
ゾウガメがいる店だよねーと地元の方に言われますが、なかなか出会えません。

岐阜には何もない訳では無いのでした。

鳴ル銅羅のインフォメーションはコチラ
http://www.narudora.jp/

> この人のコラムをもっと読む
  •  
  •  

▲トップへ戻る