1. トップ
  2. TRACKs×MID-FM LIVE写真展&弾き語りライブ Just A Hero #1 イベントレポート

TRACKs×MID-FM LIVE写真展&弾き語りライブ Just A Hero #1 イベントレポート

写真プレゼントの応募は1番下にあります

LIVE写真展&弾き語りライブレポート

6月1(金)~3日(日)の3日間に渡り、当サイト【TRACKs】と名古屋のアーティストを応援するラジオ局【MID-FM】とで、『LIVE写真展&弾き語りライブ』を栄の『spazio rita』にて開催した。当サイトがこれまでレポしてきた80を超えるライブの中から選び抜いた写真の展示だけでなく、夜にはこの機会にしか観られない貴重な組み合わせの弾き語りライブも開催。ここでは、その3日間の様子をお届け。

6月1日(金) 13:00
会場となった栄の『spazio rita』にて、ライブ写真を撮っていただいている2人のカメラマンと当サイトスタッフとで会場の準備を開始。壁にライブ写真を貼るだけでなく、奥にはプロジェクターにて写真を投影する演出も。3日間だけの特別な空間が完成したのはオープンちょっと前の17:00過ぎ。18:00からスタートした写真展には関係者も集まり、音楽を楽しみながら躍動感あふれる写真を楽しんでいた。

6月2日(土) 12:00
晴天のなか写真展が開場。ドリンクを片手にゆったりとした時間が流れる中でじっくり写真を眺める人、写真に囲まれながらカフェスペースでくつろぐ人など自由に写真展を楽しんでいた。その中には、今回の写真展を楽しみに遠方から訪れた人も。そして17:00を過ぎた頃、弾き語りライブ開場1時間前にも関わらず会場前には行列が。18:00、いよいよオープン。続々と人がなだれ込み、会場は満員となった。

同日 18:30
遂に弾き語りライブがスタート!トップバッターは地元名古屋のバンドT/ssueから曽根一朗。彼がギターを鳴らした瞬間から会場は曽根の心地良い歌声に包まれる。『Ao』『空中散歩』と続けて演奏すると、会場は彼の作り出す世界観に引き込まれていった。最後、「久々な曲をやろうと思います」と言って始まったのは柔らかく繊細な思いを乗せた『イノセント』。夜の空気にしっとり溶け込むような歌声で静かにステージを締めくくった。
 
■セットリスト
ー曽根一朗(T/ssue)

1. Ao
2. 空中散歩
3. many メリーゴーランド
4. 6X sense
5. イノセント

続いて登場したのは、松本明人(真空ホロウ)。時に力強く時に優しい。そんな歌声と演奏で感情や物語を表現する彼のパフォーマンスが、会場をライブハウスさながらの臨場感で包み込んだ。そして、ラストの『ラビットホール』ではマイクから離れアカペラで歌い上げる場面も。明るい表情から切なげな表情まで幅広く見せる松本の演奏は、終始オーディエンスの心を掴んで離さなかった。
 
■セットリスト
ー松本明人(真空ホロウ)
1. マイ・バスティーユ
2. ゲシュタルト
3. ジレンマ(cover)
4. おんなごころ
5. ラビットホール

普段は2人組ロックバンドFINLANDSとして活動している塩入冬湖。気だるくも愛らしい独特の歌声を特徴的なリズムに乗せて表現する。少し生意気で強気な女子の想いをありのままに歌う様子は、切なさと愛しさがぎゅっと詰め込まれたかのよう。昔の恋人との楽しい思い出を歌った軽やかな『ラブストーリー』、前を見ていこうとポジティブな思いを込めた『リピート』など優しく心地良いリズムの曲を披露。自然体ながらも胸を締め付けるような歌声が、訪れた全ての人を魅了した。
 
■セットリスト
ー塩入冬湖(FINLANDS)
1. 恋のままで
2. highland
3. ラブストーリー
4. オーバーナイト
5. リピート

弾き語りライブ1日目のラストは、コヤマヒデカズ(CIVILIAN)。強気で複雑なイントロから始まる『彗星』を弾きはじめると、ギター1本にも関わらずドラムやベースが聴こえてくるような錯覚に陥る。息を飲むような鋭い音を鳴らし続けるその姿に圧倒されるばかり。「作るのがずっと怖くて、でも逃げちゃダメだって作った曲」という『顔』では、ネガティブな感情を吐き出しつつも、感動的なまでのラストで会場を包み込んだ。顔を上げて会場を見渡すコヤマに大きな拍手を贈るお客さんたち。弾き語りライブ初日は大勢の笑顔とともに終了した。
 
■セットリスト
ーコヤマヒデカズ(CIVILIAN)
1. 彗星
2. 爽やかな逃走
3. メシア
4. 顔
(encore)
5. 花よ花よ

6月3日(日) 12:00
最終日も12時に開場。昨日の弾き語りライフの匂いが残るなか多くの人が訪れ、会場の様子を写真に収めていた。そして、18:30からは弾き語りライブが開催された。この日も、普段ならなかなか見られない組み合わせのアーティストが揃う。その演奏を一目見ようと、地元バンドも多く来場。この日しか観られないステージを心待ちにした人々で埋め尽くされた会場は、心地良い静けさに包まれていた。

同日 18:30
普段はバンドでの活動が多く、弾き語りはまだ2回目だという岡田尚也(RED DOG)のライブがスタート。緊張した面持ちで現れたが、歌い出すと湧きあがるような力強さを見せる。儚くも切ない想いを込めた『流れ星』に続き、『最後の花火』ではバンドとはひと味違うアコースティックならではの味わい深さを披露。熱い想いを連ねる歌声に自然と会場はあたたかい雰囲気に。「人生一度きりだから自分を信じていかなきゃ」と語る岡田。ひたむきで一生懸命な思いが、会場にいた人全員の胸を打った。
 
■セットリスト
ー岡田尚也(RED DOG)
1. 流れ星
2. 最後の花火
3. My Best Of My Life(cover)
4. 逢いたくて
5. 深呼吸

続いて登場したのは、1曲目から声を張り上げ、会場に衝撃を与えた幡野友暉(the unknown forecast)。大きく掻き鳴らすギターと深みのある歌声で、会場を独特な空気に染め上げる。3曲目には、聴き覚えのあるアイドルソング『ヘビーローテーション』を披露。そんな明るくポップな曲も、彼が演奏すると儚くも切ない想いを吐き出す曲になる。決して楽しい雰囲気ではないが、何故か耳を傾けていたくなる歌声を会場いっぱいに響かせた。
 
■セットリスト
ー幡野友暉(the unknown forecast)
1. はい、チーズ。
2. ウソングライター
3. ヘビーローテーション(cover)
4. 072-××××-××××(仮題)
5. ロックは死んだ(仮題)
6. I am music

そして、この3日間の最後を飾るのは、SpecialThanksのボーカルmisakiでもあるMICHÉL。会場を柔らかな雰囲気で包み込み、優しい歌声でオーディエンスの心をうっとりさせた。「どんな曲が良いですか」とお客さんにリクエストする場面や、「さん、はい!」とオーディエンスと共に声を揃える場面も多々あり、会場全体でライブを作り上げる。「写真を撮られるのは苦手なのですが、見るのは好きです。人がいいっていうからじゃなく自分がいいと思うものを今日は見つけて下さい」と写真展の魅力についても語り、和やかな雰囲気でライブを終えた。
 
■セットリスト
ーMICHÉL(SpecialThanks Vo&Gt misaki)
1. Thank you for coming
2. SUNNY CLUB
3. 新曲(タイトル未定)
4. 新曲(タイトル未定)
5. Look around you
6. getting on (冒頭のみ)
7. we go(1番のみ)
8. ハートライト
(encore)
9. feel your love
10. hour has come

「音楽が好き」という共通点を持つ人たちが集まったこの3日間。一瞬の熱量や気持ちを閉じこめた写真をじっくり楽しめるライブ写真展、普段なかなか聴けない曲やバンドとは違うサウンドが楽しめる弾き語りライブという今回のイベントが、音楽好きが増えるきっかけになったら幸いです。今回タイトルを『Just A Hero #1』としています。次回はいつになるか分かりませんが、また開催したい!そう思えた3日間でした。

●イベント概要
TRACKs×MID-FM
LIVE写真展&弾き語りライブ
Just A Hero #1
 
開催日:2018年6月1日(金)〜3日(日)
場所:spazio rita(名古屋市中区栄5丁目26-39 GS栄ビルB-1)
時間:6月1日(金)
   OPEN 18:00 / CLOSE 22:00 (19:30〜21:30 KICK OFF PARTY)
   6月2日(土)・3日(日)
   写真展:OPEN 12:00 / CLOSE 16:00
   弾き語りライブ:OPEN 18:00 / START 18:30
入場料:6月1日(金) 無料(入場時1drink代必要)
    6月2日(土)・3日(日)
写真展:無料(入場時1drink代必要)、弾き語りライブ:2,000円(別途1drink代)出演:2日(土) 曽根一朗(T/ssue)、松本明人(真空ホロウ)、塩入冬湖(FINLANDS)、コヤマヒデカズ(CIVILIAN)
3日(日) 岡田尚也(RED DOG)、幡野友暉(the unknown forecast)、MICHÉL(SpecialThanks Vo&Gt misaki)

サイン入りLIVE写真をプレゼント!

今回のイベントで弾き語りをしてくれた、曽根一朗さん(T/ssue)、岡田尚也さん(RED DOG)、幡野友暉さん(the unknown forecast)の3人に加え、写真展へ遊びに来てくれたビレッジマンズストアのジャックさん、坂野 充さんのお2人が、自分たちのライブ写真にサインをしてくれました!その世界に1枚しかないサイン入り写真を特別にプレゼントします!!

曽根一朗さん(T/ssue)

岡田尚也さん(RED DOG)

幡野友暉さん(the unknown forecast)

ジャックさん(ビレッジマンズストア)

坂野 充さん(ビレッジマンズストア)

応募期間:6月22日(金) 00:00~6月25日(月) 24:00

※当選者された方には〆切後3日以内にメールを送信いたします。


RANKING

RECOMMENDED

KEY WORD

WRITER


トップへ