1. HOME
  2. INTERVIEW
  3. 久しぶりのアルバム『にゅ〜うぇいぶ』でも相変わらずだったキュウソネコカミ

INTERVIEW 旬のアーティストインタビュー

2017.12.7

久しぶりのアルバム『にゅ〜うぇいぶ』でも相変わらずだったキュウソネコカミ

「何がキュウソネコカミなのかにもう一回戻るんじゃないですかね(ヨコタシンノスケ)」

12月6日にフルアルバム『にゅ〜うぇいぶ』をリリースするキュウソネコカミ。フルアルバムは約2年振りという事実にちょっと驚きながらも、相変わらずな内容に「これがキュウソだよね」となる今作も期待を裏切らない仕上がり。ノリもマジメも引っくるめて、くだらないことに全力を注ぎ込むことを楽しめる彼らだから作れる曲が収録された今作について、ヤマサキセイヤ(Vo/Gt)とヨコタシンノスケ(Key/Vo)の二人に話を訊いた。

取材・文 坪井

ー12月6日にアルバム『にゅ〜うぇいぶ』をリリースされますが、フルアルバムは約2年ぶりになるんですね

ヨコタシンノスケ(Key/Vo):そうなんですよ。引っ張りました。

ヤマサキセイヤ(Vo/Gt):こんだけガンガン出すご時世の中、2年空けた俺らはなかなか勇気ありますよね(笑)。

ーしかも、配信含めるとシングルが4曲も入っています

ヨコタ:まさかこんなにシングルを出すバンドになるとは、僕らも思ってなかったですから(笑)。

ヤマサキ:シングルって表に出るのが1曲だから、1曲勝負みたいなところがあると思うんですよ。だから、2年アルバムを出していないと、お客さんはシングルで今のキュウソのモードを感じるんやなと。アルバムやったら入ってる曲で総じて“キュウソっぽい”となるんですけど、シングルは俺たちが好きなことをやってても、お客さんは「今回はちょっと違うね」とか「めっちゃカッコいいやん」ってグラグラすることに、この2年間で気付きました。今はライブに来ていない層の発言もみんなに届くので、表に出る曲ってほんま大事やなと。俺らのライブに来てる人はキュウソを分かってくれているけど、来てない人たちは毎回イメージが変わるんやなと思いましたね。

ーそのアルバムをきっちり聴かせていただきましたが、率直な感想で“キュウソらしいな”と思いました

ヨコタ:うれしいです。アルバムが“らしく”なかったらダメやから。

ヤマサキ:それでいいんです。これで変わったとか言われたら、マジで何を聴いてんねんってなりますよ(笑)。

ー確かに(笑)。ちなみに、前回のインタビューで「曲ができたらライブで試して、お客さんの反応を見て変えていく」とおっしゃっていましたが、今作にその流れで完成した曲は入っています?

ヨコタ:今作はライブで演奏していない曲の方が多いと思います。

ヤマサキ:ただ『俺は地球』だけはライブでやりまくりましたね。あまりにも定まらなくて、ほんまケンカになるんちゃうんかぐらい(笑)。

ヨコタ:やっと定まったので今回入っています。

ーかなり難産だったんですね。個人的に『冬幻狂』に聴き覚えがあるんですが、ライブで披露されていましたよね

ヨコタ:この曲は前回のツアーで「新曲です」と言ってやった記憶がありますね。

ヤマサキ:これは完成度が高いんで、アドリブ以外は何もイジってないです。

ーライブに行っているファンは「この曲聴いたことある」となりそうですね。そんな中、1曲目『5RATS』は新曲です。タイトルはもちろん歌詞の内容からもキュウソのテーマソングだなと思うんですが、どうしてこのタイミングでこのような曲を作られたんですか?

ヤマサキ:アルバムを出していない2年の間に若手が出て来て頑張ってるんですよ。ちょっと下の世代が、武道館や大阪城ホールや神戸ワールド記念ホールでライブをしてる中、キュウソにはそういう成し遂げたものがなくて。俺たちは、そういうバンド達の「ここに向かっていくので、みんな俺たちについて来いよ!」じゃなく、ひとつひとつのライブを全力でやってメッセージは出さない感じでやっているので、2年で離されたバンドがいっぱいいて(笑)。だから、ここからまた頑張らないとなという気持ちがすごく芽生えて、一曲目で意思表明しておこうと。

ヨコタ:僕らって節目がないんですよね。『5RATS』のような曲って節目に作るものだと思うんですよ。周年とか、それこそ武道館でやるためにだとか。今そういうタイミングではないので、テーマだけ決まっている中、どんな歌詞になるんだろうと思っていたら、やっぱり節目がない歌詞になったなと。今のキュウソって、もやもや期だと思うんですよ。一回ピークがきて、今からどういう道を選ぶのか、どこを気にしてどこを気にしないのかというのをメンバーもスタッフも考えていたと思うんです。そのもやもや感ははっきりしないけど、ライブをやっていこう、曲を作っていこうという雰囲気の歌詞だなと思いました。どうするかは分からないけど、やろうみたいな。

ー基本的には意気込みを歌っていると思いますが、<どこまで俺ら行ける>からの歌詞にはその雰囲気を感じます

ヨコタ:この部分が一番なるほどと思いましたね。俺らっぽいメッセージ性も一番あるんじゃないかなと思います。

ーメッセージ性という部分で『メンヘラちゃん』はある意味強い曲だなと。そもそもこのワードはOKなんですかね?

ヤマサキ:アウトでしょ(笑)。

ヨコタ:ワードに引っ掛かる人も多いだろうからって言われたけど、結構俺ら的にはそこを超えてみんなこの曲が好きだったという。この曲にキュウソらしさが詰まっているとみんな思っていたから、もやもやしている時期のキュウソをこの曲で一発スカッとしたかったのはありますね。

ヤマサキ:この曲はキュウソの濃度が高いですよね。タイアップも何も気にしいないマジのキュウソみたいな。音楽面でもやりたいことをやってるし、世間体を気にしすぎず歌っていて、ギリギリの線、いわゆる“キュウソライン”を突いているので。僕はあまり人を傷つけない歌詞を書きたいので、実体験とあるあるをギリギリで入れて、最終的に直した方がいいなという方向へいく歌詞を目指しました。

ヨコタ:みんなが思っているキュウソのイメージって、これぐらいしないと伝わらないんじゃないかというのはありますね。今の時代は何となく過激な方が強くなってる気がするので、俺たちも表に出す曲はそっちへ寄せないと分かってもらえないんじゃないかなと。アルバム全体を聴いてもらえれば、こいつらに人を攻撃する気は全くないことが分かると思うんです。でも入り口はそっちじゃなくて、ちょっと悪そうとか本当に大丈夫?みたいなものじゃないと、アルバムは聴かれないと思うんですよ。だから『メンヘラちゃん』で良かったと思います。

ーなるほど。確かにワードが気になって入ってくる人が結構いそうです。それで言うと、次の曲『TOSHI-LOWさん』もすごく気になるタイトルですよね。ご本人からちゃんと許可をもらって作ったんですか?

ヤマサキ:許可を得たというか、依頼されたので作りました。TOSHI-LOWさんから「細美の曲があるらしいな。アイツたけずるいじゃねえか。俺の曲も作ってくれよ」と言われて、「はい」と(笑)。

ヨコタ:最初は冗談だと思ったんですけど、だんだん冗談じゃなくて本当に作った方がいいのかなとなって(笑)。

ヤマサキ:でも、最終的に冗談を実現したのは僕らでしたね。たぶんスルーすることもできたんですけど、去年お会いした時に「キュウソ側のフェスに出てください」とお願いしたら、その約束を守ってくれて。だから「曲を作れ」と言われたのもここで果たせばいいと思って、BRAHMANが出てくれた僕らのフェスで初披露しました。

ーということは、TOSHI-LOWさんはその時に初めて歌詞の内容を知ったということですか?

ヤマサキ:そうです。TOSHI-LOWさんの目の前で初披露しました。袖で親指立てて「いいね」みたいな反応でしたね。

ヨコタ:決して好き勝手やったわけではないという(笑)。一方的にTOSHI-LOWさんをイジったのではなくて、全部バックヤードですがちゃんと話をしています。

ヤマサキ:インタビューを全く読んでいない人は、「うわっ、キュウソがTOSHI-LOWさんのことをイジってるやん」って思うかもしれないけど、それはちゃうでと(笑)。

ー(笑)。サウンドもシタールっぽい音が入っていて、BRAHMANを意識していますよね

ヤマサキ:シタールっぽい音を入れれば、BRAHMANの感じが出るかなみたいな。完全にイメージだけです(笑)。

ー間違っていないと思います(笑)。その流れで聴ける次の曲『☆断捨離☆』はゴリゴリした感じの曲ですね

ヤマサキ:素人でも作れるメロディと曲調で、ほんまに大学の時に作ったんじゃないかというテンションですね。楽器好きが集まって、ガレージで爆音を鳴らして、思ったことを叫んでるみたいな。

ヨコタ:それだけ、みたいな曲です。

ー全部捨てて最終的に何も無くなるというのは、ちょっとしたホラーです

ヤマサキ:ちょっと怖い側面はありますね。勢いづいて人間関係も全部捨ててしまうんですよ。たぶん<ときめき無い物さよなら>の時点で、恋人も捨ててるんでしょうね(笑)。深読みしたらだんだん怖くなる。だから、タイトルの星もだんだん怖くなるんですよ。完全に『幽☆遊☆白書』の影響ですけど(笑)。これを発表した時、みんな「はぁ?」って言ってましたから(笑)。

ヨコタ:僕らは発表するまでタイトルを知らないんですよ。ずっと仮タイトルなので。でもその方が楽しみがあっていいですけどね。「あ、こういう歌なんや」とそこで初めて知るみたいな。次の曲『自由恋愛の果てに』が完全にそれですね。最初は全く違うタイトルでしたから。

ヤマサキ:『フィクション』でしたね。

ヨコタ:しかもその『フィクション』に全然慣れないままレコーディングをしたんで、何なんやろこの曲と思ってて。そうしたら『自由恋愛の果てに』って言うから、“果てに”って(笑)。でもタイトル感はありますよね。

ーその感じ分かります。曲は結構ポップですよね

ヨコタ:この曲がアルバムの中で一番ポップですね。唯一前のアルバムの名残があって、前作に入っていてもおかしくないテイストです。

ーヤマサキさんの近くにこんな感じの女性がいたんですか?

ヤマサキ:友達にこういう女の人がいて、話を聞いて幸せって何なんやろうなと思ってできた曲です。男の人に迷惑をかけずに都合のいい時だけ尽くす人のことを書いて、そういうテイストの曲にしたんですけど、そもそも僕はあまり恋愛のことを書くのが得意じゃないんですよね。

ヨコタ:恋愛系の曲を書いても、目を覚ませ的な歌が多いですよね。恋愛系の曲は応援したり美化して楽しい思い出だったみたいな感じが多いけど、セイヤはだいたい目を覚ませという歌ですね。

ーそこがキュウソらしさに繋がっていると思います。恋愛というより不倫の歌だと思う次の曲『ギラギラおじさん』は、いい感じに昭和の歌謡曲に仕上がっていますね

ヨコタ:この曲はアルバムならでは感じですよね。

ヤマサキ:「嘘やろ?」っていう始まり方ですよね(笑)。

ー確かに(笑)。この曲のアイデアはどこから生まれたんですか?

ヤマサキ:ギラギラおじさんは性欲のままに自由に生きてる人なので、僕の中で不倫の曲が多いイメージのある歌謡曲の感じにしました。歌詞の内容は不倫を匂わせていますが、リアルタイムではなく昭和な感じです。

ー確かに、箱根、熱海、ハワイ、小樽の並びに昭和を感じます

ヤマサキ:今の不倫カップルはその辺に行かないでしょ。昭和感を出すために、あえてその土地を出しました。

ーそれに、ちゃんと歌謡曲っぽく歌っていますよね

ヤマサキ:ほんま、そこはモノマネの域ですよ(笑)。

ー(笑)。この曲の聴きどころでもあると思うんですけど、鍵盤の音がすごくキレイで

ヤマサキ:これはピアノを使ったんやな。

ヨコタ:せっかくだから、アルバムではピアノを使おうかなと。そこに意味はなく、一番しょうもない曲でピアノを入れようとだけ決めていて。それがこの曲だったという(笑)。そもそも無駄なことに力を入れるのが好きなんですよね。単純に楽しいので。

ーある意味、完成度が高いですよね。次の曲『冬幻狂』はヤマサキさんが先ほど完成度が高いとおっしゃっていましたが、キュウソにしては珍しく正統派ロック曲ですよね

ヤマサキ:この曲は、フォーリミになりたくて作ったんですよ(笑)。

ヨコタ:完全にフォーリミ意識ですね。

ヤマサキ:俺たちは流行っているバンドをやりたい気持ちがすごくあるんですよ。自分たちの色をずっと守り続けるのも大事ですけど、それを守り過ぎたら古臭くなると思うんですよね。だから、流行ってる音楽をちゃんとリサーチして、自分たちの色で出せるようにしてるつもりです。

ヨコタ:よくライブで人の曲をコピーしたりするんですけど、僕らは元々軽音楽部のコピバン上がりで、いろんなコピバンをしていた人たちが集まっているバンドだから、そもそも人の曲をコピーするのが好きなんですよね。「○○風で」とセイヤから言われた時に、みんなめちゃくちゃ頑張る。そっちの方がオリジナリティを出してやろうとなって楽しいんですよね。だから、フォーリミ風にしても結局歌詞も音も絶対にフォーリミにはならない。実はキュウソって器用なんかなと思います。

ヤマサキ:そういう感じで4、5年やってるよね。初めはthe telephonesとかやってたもんな。

ヨコタ:原型が全くない曲もめっちゃあります。でも、発端は間違いなくそこからなんですよね。

ヤマサキ:『TaiFu is coming to Town』は絶対に分からないと思いますね。アレンジで完全に曲の雰囲気が変わりましたから。

ーちなみに、原型はどのアーティストさん風だったんですか?

ヤマサキ:THEE MICHELLE GUN ELEPHANTのつもりで作りました(笑)。

ーその感じが全くないじゃないですか!(笑)

ヤマサキ:なぜそういう曲を作ったかというと、夏フェスで観たThe Birthdayがめっちゃカッコ良くて、チバさんのバンドを掘ってTHEE MICHELLE GUN ELEPHANTやROSSOとかを全部聴いたんですよ。そこから、そのテイストを自分の曲でもやりたいとなったんですけど、ウチは5人だしキーボードがいるからキュウソになりました(笑)。

ー結果、キュウソらしくなったと(笑)。それにしても、台風のことを歌うのは斬新ですよね

ヤマサキ:台風ってネガティブなイメージがあるので、僕らの中でも歌詞に気を付けてなという空気があって。特にドラム(ソゴウタイスケ)が厳しいんですよ。「これはちょっと言い過ぎちゃうん?」とか言います。

ヨコタ:ドラムによる監査が入るんですよ。「インディーズやったらいいけど、これはちょっとダメやな」って(笑)。

ーソゴウさんはコンプライアンス担当なんですね。最初子どもで次に大人という歌詞の流れになっていますが、暴風域の部分は音で暴風な感じを出していて結構好きです。実際に台風の目に入るとこんな感じなんですか?

ヤマサキ:本当に台風の目に入ったらこうなるんですよ。僕は見たことあって、吹き荒れてたのに突然ほんまに無風でぱっと明るくなって、青空がサヨナラしていくんですよ。そしてまたドーンってなる。その感を出してほしいと無茶振りしたので、俺以外のメンバーがすごく悩んで(笑)。

ヨコタ:みんな暴風域を音楽で表現したいと頑張りましたね。上手いこと出来たと思ったんですけど、ライブでどうやるんだろうなって感じですね。

ー再現は難しそうですね。そして台風からの次の曲『俺は地球』は、最初におっしゃっていましたが、一番変わった曲。どれぐらい変わったんですか?

ヤマサキ: 8パターンぐらいやったかな。いっぱいです(笑)。10ヶ月ぐらいやり続けたよね。

ヨコタ:ツアー中に変えていたので、ツアーを何回か観た人は毎回違う『俺は地球』を聴いてるという(笑)。原型がちゃんとあるのはサビぐらいちゃうかな。

ヤマサキ:<同じ音楽で踊れたのなら>からの部分が前サビやったんですよ。でも、他の人の曲とちょっと雰囲気が似てるなと感じてきて、これを大サビにしようとなって、サビの全替えから始まり、リズムの全替え、頭のリフ替えと…。

ーそうなるとほぼ別の曲ですよね

ヤマサキ:だからこれを聴いた人たちは、こんなんやったかなってなるだろうけど、それを超えるぐらいこれが一番いいです。完成してると思う。

ヨコタ:確かに良くなりましたね。

ー歌詞は結構真っ当なことを言っていますよね

ヤマサキ:平和を願う曲です。僕が平和を言い出したら「おいおい」となると思うんですよ。でも僕は平和を願っています。そうなった時に地球になれば言える。それがスタートです。地球が言ってるぞみたいな。俺個人としては言ってへん、地球が平和を望んでいますよと。

ー地球に代弁してもらっているわけですね。そして『サクランボウイ』ですが、この曲こそキュウソっぽいですよね

ヤマサキ:この曲が俺たちっぽいと言われるから、俺たちはいつまでも童貞だと思われているんですよ。ヨコタは結婚しとるし、そんなわけないやろと。なんか俺たちってずっとイケてない感が拭えなくて。ただ、この曲は作りたくて作ったわけじゃないということだけ言っときます。

ー何かがあって作ったということですか?

ヤマサキ:そうなんですよ。タイアップの話があって作り始めたんですけど、それが無くなり、でも作り始めてたので捨てずに今回入れちゃおうと。

ヨコタ:メンバーみんな好きだったので入れられて良かったです。

ーそして『わかってんだよ』が引き締めて終わる今作『にゅ〜うぇいぶ』ですが、かなりユルいタイトル名にしたのはどうしてですか?

ヤマサキ:今までのフルアルバムには全部漢字が入っていて、ちょっとひねっていて考えさせられるようなタイトルでした。今回もそれやと重すぎるかなと(笑)。そもそもタイトル候補で最終まで残っていたのが“反骨青春”だったんですよ。それやと胸焼けするし、1曲目が『5RATS』だからめっちゃ重いし、さらにそこから10曲以上聴くのはハードやなと気付いて、それを避ようと出てきたのが抜け感のある“にゅ〜うぇいぶ”という言葉で。その時に、カタカナでも英語でもなく、ひらがなでいくことによって、さらに肩の力が抜けてることを表現できるんじゃないかと。そういう感じで付けました。

ヨコタ:またキュウソはバカな曲を出したなと聴いてくれる方が合ってるアルバムだなと思っていたので、ひらがなのタイトルが出た時にすごくいいなと思いました。確かにそういう感じやわと。

ヤマサキ:納得していないメンバーもいましたけどね(笑)。

ヨコタ:しばらく納得していないメンバーもいました。30歳で童貞に見られたくないとか、アホに見られたくないとかはさておき、考え方としてどう見られている方が聴きやすいか、何がキュウソネコカミなのかにもう一回戻るんじゃないですかね。そういう時にこっちで良かったなと。意味がありそうでなさそうだし、浅そうに見えて深さそうだけど、浅いみたいな(笑)。あまり考えてないんでしょっていう感じ。いいタイトルですね。

ー今その感じがキュウソにとってちょうどいいんですね

ヨコタ:ちょうどいい時期みたいな。アルバムを作るのは楽しいですね。何をやってもいいと思ってるし、クセが強くてなんぼ。何やっても『わかってんだよ』が最後に締めてくれるのは、自分たちの信じてることでもあるので、いい感じで作れて良かったです。

ーそして、現在もツアー中ですが来年の3月にはワンマンがあります

ヨコタ:今やってるツアーが終わって、1ヶ月後にはもうワンマンが始まるんですよ。名古屋はZeppです。どうなるんやろ。

ヤマサキ:最近はワンマンでもちゃんと曲をやるようになってきたな。今までは出し物で補完してきたけど、時間がもったいないぐらいやりたい曲が増えてきた。

ヨコタ:アルバムも出た後なので、より曲が増えてるからね。

ー楽しみにしています!では最後に、このアルバムを手に取ってくれるファンへ向けてメッセージをお願いします

ヨコタ:キュウソネコカミのことを知ってた人も知らない人も、昔知ってた人も今知ってる人もいろんな人が聴いて腑に落ちるアルバムな気がするので、とりあえず一回全部聴いて、今のキュウソネコカミの環境を楽しそうやなと思ってほしいですね。逆境もあるんですけど、そういうところも含めて全部みんなで楽しんでいこうぜ、やっていこうぜという感じになってるので、楽しそうな雰囲気を掴んでライブに来てほしいなと思います。

ヤマサキ:次回作にご期待ください。

ヨコタ:出したばっかりやのに?次はシングルじゃないものを出したいですね。

キュウソネコカミ『メンヘラちゃん』Music Video(GYAO!)
https://gyao.yahoo.co.jp

■リリース情報

『にゅ〜うぇいぶ』
4th Full Album
2017.12.6 発売
初回限定盤(CD+DVD) 3,500円(+tax)
通常盤(CD) 2,800円(+tax)

■LIVE情報
ツアー『DMCC REAL ONEMAN TOUR2018 –Despair Makes Cowards Courageous-』
2018年
3月02日(金) 北海道札幌Zepp Sapporo
3月04日(日) 宮城仙台 PIT
3月08日(木) 福岡 DRUM LOGOS
3月10日(土) 熊本 B.9 V-1
3月11日(日) 鹿児島 CAPARVO HALL
3月17日(土) 富山 MAIRO
3月21日(水祝) 広島 BLUELIVE HIROSHIMA
3月24日(土) 香川高松festhalle
3月29日(木) 愛知名古屋Zepp Nagoya
4月05日(木) 東京新木場 STUDIO COAST
4月06日(金) 東京都台場Zepp Diver City
4月14日(土) 兵庫神戸ワールド記念ホール
4月21日(土) 台湾台北 WALL

■オフィシャルWEB
http://kyusonekokami.com

■プロフィール
2009年12月、大学の軽音楽部内で就職活動に敗れた者達を中心に兵庫県西宮で結成。ヤマサキセイヤ(Vo/Gt)、オカザワカズマ(Gt)、カワクボタクロウ(Ba)、ヨコタシンノスケ(Key/Vo)、ソゴウタイスケ(Dr)による5人組バンド。2012年3月に1stフルアルバム『10代で出したかった』、12月に2ndフルアルバム『大事なお知らせ』、2013年10月に1stミニアルバム『ウィーアーインディーズバンド!!』を発表する。そして、2014年4月1日、ビクターに入団。6月に2ndミニアルバム『チェンジ ザ ワールド』をリリース。2014年に出演したフェスやイベントでは、入場規制がかかるなど注目度の高さを証明し、メジャーにフィールドを移したあとも精力的に活動している。2015年は1月にミニアルバム、7月にシングル、そして10月にフルアルバム『人生はまだまだ続く』をリリース。2016年にシングル2枚、2017年は配信シングル含め2枚のシングルと初のライブアルバムをリリース。そして、12月6日に待望のフルアルバム『にゅ〜うぇいぶ』をリリース。

  •  
  •  

< INTERVIEW 一覧へ戻る

他のインタビューを読む

▲トップへ戻る