1. トップ
  2. レビュー
  3. teto 1st Single『忘れた』

ライター ツボイ

2018.3.20

256 good

teto 1st Single『忘れた』

tetoの持つ楽曲の幅と奥行きを感じさせてくれる4曲入りシングル

3月21日にリリースされる、tetoの1stシングル『忘れた』は、彼らの様々な表情を見ることができる。表題曲でもある『忘れた』は叙情的なサウンドに、胸の奥をギュッと掴まれたかのような歌詞世界に心が揺さぶられる。<自分の居場所を知られたくない それでも誰かに気づいて欲しい>と、孤独な自分の存在を知ってほしいという願いにもとれる言葉が切ない。打って変わって2ビートの痛快なメロディックパンクに仕上がっている『拝啓』は、今の社会や大人へ向けて言っているように思える<浅くていいから息をし続けてくれないか>という言葉が印象的。この他に、いま聴くと新鮮な90年代後半に活躍したスカパンクバンドYOUNG PUNCHのカバー曲『Nothing Goes Right』、バンドバージョンも存在するのかと期待してしまう『光るまち』のアコースティックVer.が収録。この4曲が、tetoというバンドの幅と奥行きを存分に味わわせてくれる。そして、4月1日(日)から今作のリリースツアー<60分2,800円ツアー>も開催されるので、ぜひ会場へ足を運び彼らの音楽を体感してほしい。

■リリース情報
『忘れた』
1st Single
2018.3.21 発売
1,300円(+tax)

【収録曲】
01. 忘れた
02. 拝啓
03. Nothing Goes Right ※YOUNG PUNCHのカバー
04. 光るまち(アコースティックVer.)

■オフィシャルWEB
http://te-to.net/

関連キーワード

RANKING

RECOMMENDED

KEY WORD

WRITER


トップへ