1. トップ
  2. ライブレポ
  3. 04 Limited Sazabys Human Communication tour ツアーファイナル 名古屋

ライター T-Friends

2017.8.21

921 good

04 Limited Sazabys Human Communication tour ツアーファイナル 名古屋

2017.8.9(水) @DIAMOND HALL

カッコ良くなって帰ってきた地元名古屋でのツアーファイナル

04 Limited Sazabysが、新たな出会いを求め全国7箇所を回ったHuman Communication tour。そのファイナルが8月9日(水)、地元名古屋で行われた。全公演対バンを迎えて行われた今ツアー、名古屋で選ばれたのはBiSH、COUNTRY YARDという系統のまったく異なる2アーティスト。今レポートでは、その2アーティストによって熱気に包まれたDIAMOND HALLをさらにアツくした04 Limited Sazabys最高のパフォーマンスをお届けする。

BiSHとCOUNTRY YARDによって熱を帯びたフロアにいつものSEが鳴る。悲鳴も混ざった大歓声と拍手の中、04 Limited Sazabysの4人が登場。RYU-TA(Gt/Cho)の「名古屋ー!」、そしてGEN(Vo/Ba)の「帰ってきたぞ名古屋ー!Human Communication tour始めます!」の掛け声で4人が力強く音を鳴らすと同時に、フロアを埋め尽くすオーディエンスがステージに向かって詰め寄る。『Now here, No where』のイントロが流れるとその勢いは加速し、1曲目からフロアは興奮の坩堝と化していた。それを知ってか『Remember』『knife』『mahoroba』を立て続けに演奏し、開始数分でオーディエンスの心をガッチリ掴む。

「Human Communication tourファイナルにようこそ!名古屋の04 Limited Sazabysです!ただいまー!」というGENの声に、フロアのあちこちから「おかえりー!」という声が聞こえたやりとりに、地元ならではの温かさを感じた。「最高ですね、やっぱ名古屋は体の相性がいい!今日1日よろしくお願いします!」との言葉から、地元でのライブを楽しみにしていたのは集まったオーディエンスだけではなく、04 Limited Sazabysのメンバーも同様であることが伝わる。昔からやっていたHuman Communicationという企画がDIAMOND HALLでできるようになったのは、みんなのおかげだとの感謝を伝え「04 Limited Sazabys、BiSH、COUNTRY YARDの今日しかありえない組み合わせ、楽しんでいきましょう!一緒にもっといいとこに連れてってあげる!」と放ち『Warp』が始まり、さらに「もっともっといってみるー?」と『climb』『Do it Do it』『fiction』を歌い上げると、もみくちゃになるフロアには笑顔が溢れていた。

「めっちゃ楽しいですありがとうございます!Human Communication tourの居心地は最高です。どう?帰ってきた俺たち。またカッコ良くなってきたでしょ?」の問いかけで笑いを誘い、「最高に楽しいけど、もっと最高にしていきます。色々行ってきて、約束の地に帰ってきました!懐かしい曲とか、あれやるのとかやらないのとかあると思うけど、反射神経良くして反応してね。プラスとマイナスのバランスとって、どんどんいきましょう!」と『in out』で後半戦がスタート。KOUHEI(Dr/Cho)のドラムが鳴り響き「名古屋のみなさんが悲しみに負けないように、この歌を届けます。受け取ってください」との声から始まった『drops』『midnight cruising』では、RYU-TAが「名古屋ー!名古屋ー!最高や!ありがとー!ありがとー!」と堪えきれない興奮を爆発させる。そして、「2017年8月9日は ハグの日、今日は平日 水曜日。前もやった気がするんだよなこの曲。水曜日の曲やらせてください。『Wednesday』!」と武道館でも演奏しなかった『Wednesday』に大歓声が上がり、フロアはオーディエンスの興奮に包まれ一体となっていた。

「最高ですね!やっぱ名古屋ですね!名古屋で見る04 Limited Sazabysが1番カッコいいですね!」と再び笑いを誘い、“対バンの負けたくない気持ちがアウェイを覆すその瞬間が好き”と話す。「実力以上の力が発揮できると思います…出来てます!みなさんのおかげで輝けてます!自分がやりたいことが、誰かの為になっているのが嬉しい。みんなが闇の中なら俺たちが光になる。何か感じたら持っていってください。俺たちの旅はまだまだ先へ続く!」と、優しく白いライトがステージを照らす中『feel』を歌い上げる。

「名古屋の街、いつもありがとうございます。楽しすぎて時間はあっという間です。次で最後です。またみなさんと再会できますように、『Terminal』を聴いてください。またもっとカッコ良くなって帰ってきます!名古屋の04 Limited Sazabysです。ありがとうございました!」と言うと、「えー」というオーディエンスの声を受け止め『Terminal』を全力で歌いステージを後にした。

アンコールを誘う拍手と「フォーリミ!フォーリミ!」の掛け声にフロアが包まれると、4人が再びステージに登場。「名古屋やっぱ元気っすね、もらうパワーが1番元気です!8/30 にnewシングル出ます!」と 新譜の発表で大きな拍手が起こり、さらにGEN自身がとてもいい曲だと語るその新曲『Squall』を披露。思いや意思を強く感じるこの曲には、自分自身が何か分からないといった不安や迷いを雨に例えた『雨上がりの虹を探しに』で、その不安を消しされるような、まっすぐと前を見て進んでいく、背中を押してくれる強さを感じた。

「本当にラスト1曲になりました。名古屋もっといけるでしょう!みなさんが試されるときです!」と『monolith』でフロアと共に持てる力を出し切って幕を閉じると思いきや、突然GENが「ツアーファイナルなんで、やっぱこの曲やってもいいですか?」と、『Buster call』とコールすると、オーディエンスもその声にしっかり応える。フロアに響くGENの声が今日1番強くはっきりオーディエンスの耳に確実届けようと、地元名古屋に捧げる思いを強く感じた曲が終わり、「また名古屋帰ってきます。名古屋の04 Limited Sazabysでした!またもっとカッコ良くなって帰ってきます!ありがとうございました!」とHuman Communication tourは幕を閉じた。

名古屋に戻ってくる度に大きくカッコ良くなる。上京しても地元を大切に思う彼らだからこそ、名古屋で待っているファンは彼らを温かく受け入れる。まだまだいける。もっともっと大きくなっていくであろう04 Limited Sazabysへの期待はどこまでも膨らんでいく。

文/マナミ 写真/ヤオタケシ(@takeshiyao)

■セットリスト
01.Now here Now where
02.Remember
03.knife
04.mahoroba
05.Warp
06.climb
07.Do it Do it
08.fiction
09.in out
10.drops
11.midnight cruising
12. Wednesday
13.feel
14.Terminal
(encore)
15.Squall
16.monolith
17.Buster call

関連キーワード

RANKING

RECOMMENDED

KEY WORD

WRITER


トップへ