1. トップ
  2. インタビュー
  3. メジャーデビューから1年、Benthamが『Bulbous Bow』に込めた思いを紐解く。

ライター ツボイ

2018.4.3

247 good

メジャーデビューから1年、Benthamが『Bulbous Bow』に込めた思いを紐解く。

「今までのキャッチーなBenthamを惜しげもなく出しています。全曲ストレートを打つイメージで(小関)」

2017年4月のメジャーデビューから1年、Benthamがメジャーでは初となるE.P.『Bulbous Bow』を4月4日にリリースする。バンド初のドラマ主題歌『FATEMOTION』をはじめ収録曲5曲は、彼ららしさを大切にした前向きな内容となっている。その今作『Bulbous Bow』に込めた思いとは。メンバー全員に話を訊いた。

―昨年のメジャーデビューから1年になろうとしていますが、この1年はいかがでした?

小関竜矢(Vo/Gt): あっという間に1年が経つので、がむしゃらに進んできた1年だったんだなと思います。

須田原生(Gt/Cho): 初めてフルアルバムを出したのが大きかったですね。

辻 怜次(Ba): インディーズの頃はE.P.しか出していないからね(笑)。

須田: シングルを出したのも初めてだったので、初めて尽くしの1年でした。

鈴木 敬(Dr): ライブやフェスでは、今でも1番最初に出したE.P.『Public』の曲が圧倒的に認知度高かったので、新曲が広まるのは思ったより時間が掛かるんだなと実感した1年でもありました。

小関: もっとたくさんの人に聴いてもらわないとバンドが前に進まないと思ったので、今回サウンド面に変化を加えてみようかなと。変えるべきところは変えつつも、本質は変えずで。今作をきっかけに、たくさんの人に広まったらいいなという思いは強いですね。

―その今作のタイトル『Bulbous Bow(バルバス・バウ)』という言葉の意味は、船の先の海に沈んでいる方の部分のことなんですね。調べました(笑)。

一同: ありがとうございます(笑)!

―どうしてこのタイトルに?

小関: タイトルは収録曲5曲が出揃ってからメンバーみんなで決めました。前に進んでいく意味のタイトルがいいよねというメンバーの共通イメージから出てきた言葉が『Bulbous Bow』だったんです。これは、船の船首の下にある抵抗を無くすためのもので、船が前へ進むために必要だというので今作にピッタリだと(笑)。後付けにはなるんですが、バンドを船に置き換えた時、どこの目的地へ向かっているのか、スタッフやお客さんが今まで何人乗ったのか、何人降りてきたのかとどんどん繋がってきて、今ではしっくりきています。ちょっと言いづらいですけど(笑)。

―確かに(笑)。今作は前へ進むことを意識して作られたんですか?

小関: 共通項として前へ進むことと、たくさんの人に聴いてほしいという思いが強くありました。それに向けて、幅を広げるというより今までのキャッチーなBenthamを惜しげもなく出しています。全曲ストレートを打つイメージですね。

須田: 間口を広げたいという共通認識はメンバー間にあったので、いろんな所で曲が流れた時にバッと耳が向くようには意識しました。

―その作品の1曲目『bandwagon』はおっしゃる通りキャッチーな曲。モチーフはもちろん移動で使用している車ですよね?

小関: そうです。バンドのことを歌いたかったので分かりやすくしたのもあるんですが、そもそも“バンドワゴン”で検索したら一番上に出てくるのは何だろうと思って調べてみたら、“勝ち馬に乗る”が出てきたのでその意味も込めました。あと、これは僕ごとなんですが、ずっと乗っていた愛車が廃車になるんですよ。ちょうど(インタビュー日の)5日後ぐらいに。今作がリリースする頃にはもうなくて。たくさんの思い出が詰まった車なので、勝手にドラマチックになっているのもあります。

辻: 確かにその車をみんなで運転して移動したよね。

須田: それにしても、愛車の話は今初めて聞いた(笑)。

辻: 突然言い出すから、今みんな「そうだったの?」ってなってるよ(笑)。

一同: (笑)。

小関: あの時は良かったなという思い出や希望や失望をバンドのインディーズからメジャーまでの時系列に沿って書いていて、時代を変えていきたいという前向きな気持ちも込めています。

―車にはみんなの思いも一緒に乗っていると思いますので、思い出深い曲になりそうですね。そして次の曲『Reset』は、<(止まらない) この気持ちは 抑えきれない>の歌詞に曲の意味が凝縮されているなと思いました

小関: この曲はギターのフレーズがすごくいいので、それに負けない歌のメロディとフックのあるワードを意識して歌詞を書きました。<(止まらない) この気持ちは 抑えきれない>の部分は結構こだわったので、伝わってうれしいです。

―確かにこの曲のギターリフは耳に残ります

須田: ギターのリフだけあったのを曲にすることになったので、ザ・ギターサウンドという曲にしたいなと。若い人がアガれて高揚するような曲にしたくて、メロディを意識しつつもエモさや、Benthamの良さでもある切ないマイナー調の節を活かして作りました。

―その雰囲気伝わりました。次の曲『FATEMOTION』は、CBCドラマ『こんなところに運命の人』の主題歌にもなっている曲。今までのBenthamにありそうでなかったスピード感のある曲ですね

小関: 今までで一番テンポが速い曲です。

―楽曲はドラマのために書き下ろしたんですか?

小関: 曲の土台ができている状態でお話をいただいたので、ドラマのための歌にしようと思って曲のアレンジと歌詞、タイトルを書きました。最初とは結構変わったんですけど、「神曲ができた!」と思って(笑)。完全に僕らのオリジナルの流れになっていると思うし、分岐点になる曲になる気がします。

須田: リズムパターンやフレーズ、グルーヴ感も含め、この1曲にBenthamの全てが詰まっていると思います。デモの段階から「詰まってる感あるよね」とみんなで話していたので、その曲が今作『Bulbous Bow』を引っ張っていくリード曲になったのは、他の曲への影響力もすごく大きいと思います。

―kの曲にはミュージックビデオもあります。途中で小関さんの語りが入りますが、アツいことを言っていましたね

小関: 語りは当日に決めました(笑)。決めといてと言われていたんですけど、全然決められなくて。その場のノリと雰囲気で一気に出しました。ミュージックビデオはドラマのセットを使わせていただいて、結構リンクしているので面白いと思います。

―最後にカブキンさんが出てくるのもポイントですよね

小関: そうなんですよ。もうちょっとみんな騒いでもいいのに(笑)。

一同: (笑)。

小関: ドラマを観てる人やカブキンさんのチャンネルを観てる人は面白いけど、そうじゃない人はどうなんだろうと。

辻: 中には、ドラムの敬がメイクして叩いているというコメントもあって(笑)。

鈴木: 最後、どうしたんですか?って(笑)。

辻: そんなわけないでしょって(笑)。

一同: (笑)。

―(笑)。カブキンさんの出演はどういう経緯で実現したんですか?

小関: カブキンさんがこのドラマに出演していて、そのご縁でお願いしました。それをユーチューバーらしく返してもらった動画もカブキンさんがアップしているので、そちらもぜひ観てほしいですね。

―『FATEMOTION』はBenthamを代表する曲になりそうですね

小関: 初のドラマ主題歌で、歌詞はドラマに寄せていますが、Benthamのことも歌っています。“運命”をテーマにしていて、運命に対してエモーションしていくという思いが込められています。

―なるほど。ドラマも始まったばかりなのでこれから広まっていきそうですね。次の曲『SAYONARA』は今の季節にぴったりですが、意識されました?

鈴木: 1年ぐらいかけて作った曲です。バンドを辞めていった仲間やスタッフに向けた気持ちを書きつつ、違う意味にも取れるような歌詞が今の季節にいいんじゃないかというのはありましたね。

須田: 歌が立つ曲になったし、サウンド的にも今までのBenthamっぽさが出ている。重ねたり音像をいっぱい挟むことはしなかったので、ロックテイストな仕上がりになっていると思います。

辻: いい意味で今までのインディーズ感ある音作りになっていると思います。

―次の曲『memento』はイントロの鍵盤が印象的な楽曲で、終わり2曲はガラッと雰囲気が変わりますね

小関: この2曲は攻めてると思うんです。だから、今までBenthamを聴いてきた人がどう思うか、Benthamを知らない人が聴いたらどう思うんだろうとは思いました。でも、僕は『SAYONARA』の歌詞を書いていないけど歌詞がいいねと言われたり、『memento』も僕は鍵盤を弾けないので、弾ける人にしか作れない曲。そういうメンバーがいるのはすごく面白いなと改めて確認できたし、僕はBenthamらしい曲をずっと作っていけばいいんだという、自分の役割も分かりました。

―そう捉えると、前へ進むという今作のタイトルの意味がしっくりきますね

小関: 前に進みたいと本当に思ってるからピアノの曲も入れています。そうじゃなかったら、4つ打ちの曲を入れてたと思う。今やりたい曲を押し並べて入れたので、すごく前向きな一枚だと思うんですよ。

―そして、Bentham屋限定盤にはDVDも付いています。沖縄修学旅行完全版の内容は気になりますね

小関: まぁひどいと思いますよ(笑)。

一同:(笑)。

須田: Bentham屋限定なので、音楽だけじゃないBenthamを知りたい人が手にしてくれるかなと。

―すごく気になります。4月4日のリリース後にはツアーも始まりますが、名古屋は6月5日(火)のAPOLLO BASE。名古屋のお客さんのイメージはいかがですか?

小関: 最初はちょっと難しいなと思ったんですけど今は最高です。盛り上がるとボルテージが高いですね。

須田: すごく長いお客さんも名古屋は多いし、火が点くとすごいですね。

―ライブもすごく楽しみです。最後に、今作『Bulbous Bow』を手に取る人へ向けてメッセージをお願いします

小関: 今作は最高傑作になっていると思います。曲を聴いてBenthamの変化を感じてほしいし、“運命”をテーマに書いたリード曲『FATEMOTION』をはじめ、今回は成るべくして成ったすごくドラマチックな一枚なので、ぜひBenthamという船に乗っていただければと思います。

須田: 今作でBenthamを知ってくれる人が増えたらいなと思っています。知ってもらうには本当にいいボリューム感だし、自信を持って広めていける作品になったと思っています。ぜひライブにも来てほしいです。

辻: これが最新のBenthamだし、新しいスタートをこの春に切りたいのもあったので、タイトルも発売も含め面白いぐらいに運命的に全部一致して。より多くの人に聴いてほしい思いが込められているので、ぜひ手にとってほしいです。

鈴木: 今までよりも聴いたことがある、テレビで観たという反応があると思っていて、“運命”がドラマのテーマであり『FATEMOTION』のテーマでもあります。好きなバンドに出会うのって、視聴機の隣にたまたまあったとかがきっかけなんじゃないかと。どこかで聴いたなと思ったら、それを運命だと思って調べてもらえたらうれしいです。

Bentham『FATEMOTION』 Official Music Video

■リリース情報

『Bulbous Bow』
Major 1st E.P.
2018.4.4 発売
通常盤(CD) 1,500円(tax in)
Bentham屋限定盤(CD+DVD) 2,500円(tax in)

■LIVE情報
Bulbous Bow Tour
4月12日(木) 京都 KYOTO MUSE
4月15日(日) 長崎 DRUM Be-7
4月16日(月) 福岡 DRUM SON
4月18日(水) 愛媛 松山サロンキティ
4月20日(金) 高知 X-pt.
4月22日(日) 徳島 club GRINDHOUSE
4月23日(月) 山口 LIVE rise SHUNAN
4月24日(火) 岡山 CRAZYMAMA 2nd Room
5月18日(金) 茨城 mito LIGHT HOUSEE
5月20日(日) 千葉 千葉LOOK
5月23日(水) 宮城 enn 2nd
5月24日(木) 福島 郡山CLUB #9
5月28日(月) 新潟 CLUB RIVERST
5月29日(火) 石川 vanvanV4
6月04日(月) 大阪 Shangri-La
6月05日(火) 愛知 APOLLO BASE
6月08日(金) 東京 渋谷CLUB QUATTRO

■オフィシャルWEB
http://www.bentham-web.com/

■プロフィール
2010年結成。2014年春のKEYTALKツアーのゲストアクトに4公演抜擢され注目を集める。TGMX(FRONTIER BACKYARD)をプロデューサーに迎え、これまでに4枚のEPをリリース。2016年4月に初ワンマンフリーライブを代官山UNITにて企画し約5000人の応募が殺到。同年7月に4th EP『ExP』をリリース。オリコン週間インディーズチャート10位を獲得。その発売記念で開催された全国10ヶ所の初ワンマンツアーファイナルの恵比寿LIQUIDROOMは約700人を動員し大盛況で幕を閉じた。2016年末に出演したCOUNTDOWN JAPAN 16/17にてメジャーデビューを発表。2017年4月にメジャーデビューシングル『激しい雨/ファンファーレ』をリリース。7月には初となるフルアルバム『Re:Wonder』をリリースした。

関連キーワード

RANKING

RECOMMENDED

KEY WORD

WRITER


トップへ