1. トップ
  2. レビュー
  3. postman 1st Mini Album『干天の慈雨』

ライター T-Friends

2018.4.2

350 good

postman 1st Mini Album『干天の慈雨』

名古屋から全国へ踏み出したpostmanの代名詞となる1枚

自主制作音源の会場限定リリースや、タワーレコード一部店舗でのリリースなど、名古屋を中心に徐々に活動の範囲を広げている平均年齢19歳のギターロックバンドpostmanが、ついに全国流通盤をリリース!リード曲としてすでにMVが公開されているのは、<あなたと僕が生きていくこの道を 照らす光を>と、2人が進むべき道を歩けるように足元を照らす光を探していると歌う『光を探している』、この他にも過去の自主制作音源から『魔法が解けるまで』『Moongaze』の2曲がいまのpostmanの音となって再収録。寺本(Vo/Gt)の透明感ある高音と、そのギャップが印象的な低音に乗せる攻めのあるロックサウンドから聴き心地のいいバラードまで、幅広い音を鳴らすpostman 渾身の7曲が詰まっている。今作はpostmanを象徴する"代名詞"になる1枚となるだろう。名古屋から全国へ1歩を踏み出したpostmanとあなたとの出会いの1枚となってほしい。 (マナミ)

■リリース情報
『干天の慈雨』
1st Mini Album
2018.4.4 発売
1,800円(+tax)

【収録曲】
1.光を探している
2.エンドブレス
3.Moongaze
4.魔法が解けるまで
5.漂落
6.アークランプ
7.干天の慈雨

■オフィシャルWEB
https://postman.amebaownd.com/

関連キーワード

RANKING

RECOMMENDED

KEY WORD

WRITER


トップへ