1. トップ
  2. レビュー
  3. そこに鳴る 4th Mini Album『ゼロ』

ライター T-Friends

2018.5.9

524 good

そこに鳴る 4th Mini Album『ゼロ』

予測不可能な展開に力ずくで振り回される

美しい男女ボーカルの歌声に叩きつけるようなサウンドで聴く者を圧倒するそこに鳴るが、5月9日に4thミニアルバム『ゼロ』をリリースした。今作には彼らのサウンドの原点をテーマに、YOUTUBEでMVが50万回再生された『掌で踊る』をはじめとした6曲が収録されている。3曲目の『表裏一体』はピアノの音色が印象的な序盤から、後半は激しいロックサウンドへと印象をガラリと変える自由度の高い曲。そして最終曲『indelible time』では、同期を使った音色とバンドサウンドが融合し、どこまでも引きずりこまれたと思いきやの言葉で突然終わる。最初から最後まで息を飲むような展開と、世界観を余すことなく閉じ込めた今作は、バンドの今後を期待させる。そして、6月からリリースツアーも開始。名古屋は6月19日(火)のell.SIZEとなっている。ライブでは一体どんな衝撃を与えてくれるのだろうか。(渡辺茉貴子)

■リリース情報
『ゼロ』
4th Mini Album
2018.5.9 発売
1,700円(+tax)

【収録曲】
1. 掌で踊る
2. Less Than Zero
3. 表裏一体
4. self connection
5. physical destrudo
6. indelible time

■オフィシャルWEB
http://sokoninaru.com/

関連キーワード

RANKING

RECOMMENDED

KEY WORD

WRITER


トップへ