1. HOME
  2. INTERVIEW
  3. uchuu,が『KEEP ON』に込めた思いとは

INTERVIEW 旬のアーティストインタビュー

2017.9.28

uchuu,が『KEEP ON』に込めた思いとは

「いい音楽をしっかり作って後の世代に残したい(K)」

9月6日にリリースされたE.P.『KEEP ON』は、それぞれ違うテイストの5曲が収録されている。リード曲『Keep on living my music,』を作るために今作を作ったと言ってもいいと語るK(Vo/Gt/Pf/Pr)が『KEEP ON』に込めた思いとは。本人に話を訊いた。

取材・文 坪井

ー約1年2ヶ月ぶりとなる作品『KEEP ON』には5曲収録されていますが、全てサウンドの雰囲気が違いますね

K(Vo/Gt/Pf/Pr):いろいろなジャンル感の音楽を一曲ずつ入れたいなというのはありました。ジャンルという言い方が正しいかは分かりませんが、僕らの持っているアプローチから作れる楽曲を5パターン入れたいなと。

ー今作に収録されている曲はいつ頃から作り始めたんですか?

K:アルバム『+1』のツアーが終わる頃に作り始めたので、昨年秋ぐらいからですね。ちなみに、最初にできたのは『Keep on living in my music,』です。

ーこの曲は、BOOM BOOM SATELLITESを思わせるロックなダンスミュージックに仕上がっていますよね

K:この曲を作るために今作を作ったと言ってもいいぐらいで、昨年川島さんが亡くなってしまいましたが、僕の大好きなBOOM BOOM SATELLITESのお二人に聴いてほしいというか、届くんじゃないかと勝手に思って作り始めました。結果、完成までにすごく長い時間が掛かっちゃって(笑)。それだけに、今作はこの曲をベースに他の曲を作っています。

ーある意味、使命感に駆られて曲を作られたんですね

K:川島さんだけじゃなくて、2年前にminus(ー)の森岡さんも亡くなられましたし、海外のアーティストも含め「僕の青春がどんどんいなくなっていく」と思ったら勝手に使命感が生まれたのはありましたね。いい音楽をしっかり作って後の世代に残したい。自分が死んでも残る音楽を作らなあかんなというのがありました。

ーそれだけに、『Keep on living in my music,』は今作の軸になりますね。その曲を含めた前半2曲と、3曲目の『未来都市』からは曲の雰囲気が変わります

K:『未来都市』に関しては、ライブで割とやりながら作っていった感じはあります。その都度最善の音楽を作ってライブに持っていき、お客さんのリアクションからこうじゃないなとか(笑)。だから、ライブに来てくれるお客さんたちと一緒に作った曲とも言えます。

ーこの曲にはおもちゃの行進曲のような印象もありますが、どのような世界観をイメージされました?

K:RPGのような楽曲にしたいなというのがあったので、行進するようなティンパニーやファンファーレのようなホーンを入れて、その世界観を作りました。

ーここで書かれているRPGとは人生を表していると思うんですが、歌詞に込めた思いを教えてください

K:自分の人生なのでそれぞれが主人公でいてほしいし、友達や周りの人たちが主人公だった時の自分も見てほしいなと。今は自分が主人公やけど、この場面では脇役やというのはそれぞれであると思うんです。それって、その人が存在していなかったらなし得ないですよね。人間関係や友達関係、学校やったらクラスといったところに自分を当てはめて聴いてもらえたらいいなと思って書きました。

ーなるほど。その『未来都市』とは違った雰囲気の『am2:35』は個人的に好きです。日常っていう普通の感じがいいですね

K:普遍性や変わらないものがテーマなので、普通でいいんです。普通って人によって違うじゃないですか。これは僕の中での日常であり、僕にとってのam2:35なんです。それを違う人が普通と言ってくれるのはうれしいですね。

ーありがとうございます。ちょっと共感するところもあって。Kさんがリアルにこの時間に書いた詞なんだろうなと

K:そうです。本当にこの時間に書きました。

ー深夜から明け方の雰囲気とメロウなサウンドがマッチしていますよね

K:僕は耳触りをずっと大事にしていて、空気感を漠然と表現するのではなく、しっかりサウンドで表現することをずっとやっています。それを感じてもらえたのはうれしいですね。

ー最後、終わったのかな?というぐらいの間が空いてから5:55が訪れる構成も好きな空気感です

K:何気なく終わって過ぎていく時間なので、気付いたらその時間になっていたというのを表現したくて。だから、一旦終わるような構成にしました。

ー余韻もまたいいんですよね。そして、最後の曲『TimeLINE』に関しては、1stミニアルバム『Weltraum;Gate』に収録されていた楽曲を再構築されたんですよね。なぜ、今回それをやられたんですか?

K:今回の『KEEP ON』から4人編成になったので、今のuchuu,のメンバーで当時の楽曲を表現したいなというところからですね。人が変われば伝え方も変わるので、今のメンバーで『TimeLINE』を伝えるならこうでしょというのが割とスムーズに出て来て、すごく短い期間で出来ました。

ーDrum’n’ Bassな仕上がりになっていますが、これはメンバー全員一致で決まったんですか?

K:シーケンスのHiroshiはガッツリDrum’n’ Bass好きで、Sujinはテクノとかハウス、ドラム(Airi)はバンドサウンドが好きで、僕は何でも聴くみたいな(笑)。みんなバックグラウンドが違うんですけど、メンバーの好きな音楽に対して敬意はあるので、スムーズに出来ました。

ー今回のような再アレンジは今後もやっていきたいです?

K:『TimeLINE』は作ってからちょうど5年経っているので、5年後にまたやれたらいいですね。その時『TimeLINE』をもう一回作りたいと思っていなければ、成長していないということですから。発表するかは別ですが(笑)。

ーそれは楽しみですね。今回『KEEP ON』というタイトルですが、直訳すると「進み続ける」という意味です。タイトルの込められた思いを教えてください

K:先人たちが持っていたスピリットを伝えなければという使命感や、自分たちもやり続けなければいけないという決意表明であり、楽曲はずっと生き続けて受け継がれていってほしいなという意味で、『KEEP ON』というタイトルにしました。

ー自分たちがいい音楽を受け継いでいくんだという思いが込められているんですね。その思いを体感できるツアーがスタートします。どんなツアーにしたいですか?

K:『KEEP ON』を聴いて、この曲が好きやねんという曲が1曲ある状態で足を運んでくれる人が多かったらいいなと思います。次の日の朝起きた時、昨日は良かったなと余韻を感じてもらえるようなカッコいいライブをしたいですね。

ーまずは今作を聴き込んでほしいということですね

K:そうですね。あまり好きじゃないなという曲があってもいいけど、すごく好きな曲が一曲あったらうれしいですね。

ーでは最後に、ツアーに来てくれるファンへメッセージをお願いします

K:さっきも言いましたけど、僕らの中でのテイストの違う5曲を作ったので、この中で好きな曲がひとつもなかったら今後考えなあかんなと(笑)。それぐらい自信があるし、絶対に響く曲が一曲はあると思うので、CDを聴いてそれぞれ好きな一曲を見つけてライブに足を運んでもらえたら、必ずあなたの人生を豊かにします。

uchuu, 『LET IT DIE』 at DMM VR THEATER YOKOHAMA (2017.06.04「未来都市-mirai city-the3"r"d」)

■リリース情報

『KEEP ON』
E.P.
2017.9.6 発売
初回限定盤(CD+DVD) 2,160円(tax in)
通常盤(CD) 1,500円(tax in)

■LIVE情報
uchuu, 1st e.p. release tour 2017“KEEP ON”
09月15日(金) 愛知 APOLLO BASE
09月22日(金) 広島 SECOND CRUTCH
10月19日(木) 宮城 仙台MACANA
10月31日(火) 岡山 CRAZY MAMA 2nd room
11月01日(水) 福岡 graf
12月02日(土) 東京 UNIT
12月10日(日) 大阪 Music Club JANUS

■オフィシャルWEB
http://www.uchuu-sound.com

■プロフィール
大阪を拠点に活動するK(Vo/Gt/Pf/Pr)、Hiroshi(Seq,Per)、Airi(Dr)、sujin(Ba/Synth)の4人からなるバンド。ダイナミズム&エモーションを備えたロックミュージックをベースに、ダンスミュージックの本質を解き、身体揺さぶるグルーヴ感溢れるサウンドで注目を集める。これまでに3枚のミニアルバムをリリースし、その3部作完結となる『SI(G)N SEKAI』は、CG合成一切なしの3Dホログラムを使用したMVで話題に。2016年6月に1stフルアルバム『+1』をリリースし、その後行われたツアーも大成功を収める。そして、約1年2ヶ月ぶりとなる2017年9月6日、E.P.『KEEP ON』をリリースした。

  •  
  •  

< INTERVIEW 一覧へ戻る

他のインタビューを読む

▲トップへ戻る