1. HOME
  2. INTERVIEW
  3. ビレッジマンズストアが『正しい夜明け』で鳴らす偽りのないサウンド

INTERVIEW 旬のアーティストインタビュー

2016.11.8

ビレッジマンズストアが『正しい夜明け』で鳴らす偽りのないサウンド

「俺が持ってきたカッコ良いリフを、みんながカッコ良く演奏できた曲しか採用していない(水野ギイ)」

実に2年半の沈黙を破り、11月9日に待望の3rdミニアルバム『正しい夜明け』をリリースするビレッジマンズストア。個々のキレが増したことで完成度の高い作品となった今作について、フロントマン水野ギイにたっぷり話を訊きました。

取材・文 坪井

ー11月9日に3rdミニアルバム『正しい夜明け』がリリースされますが、前作『刃の上を君と行く』より実に2年半ぶり。久しぶりのリリースになりますね

水野ギイ(Vo): 俺の中ではあまりその感じはないです。納得のいく7曲ができたので、リリースしようかなというだけですね。

ーその納得のいく7曲が収録されている今作ですが、ビレッジマンズストア個々の持ち味がより際立ったことで、逆に聴きやすくなったんじゃないかなと思いました

水野: これまでは、俺は“歌う人”、他のメンバーは“楽器を演奏する人たち”と、立場がはっきりしていました。でも、この2年間で俺が楽器隊をすごく信頼するようになって、曲を作るタイミングでみんなを目立たせたいと思うようになったんです。そして楽器隊のみんなは、俺を目立たせたいと思ってくれるようになった。しっかりボーカルが目立ち、かつ楽器も暴れまくるという、いいバランスが取れるようになってきたからだと思います。

ーサウンドは、どの曲もギターリフが耳に残るので、リフありきで曲を作ったのかなと思ったんですが、そういう面もあります?

水野: リフはかなり考えました。メロディが浮かんでも、リフが浮かばなかったら作りません。自分が持ってきたカッコ良いリフを、みんながカッコ良く演奏できた曲しか採用していないです。ビレッジにはギターが2人いますし、ギターリフを一番カッコ良くするのが曲作りにおける大きなポイントですね。

ーそして今作のタイトル『正しい夜明け』ですが、どのような意味を込めて付けたんですか?

水野: 俺たちの曲を聴いてくれる人から、SNSでよく「“正しい”という言葉に違和感があるんですが、それについてどう思いますか? どういう気持ちで付けたんですか?」と聞かれるんです。俺は“正しい”という言葉は無機質で気持ち悪いなと思っていますが、その感覚こそが実は一番気持ち悪い。たぶんビレッジマンズストアを好きになってくれる人にとって“正しい”は、嫌いな言葉なんじゃないかと思うんです。だから、あえて『正しい夜明け』というタイトルにすることで、その言葉に対して持ったみんなの感覚を救ってあげたい。そう思ってこのタイトルにしました。

ーそういう深い意味があったんですね。本編は『ビレッジマンズ』から始まります。この曲は自分たちのことを表していますよね?

水野: そうですね。ビレッジマンズストアはその名の通り田舎出身で、あまり人との距離感が分からない人たちが集まっています。それってハンデなんじゃないかという気持ちを曲にしました。自己紹介的な曲ですね。

ー自分たちが田舎から出てきた時に感じたことを詞に書いているのかなと思ったんですが、特に最初のフレーズはそれをイメージさせます

水野: そうなんですよ。最初のフレーズは、浅川マキさんの『赤い橋』という曲があるんですが、その曲は田舎から出ていく人の話なんです。地元に赤い橋があってその橋を渡った人はもう帰ってこないということを歌っているんですが、その閉塞感がすごく分かる。それで使わせていただきました。

ー田舎ならではの感覚かもしれないですね。そして2曲目『WENDY』は、今作の中で一番メジャー感のある曲だなと思いましたが、この曲はいろいろな捉え方ができますね

水野: WENDYはピーターパンのヒロインの女の子を意味していて、誰にも選ばれず、主人公にもヒロインにもなれないまま大人になってしまったことを詞にしました。「自分は特別なものを持っているはずなのに、誰からも選ばれず大人になってしまったよ」ということを伝えたかったので、幅広い人が聴けるように作りました。

ー耳馴染みのいいメロディで聴きやすいから、たくさんの人に届くんじゃないかな。逆に、イントロから凶器のようなギターで始まる次の曲『スパナ』には、やってやろう感が漂います

水野: 俺のロックは聴いている人の嫌いなヤツをぶん殴ってやることはできないけれど、あなた自身にスパナを持たせてやることならできるという歌詞です。人を傷つけるという意味ではなく、自分が何かによって強くなれるぞという内容ですね。

ー個人的にギターがすごく好きなんですよ。刺すような感じがいい

水野: ちょっと古いんですよ。90年代後半から2000年代の感じですかね。俺らはそこの音楽に影響を受けてきたので、それが出過ぎちゃった(笑)。

ー4曲目『盗人』になるとさらに古くて、演歌のようなイントロから歌謡曲的な仕上がりになっています

水野: この曲は俺の趣味がそのまま出ています。ずっとこういう感じの曲を聴いてきたので(笑)。今作の中で一番俺らしい曲だなと思います。

ーちょっと暗い感じの曲になっていますが、あまりないタイプの曲かなと

水野: 俺のクセで、すごく悲しい詞を書くと、すごく明るい曲になるんです。それは、俺が自分の気持ちや感情をストレートに伝えるのが得意じゃなくて、ちょっとひねくれているから。でもこの曲は、がんばって暗いまま暗い曲を書きました(笑)。

ーそういうことだったんですね(笑)。次の曲『僕を撃て』を聴いた時、この『盗人』で前半が終わり、『僕を撃て』から後半戦が始まるなと感じました

水野: 一番聴いてほしい部分を聴いてもらうために、曲順はすごく考えました。『盗人』を真ん中に置いた意味が伝わって良かったです。

ーそして後半戦最初の曲『僕を撃て』ですが、思考を消し去りたいという願望があるのかなと

水野: 実はこの曲、再録なんです。10年ぐらい前に作った曲で、今となっては俺もどうしてこの曲を書いたのか覚えていないんですよ(笑)。その当時と今とではギタリストが1人違うんですが、ただ現ギタリスト岩原洋平のギターを聴かせたかったから入れました。昔の音源を知っている人に、今のビレッジマンズストアはこんなにすごいんだぞという違いを見せたかったんです(笑)。

ーなるほど。今のビレッジで10年前の曲を演奏すると、すごくカッコいいんだぞというのを見せたかったと

水野: そうです。単純に好きな曲だし、その好きな曲を俺の好きなギタリストに弾いてほしかったんですよね。

ーそのような曲も入りつつ、6曲目『帰れないふたり』の雰囲気は作品の中でいいアクセントになっています

水野: 東京から帰る車の中で、ごにょごにょ口ずさんでいるうちに最初のフレーズが出来て、その流れで出来ちゃった曲です。俺の「バンド大好き、メンバー大好き、音楽大好き」という気持ちを全部詞に込めたんですが、メンバーにもあまり伝わらなくて(笑)。でも、俺はそういう気持ちで書きました。

ー(笑)。自分が良ければOKなんじゃないでしょうか。そして、最後の曲『PINK』はパンクっぽくてビレッジマンズストアの新境地を感じました

水野: ですよね。この曲が一番俺たちっぽくないと思います。そもそもこういう曲を完成させられると思っていなかった。このミニアルバムを作ろうと思った時、2ビートの曲はいくつも出てはきたんですが、全部上手くいかなくて。俺たちには向いてないんじゃないかと思っていたんですが、最後の方にすっとこの曲が出来たんですよ。

ータイトルの『PINK』にはネオンのピンクと他の意味もありそうですね

水野: 俺らは赤いスーツを着ていて、気持ちの面でも真っ赤なんですが、この年齢になって薄まってしまった。その色が嫌いだったんです。ピンク色は肉の色で、自分がすごく生々しい人間になってしまったんじゃないか。真っ直ぐ突き進むのではなく、いやらしい人間になってしまったんじゃないかと。でも、冷静に考えたら、優しい色になったんだなと思うようになりました。

ー赤が薄まってピンクになったという意味なんですね。それは、イコール大人になったということだと思います。実はこの曲を聴いて、ちょっとTHE BLUE HEARTSを思い出したんですよ

水野: すごくうれしいです。俺はTHE BLUE HEARTSが大好きなんですよ。THE BLUE HEARTSも抽象的に優しいことを言ってくれるので、この曲にはそういうところがあるのかもしれないですね。これからはきっと『PINK』のような曲も出来ると思います。

ー今後のビレッジマンズストアが楽しみですね。そして今作のツアーが、リリース日の11月9日(水)からスタートします。名古屋は11月14日(月)にSPADE BOXにて行われますが、やっぱり2017年1月28日(土)にDIAMOND HALLでのツアーファイナルワンマンは見逃せません

水野: 名古屋の全バンドマンに対して、「いいだろ」って言いたいからDIAMOND HALLにしました(笑)。ここに決めた時は周りからいろいろと言われましたが、既に大丈夫だという気がしています。たくさんの人が応援してくれるし、俺たちなら絶対にできると思っています。

ーすごく楽しみにしています。では最後に、『正しい夜明け』を買って聴いてくれる、そしてライブへ来てくれるファンのみなさんへ向けてメッセージをお願いします

水野: 今まで聴いてくれていた人を新しく楽しませる作品だと思うし、初めて聴いた人にとっては俺たちの全てがちゃんと伝わる内容になっていると思います。ぜひ聴いて1月28日(土)は、名古屋の全人口を合わせてもちょっとスペースが余るぐらい広いライブハウスでワンマンをやるので(笑)、みんな応援しにきてほしいなと思います。最高の瞬間をたくさんの人と共有できたら、それ以上の幸せはないと思うので。よろしくお願いします!

ビレッジマンズストア "WENDY" (Official Music Video)

■リリース情報

『正しい夜明け』
3rd Mini Album
2016.11.9発売
1759円(+tax)

■LIVE情報
ビレッジマンズストア『正しい夜明け』Release Party

11月09日(水) 千葉 千葉LOOK
11月14日(月) 愛知 新栄SPADE BOX
11月18日(金) 群馬 高崎club FLEEZ
11月19日(土) 新潟 CLUB RIVERST
11月23日(水祝) 香川 高松DIME
11月24日(木) 岡山 CRAZY MAMA 2nd Room
11月26日(土) 福岡 graf
12月01日(木) 北海道 札幌Spiritual Lounge
12月02日(金) 北海道 札幌Spiritual Lounge
12月06日(火) 静岡 浜松メスカリンドライブ
12月11日(日) 三重 四日市CHAOS
12月12日(月) 兵庫 神戸 太陽と虎
12月16日(金) 宮城 仙台Flying Son
12月17日(土) 岩手 盛岡the five morioka
12月18日(日) 秋田 CLUB SWINDLE

ビレッジマンズストア『正しい夜明け』リリースツアー ONE MAN LIVE

01月13日(金) 大阪 十三FANDANGO
01月21日(土) 東京 TSUTAYA O-Crest
01月28日(土) 愛知 名古屋DIAMOND HALL

■オフィシャルHP
http://villagemansstore.com/

■プロフィール
切れ味鋭い轟音ロックンロールを響かせる、真っ赤なスーツの5人組。2003年名古屋にて結成し、2013年に現在のメンバーに。フロアに少しでも隙間を見つければ自ら飛び込み、2本足で立てるスペースさえあれば高いところもお立ち台。空間全体をステージに変える破天荒なライブで全国各地を席巻中。2012年10月に1stミニアルバム『亡霊よ、爆発しろ』、2014年5月には2ndミニアルバム『刃の上を君と行く』をリリース、同年9月のツアーファイナル名古屋E.L.L.公演は350人の動員を記録。2015年はフェスやサーキットイベントに精力的に出演し、各会場で入場規制となった。2016年1月のミソフェス2016では満員のダイアモンドホールを一瞬で魅了。そして11月9日、2年半ぶりとなる3rdミニアルバム『正しい夜明け』をリリース。

  •  
  •  

< INTERVIEW 一覧へ戻る

他のインタビューを読む

▲トップへ戻る