1. トップ
  2. インタビュー
  3. DVDリリースにフェスの主催、さらに2マンツアーも。加速し続ける04 Limited Sazabysにインタビュー

ライター ツボイ

2016.3.14

1,410 good

DVDリリースにフェスの主催、さらに2マンツアーも。加速し続ける04 Limited Sazabysにインタビュー

「誰かの人生を変えるような1日に出来たらいいな(GEN)」

3月23日(水)に、『TOY tour 2015』名古屋ファイナルの模様とバンドのドキュメントが収録された初のDVD『MOMENT』をリリースする04 Limited Sazabys。そして、4月2日(土)、3日(日)には、モリコロパークで野外フェス『YON FES 2016』を主催。さらには6月から2マンツアーもスタートするなど、昨年よりさらに数段ギアを上げて加速する彼らに、それぞれについてインタビュー。

―さっそくですが、3月23日(水)にリリースされる1st DVD『MOMENT』に収録されているのは、Zepp Nagoyaでのツアーファイナル。思い入れの強いライブになったと思います

GEN(Ba/Vo) ついにZepp Nagoyaという、ひとつの到達点まできました。それをファンのみんなに見てほしいです。『MOMENT』は、ライブがまるっと全部入っているだけでなく、結成当初の映像やインタビューなども入っています。順風満帆じゃなかったことも含め、Zepp Nagoyaへ辿り着くまでの道が全部入っているDVDです。
 『TOY tour 2015』で全国をまわりましたが、やっぱり名古屋が一番受け入れてくれたと思います。SEが流れてステージに出ると、おかえりなさい、待ってましたという空気がそこにありました。

KOUHEI(Dr/Cho) おかえりなさいという空気は本当に感じました。実際に「おかえりなさい」と言われたわけではないですが、ステージに出た瞬間にその空気感は伝わってきました。また、2階席には地元のバンド仲間たちが大勢いて、改めて名古屋っていいなと。

―地元のバンド仲間が見に来てくれるのが地元の雰囲気を1番感じますよね

RYU-TA(Gt/Cho) そうですね。安心感もありますし、みんなに刺激も与えていると思います。

GEN ここまでできるんだぞ! というのを見せなければいけないのもありますが、友達がいると落ちつきます。

―自分たちのDVDを見てどう思いました?

GEN ツアーが始まった時はZeppでワンマンをする姿を想像できませんでしたが、DVDを見るとフォーリミもZeppが似合うバンドになったなと思いました。Zeppのステージに負けていない、ちゃんとやれているなと。もちろん照明やカメラのカット割りなどでカッコ良く仕上がっている部分もあるとは思いますが、素直にフォーリミってカッコイイなと思いました。

―そのライブ映像も楽しみですが、ドキュメント映像も気になります。どのような内容になっているのですか

GEN Disc2には、『TOY tour 2015』のドキュメントと僕たちのヒストリーが入っています。メンバーそれぞれのインタビューもあり、結成当初の話、KOUHEIが加入した話もしています。僕たちも本音で話していますので、普段では見られない部分が見られると思います。

HIROKAZ(Gt) 僕らの真面目な部分が見られると思いますよ。

GEN ライブ後や打ち合わせの雰囲気など、ちゃんと音楽に向きあっている風景も入っているので、個人的にはこっぱずかしいです(笑)。

―すごく楽しみです。そのツアーも含め、2015年はかなりライブをしましたよね

GEN そうですね。ライブ本数は今までの中で1番多かったです。年間112本と本当にライブ三昧の1年でした。

KOUHEI 3日に1回のペースですね。

GEN 本当に音楽と暮らした1年だったと思います。基本がライブで、ライブ以外の日は曲の制作やライブハウスへ顔を出していました。

―確かにいろいろなところでみんなの名前を見ました。たくさんの先輩バンドとも共演したと思いますが、刺激ももらったんじゃないですか?

RYU-TA はい。たくさん刺激をもらいました。学んだことも多かったです。

GEN もうすぐデビューして1年が経つんですが、この1年で多くの先輩バンドとライブをしたことで、すごく成長したと思います。1年前だと気付けなかった部分や気にしなかった部分を、かなり細かく気にするようになりました。

―そして、6月8日(水)から2マンツアーが始まります。Zepp Nagoyaからスタートするんですね

GEN そうなんです。前回のツアーのゴールがZepp Nagoyaでしたので、今回はZepp Nagoyaでみんなに送り出してもらい、全国をまわろうと思って最初に選びました。

―素晴らしい! ちなみに対バンは…

GEN まだ内緒ですが、『YON FES 2016』に誘えなかったかっこいい先輩バンドです。

―楽しみです。その『YON FES 2016』が4月2日(土)、3日(日)にモリコロパークで開催されます。いよいよ、あと1カ月ですね

GEN 気付いたらあと1カ月です。1万人規模ですから、当日どうなるんだろうって思っています。初めから、自分たちも運営部分にも入って一緒につくっています。

―昨年は多くのフェスにも参加しています。参考にしたところもあります?

HIROKAZ お客さんの導線などを結構見ましたね。

KOUHEI あと、ケータリングの話をよくしました。こんなのあったらいいよねとか。また、ロケーションならではのこともしたいなと思っています。モリコロパークは、大自然っていう感じのロケーションなので、マッチする装飾をしたいですね。

―フェスはいつ頃からやりたいと思ってました?

GEN 2年前ですね。その頃からモリコロパークでフェスをやりたいと思っていました。

―最初からモリコロパークでやると決めていたんですか?

GEN そうですね。海沿いの場所も候補にあったんですが、でもそれって名古屋のフェスじゃないですよね。だから、どうしてもモリコロパークが良かったんです。アクセスも良く、地面も人工芝にゴムで出来ているチップが入っていて、クッション性もあるので、僕たち向きだと思います。

KOUHEI 本当に歩いているだけで気持ちいいんですよ。

HIROKAZ 水はけもいいですし。

RYU-TA 仮に雨が降っても大丈夫です。

KOUHEI もちろん晴れてほしいですけど(笑)。

GEN 晴れてほしいよね。モリコロパークへ行くだけでも気持ちがいいと思いますよ。

―気になる参加バンドですが、同世代が多いですね

GEN ほぼ同世代のバンドです。音楽的に幅のあるフェスがある多いなか、年齢で偏りのあるフェスは、意外にないんじゃないかと思います。

―THREE LIGHTS DOWN KINGSやBACK LIFTなど地元バンドもいくつか参加しています

GEN そうですね。地元のバンドは同世代も後輩もいます。本当はもっと呼びたかったんですが、現状では2ステージ10バンドが限界なんですよ。

―これから大きくしていくためにも、ぜひ毎年続けてほしいです

GEN もちろん毎年開催したいと思っています。そのために、盛り上げるのはもちろんですが、事故が起きないようにするなど運営面に関してもちゃんとみんなで話し合っています。絶対に来年も行きたいと思わせたいですね。

HIROKAZ そうですね。今回見に来てくれた人が、また行きたいと思わせる何かを作りたいと思い、いま装飾やステージの造りなど視覚的にも感動させられるものを考えています。

―名古屋のバンド発信フェスといえば、『YON FES 2016』となっていってほしいですね

GEN いろいろなフェスに出させていただいて、バンドマンがやっているフェスっていいなって思ったんですよ。対バンしている感じ。例えば、10-FEETさんの京都大作戦はみんな最後まで残ってステージの袖に集まっていますし、みんながトリの主催者にどうバトンをつなぐかというライブをするので、自然と一体感が生まれるんです。

―『YON FES 2016』ならではのサプライズも考えてます?

GEN この日しか見られないコラボも絶対にやっていきたいですね。この間、WANIMAのツアーに参加した時、1曲WANIMAの曲を演奏したんですよ。ライブ後、『YON FES 2016』よろしくねと言ったら、俺らの出番の時に1曲歌いに来てよって冗談っぽく言ってたんですけど、ひょっとするとそういうことも実現するかもしれません。どうなるかまだ分かりませんが、いろいろなコラボを見せられるといいなと思っています。

―コラボはバンド発信フェスの醍醐味ですよね。楽しみです。では最後に、『YON FES 2016』へ行く、行きたいと思っているファンへ向けてメッセージをお願いします

HIROKAZ 初めて開催するので不安がいっぱいあるんですが、それを乗り越えて次の年につなげたいと思っています。めちゃくちゃ頑張るので楽しみにしていてください。

KOUHEI いま僕らが時代を作っていきたいという思いが高まっています。その歴史的瞬間を、ぜひ目の当たりにしてほしいです。

RYU-TA AIR JAMや京都大作戦に憧れてきました。今回『YON FES 2016』を開催することになって、僕らが同世代のシーンを作りたいと本当に思っています。毎年続けられるようにがんばっていくので、みなさんぜひ来て下さい。

GEN 地元に新しいロックフェスが1つ増えます。お客さんにとってもまだまだ未知数だと思いますので、みんなと一緒にフェスを良くしていきたい、一緒に作っていきたい気持ちでいっぱいです。また、若手のバンドマンにも見てほしい。バンドってこんなことができるんだぞ!と思わせたいですね。『YON FES 2016』へ行くことで、ROCKにふれるきっかけになったり、バンドをやるきっかけになったり、誰かの人生を変えるような1日に出来たらいいなと思っています。

■リリース情報

『MOMENT』
1st DVD
2016.3.23発売

■LIVEインフォメーション
『YON FES 2016』
4月2日(土)、3日(日)モリコロパーク(愛・地球博記念公園)
特別サイト  http://yonfes.nagoya

『04 Limited Sazabys“2マン tour 2016”』
6月8日(水)Zepp Nagoya
問 サンデーフォーク Tel.052-320-9100

■オフィシャルHP
http://www.04limitedsazabys.com/

■プロフィール
2008年名古屋にて結成。2015年4月1日に1st Full Album『CAVU』をリリース、メジャー進出する。「SUMMER SONIC」「RISING SUN ROCK FESTIVAL」など全国各地の大型フェスで初出場を果たす。2016年10月にMajor 1st Single「TOY」をリリース。そして、2016年4月2日、3日に初のバンド主催の野外フェス『YON FES 2016』を地元・愛知県で開催する。

関連キーワード

RANKING

RECOMMENDED

KEY WORD

WRITER


トップへ