COLUMN シーンの中にいる人たちの言葉

東海から全国へ。

c_b_qaijff

TRACKs 坪井

当ウェブサイト『TRACKs』の主催者。岐阜生まれ岐阜育ち。岐阜市在住。オフィスのある名古屋まで毎日電車で通うサラリーマン。音楽はもちろん好きだが、同じぐらいサッカーも好き。小学5年生でBOOWYと出会い、ROCKの道へ。その後、ホコ天やイカ天などのバンドブームに乗っかりギターを手にするが、学業が疎かになり過ぎ、挫折。以降、聴く・見る・書く専門に。

2016.5.14

今日で2ヶ月。/TRACKs 坪井

経ちました。

コラムは、スタート時の21人から26人に。

この2ヶ月で掲載したインタビューは、
the unknown forecast、04 Limited Sazabys、夜の本気ダンス、80KIDZ、Swimy、ONIGAWARA、ENTH、Xmas Eileen、Qaijff、OLEDICKFOGGY、ミソッカス、ヒステリックパニックの12アーティスト。

ライブレポは、鳴ル銅羅の名古屋CLUB QUATTROワンマンから、池下UPSET で行われたMy Hair is Bad×cinema staffの2マンまでの5本。

数字にすると、こんな感じです。

インタビューは週に1本程度でしょうか、ライブレポは隔週ペースでしょうか。

これが多いのか、少ないのかは、みなさんの判断にお任せします。

TRACKsの軸は、地元アーティストたちのコラムです。

そのコラムを書いているアーティストの皆さんが書き続けていること、「書きたい!」と参加を希望してくれる人たちのいることが、何よりもうれしいです。

TRACKsは、主宰者が地元アーティスト情報を発信するWEBサイトではなく、地元アーティストたちが自分たちの言葉で発信する場所です。

好きなアーティストの言葉を読みに来たファンが、他のアーティストの言葉も読み、興味を持ち、楽曲を聴いてみようかな、ライブへ行ってみようかなと行動に移す。

そんなことが起こればいいな、そうして広がっていけばいいな、そう思っています。

「継続は力なり」という言葉もあるように、続けることが大事。

TRACKsは、これからも参加者を増やし続けていきます。

これからも、よろしくおねがいします!

> この人のコラムをもっと読む
  •  
  •  

▲トップへ戻る