1. HOME
  2. INTERVIEW
  3. Awesome City Clubが伝えたい人間賛歌とは

INTERVIEW 旬のアーティストインタビュー

2017.2.16

Awesome City Clubが伝えたい人間賛歌とは

「もっと人の人生や世の中に関与していきたい(atagi)」

「架空の街」をコンセプトとしてきた“Awesome City Tracksシリーズ”。その最終章と位置付けた新作『Awesome City Tracks 4』がリリースされた。Awesome City Clubが現実へ目を向け、あらゆるものを受け止め、前へと歩を進めていく覚悟を決めた1枚でもあるのではないか。その本気度が伝わってくる今作について、atagi(Vo/Gt)とPORIN(Vo/Syn)の2人に話を訊いた。

取材・文 坪井

ー今作『Awesome City Tracks 4』は、1枚目から続くシリーズの最終章ということですが、シリーズのコンセプトと今作で終わりにする理由からお聞きしていいですか?

atagi(Vo/Gt):これまで“Awesome Cityという架空の街から、サウンドトラックにもBGMにもなり得る心地いい音楽を”というコンセプトで作品を作っていました。その特徴のひとつが曲数で、1枚の作品を7曲入りにして、半年に1枚のペースでリリースすることがすごく大事だったんです。そのリリースペースをキープするためにAwesome City Tracksを続けていた側面もあったのかなと。それが今回制作していく中で、そろそろ新しいフェーズにいけると感じたので完結することにしました。今回シリーズ最高傑作が出来たということですね。

PORIN(Vo/Syn):これまで、いい感じに聴き流せる日常のBGM的なサウンドトラックスを作っていたので、それほどメッセージ性も持たせていなかったんですが、活動していく中で伝えたいことが出てきて歌詞も変化してきたので、今回で終了にしようとなったんです。

ー“聴き流せるBGM”ではなくなってきたからなんですね。その今作は、メンバー全員が作詞や作曲に関わっているんですね

atagi:全員がクレジットに載るのは初めてですね。みんなの思う“人間賛歌”をテーマにアルバムを作っていたので、メンバー全員から歌詞を集めたんですが、人間賛歌の解釈や切り取り方が個々であったんです。それを曲調によって収まりのいい人と、悪い人が出てきたので、たまたまこういう感じできれいに割れたのかなと。

ー全員が歌詞なり曲なりに関わっているからか、楽曲の振り幅が広いなと感じました。また、プロデューサーさんも1人ではないので、それぞれに個性も出ているなと

atagi:それはかなり大きいと思いました。振り幅をもっと広くするという意味では、1人のプロデューサーさんと1枚のアルバムを一緒に作るよりも、格段に彩りのあるものになったと思います。同じバンドとは思えないぐらいの曲の振り幅になったと思うので、いろいろな方にお願いして良かったですね。特に今回は、プロデューサーさんが上手くハマった気がしています。1、2、3枚もいいなと思っているんですが、プロデューサー陣のハマり具合で言うと、今回は格段にレベルが違うと思います。

ー特に印象に残っている方はどなたですか?

PORIN:昔からプロデューサーとして有名な方がいる中、元気な若手のOBKRくんと出来たのは楽しかったですね。彼のスタジオでレコーディングもしたんですが、これまでにない方法だったので、異色な曲に仕上がったと思います。

atagi:センスって知識量で決まるんだなと、プロデューサーの方々と一緒に制作して思いました。今回プロデュースに、いしわたり淳治さん、Curly Giraffさん、OBKRくん、サウンドプロデュースで浦本さんに入っていただいているんですが、バックグラウンドの種類がみんな違うので、その中でアウトプットしてくるプロセスや方法論が全く違うんです。それを体感できたのはすごく貴重でした。

ープロデューサーさん達から得たものがいっぱいあったんですね

atagi:めちゃめちゃありました。とにかく押して何かをぶつける熱量の高いフィジカルなライブをしている頃、Curly Giraffさんとレコーディングをしたんですが、「もっと引いて、もっと重心を低く」という歌のディレクションをしていただいたことに特に影響を受けました。心地いい曲はある意味適当でなければいけない部分もあることや、本気すぎるとTOO MUCHになってしまうなど、自分たちはすごく繊細な音楽をやっているんだという自覚を持てました。

ーなるほど。収録曲の1曲目『今夜だけ間違いじゃないことにしてあげる』は、古さもあり新しさもある新しいデュエットソングで、これは男女ボーカルのオーサムだから出来る曲だなと思うんですよ

PORIN:男1曲の中で男性の気持ちと女性の気持ちが歌えるのは、すごく大きいことだと思います。今の若者が感じている寂しさや承認欲求もちゃんと歌詞に入れられたので、強い曲になったと思います。

atagi:やってみて分かったんですが、デュエットソングは歌詞を書くのが難しい(笑)。1曲に入る文字数はあまりないのに登場人物が2人いて、お互いの今と過去を成り立たせるのはかなり大変でした。最近の若者は、所々でもうちょっと許されたいと思ってない?許されることが分かっていたらもっとこんなこと言える世界ってない?という提案を男女の交わりや、やり取りの中にメッセージとして込めるのがこの曲の1番大きなテーマでした。かなり難しかったですが、最終的にその全ての課題をクリアできたので、自分たちにとってもすごく自信になった曲ですね。

ーちなみに曲のキーにもなっている「嘘つき」のフレーズは結構パターンを試しました?

PORIN: 100回ぐらい試したと思います。この曲は本当にセリフにこだわりました。まずセリフから作ったよね。

atagi:そうだね。いろいろなトーンで「嘘つき」と言ったんですが、みんなが思っている「嘘つき」像と、PORINが出す「嘘つき」像って回数を重ねないと分からないんですよね。だから100回ぐらい録りました。

PORIN:「嘘つき」は制作の序盤に録ったんですが、許し合えた仲だからこそ言える言葉なんです。逆に「乾杯」は出会ったばかりなので、まだ2人も密な感じになっていない。それをトーンを落としてクールな感じで言っています。「かんぱーい!」じゃなくて「乾杯」と。最初は居酒屋っぽくなっちゃったんですよ(笑)。

ーカラオケで歌って盛り上がりそうですね。そして、小気味いいギターリフが印象的な2曲目『Girls Don’t Cry』は、PORINさんが詞を書かれていますがちょっと強めの内容ですね

PORIN:女の子に対する応援ソングがあってもいいのかなと思って書きました。制作時期に自分もいろいろ悩んでいたこともあったので、自分に対して言っている言葉でもあります。また、社会や女の子に対して思うこともあったので、これまで自分のことしか書かなかったんですが、この曲は社会に向けて物申すというチャレンジをしました。

atagi:結構ハードルが高い歌詞だと僕は思うんです。オーサムとして狙いたいのは、これが許されるPORIN。それがすごく大事で、これが自分たちのひとつのアクションであり、提案でもあると思っています。

ーこういう曲が入ってくるのも作品の中で大きなポイントになってくるのかなと思います。次の曲から雰囲気がガラっと変わりますが、『Movin’on』は今までのオーサムにはない構成で新鮮です

atagi: Aメロ、Bメロにすごく囚われ過ぎていた時期に、何か違わない?という話をして作った曲です。僕は東京のR246沿いに住んでいるんですが、夜中にどういう曲がいいかなと街を歩いていた時のことをそのままを歌詞にしています。音像もそういう感じになっています。

ーその雰囲気すごく分かります。次の曲『青春の胸騒ぎ』は、ルーツっぽい感じで詞と曲のハマりがいいですね

atagi:今作の中では1番ルーツっぽいかもしれないですね。王道シティポップスという感じなんですが、Curly Giraffさんと一緒にやったことでグッと説得力が増したなと。温度感と歌詞のレイドバックしている感じが、きれいにハマった曲になったと思います。

ー歌詞はPORINさんが書いているんですよね

atagi:これをPORINが書いているのが信じられない(笑)。

PORIN:私もこんな詞を掛けるとは思ってなかった(笑)。

atagi:今ってフック過多の時代だと思うんですよ。どれだけ1曲の中にフックが隠されているか仕込めるかという。詞のフックに頼らず郷愁やノスタルジーを誘うのは、すごく難しいと思っているので、PORINはよく書けたなと思うんですよね。

ー詞はすぐに書けたんですか?

PORIN:土台はすぐにできました。メロディが先にあったんですが、メロディにピタッとハマり、かつ東京で過ごす若者にマッチする言葉を、フックは気にせず探したらこうなった感じです。

ー逆に最後の曲『Action!』の詞はシンプルですね

atagi:言っていることは1番シンプルでストレート。詞の内容も若者向けじゃないです。大人になった自分が、子どもの頃の自分に向けて言いたいことを回想する詞の世界観になっています。アルバムの締めくくりに、1番伝えたい“人間賛歌”をストレートに表現しました。

PORIN: 1番素直に分かりやすく“人間賛歌”を表した曲になったので、1番最後にもってきました。最後、「未来は百花繚乱」という言葉で閉めているんですが、そこに未来への期待やワクワク感を持たせています。

ーこの曲でシリーズが完結しますが、今後の展開も考えているんですか?

atagi:いろいろな曲をいろいろ言いながら、まさに今作っている状況です。大事なのは、どういうコンセプトをもって作品とするか。もっと世の中を自分たちの手でオーサムにするという気概を持ってやりたいと思っていて、もっと人の人生や世の中に関与していきたいなという気持ちがあります。今作も割とそういう毛色があるんですが、それがもっと濃厚になる作品を作りたいですね。

ー今後の展開が楽しみです。そして、2月にアコースティックライブをするんですね

PORIN:アコースティックワンマンは初めてです。ライブハウスが苦手でこれまでライブに行けなかった人でも楽しんでもらえるし、アルバムとは違ったアレンジでやるので、きっといい日になるんじゃないかとすごく楽しみにしています。

ーいつもと違うオーサムが観られそうですね。また、その後にワンマンツアーも始まります。名古屋は5月14日(日)、CLUB QUATTROですね

atagi:いま自分たちがどのようなライブをしているかが、そのまま作品作りにも繋がってくるので、ちゃんと重心低くかつ攻めるところは攻めて少しずつでもいいから輪を大きくしていきたいですね。2020年に幕張で自分たちの企画を開催するのが目標なので、今回輪をどれだけ大きくできるかはかなりポイントになってくると思っています。

ーそう言う意味では勝負のライブにもなるんですね。では最後に、ライブへ来るファンに向けてメッセージをお願いします

PORIN:ライブ会場の空間作りにもすごくこだわっているので、そこも楽しんでもらいたいし、名古屋をどんどん盛り上げていけたらいいなと思います。

atagi:僕らは四つ打ちロックでもないので、楽しみ方を選ばない音楽だと思っています。ヒールでもサンダルでもOK。自分らしい服装で来てください。ちゃんと間違いじゃないことにしてあげます!

Awesome City Club 今夜だけ間違いじゃないことにしてあげる MV

■リリース情報

『Awesome City Tracks 4』
4th Album
2017.1.25 発売
2000円(+tax)

■LIVE情報
Awesome Talks Acoustic Show
2月21日(火) 名古屋TOKUZO

Awesome Talks -One Man Show 2017-
4月14日(金) 広島 SECOND CLUTCH
4月15日(土) 福岡 BEAT STATION
4月21日(金) 宮城 enn 2nd
4月23日(日) 北海道札幌BESSIE HALL
5月11日(木) 大阪梅田CLUB QUATTRO
5月14日(日) 愛知名古屋CLUB QUATTRO
5月19日(金) 東京赤坂BLITZ

■オフィシャルHP
http://www.awesomecityclub.com/

■プロフィール
2013年春、それぞれ別のバンドで活動していたatagi(Vo/Gt)、モリシー(Gt/Syn)、マツザカタクミ(Ba/Syn/Rap)、ユキエ(Dr)により結成。2014年4月、サポートメンバーだったPORIN(Vo/Syn)が正式加入して現在のメンバーとなる。「架空の街Awesome Cityのサウンドトラック」をテーマに、テン年代のシティポップを発信する男女混成5人組。2015年、ビクターエンタテインメント内に設立されたレーベル・CONNECTONEの第1弾新人としてデビュー。4月に1stアルバム『Awesome City Tracks』、9月に2ndアルバム『Awesome City Tracks 2』をリリース。11月に開催されたバンド史上初となる全国ワンマンツアーも大盛況のうちに幕を閉じ、2016年3月には配信シングル『Vampire』を、6月に3rdアルバム『Awesome City Tracks 3』を発売。クラウドファンディングやVRなど最新のテクノロジーを積極的に駆使した活動が各所から注目を集めている。

  •  
  •  

< INTERVIEW 一覧へ戻る

他のインタビューを読む

▲トップへ戻る