1. HOME
  2. DISC REVIEW
  3. バンハラの新作は、ライブ感溢れる「愛の手紙」

DISC REVIEW 最新リリース情報

2017.10.11

バンハラの新作は、ライブ感溢れる「愛の手紙」

バンドハラスメント
『解剖傑作』

2nd Single
2017.10.4発売
1000円(+tax)

今年7月、バンド史上初となるワンマンライブをSOLDOUT、同じく7月に初の自主開催となる野外フェス「PAPAFES2017」を、結成2年目、そして21歳という若さで成功を収めたことも記憶に新しい。チャレンジ精神旺盛な名古屋発の若手4ピースバンド・バンドハラスメントの新作は、『解剖傑作』『一人隠れんぼ』の2曲入りシングル。表題曲『解剖傑作』は、前作『エンドロール』の最終トラックに収録されている『9月4日』と合わせて聴いてほしい。「実際に送った手紙」を基に構成され、「歪んだ愛情」を描いたダークなナンバー。皮肉めいた歌詞にみえるが、心の奥底では真っ新に思う気持ちが垣間見られる。ライブ感を意識してバンドサウンドのみで制作され、すっと馴染むギターイントロから耳を奪われ、Vo.井深の感情がこもった甘く切ない歌声を立てながらも自身の存在感を示す挑戦的なベースとドラム、主人公の激しく揺れ動く心を表現しているかのように聴かせるギターサウンドは、ライブでの景色が見える。その曲と打って変わって、アップテンポナンバーに仕上がった『一人隠れんぼ』は、ライブで踊れるキャッチーな曲。FUNK要素を取り込み、印象的なベースライン、心を掻き立てるギターサウンドでリスナーの耳を虜にする。ライブを意識して制作された今作を聴いて、ぜひライブに足を運んでほしい。そして、彼らの音楽と言葉、エンターテイメントに触れていただきたい。(MID-FM相羽)

【収録曲】
1.解剖傑作
2.一人隠れんぼ
全2曲収録

オフィシャルHP
http://www.banhara.jp

  •  
  •  

< DISC REVIEW 一覧へ戻る

▲トップへ戻る