1. トップ
  2. ライブレポ
  3. BACK LIFT presents少年少女秘密基地 FESTIVAL 2018 2018.5.12(土) @DIAMOND HALL&APOLLO BASE 〜APOLLO BASE ライブレポート〜

ライター T-Friends

2018.7.3

631 good

BACK LIFT presents少年少女秘密基地 FESTIVAL 2018 2018.5.12(土) @DIAMOND HALL&APOLLO BASE 〜APOLLO BASE ライブレポート〜

BACK LIFTによる“遊び場”が今年も開催された。会場に一歩足を踏み入れると、そこに広がるのは手作りワールド。まさに秘密基地。「少年少女に戻って、全員が同い年になった気持ちで最後まで楽しんで下さい!」と、フェスの開始を伝えるステージでKICHIKU(Ba/Vo)が話したように、この風景からみんなで楽しめる場所を作って、それをみんなで守っていきたいというBACK LIFTのアツい想いを感じた。本レポートでは、1日だけ秘密基地と化したダイアモンドホールとアポロベイスでのライブの模様を余すことなくお届けする。

アポロベイスのトップバッターを務めるのはNUBO。「地下の秘密基地アポロベイス1番目はNUBOだぞ!!」とTommy(Vo)が声を上げ、ライブがスタート。今日初めてNUBOを観たと思われるオーディエンスもいるだろう。しかし、ライブが進むにつれて盛り上がりの輪に入ろうとする数はどんどん増える。「今日は少年少女秘密基地なんでしょ?少年少女に戻りたい奴らは踊れ!」とTommyが叫び始まった『G.O.D.A』では、裏拍のギターとバスドラの音が観客を躍らせ、会場はさらにヒートアップ。

途中マイクを持たずに、一成(Vo)が「俺らはバンドマンです。お前らはバンドが大好きな奴らだ。だから俺らは、音楽を使って幸せをつくろうと思います」と語り、そして「文句ない奴らは手を挙げて!」という言葉に手を挙げて応えるオーディエンス。その手が、次の曲『circle』の歌詞「ありがとう伸ばしてくれたその手」へつながることが分かると、さらに一体感が生まれ、いつの間にかみんなで肩を組みながら楽しんでいた。

「どうせ足りないだろうからな、また遊びに来いよ!俺らがNUBOでしたありがとう」と最後に『Colored』を披露し、「好きなことに全力で向かっていこう、ありがとうございました」との言葉を残してライブを終えた。今日一日が絶対いい日になると、誰もが確信したライブだった。

■セットリスト
-NUBO
1.インソムニア
2.Allie
3.G.O.D.A
4.Shadow and wall
5.Circle
6.Such one
7.Colored

続いて登場したのはSECRET 7 LINE。3人が登場し、SEが止んだ途端、RYO(Gt/Vo)が「少年少女フェスティバル、楽しんで行きましょう、ワン・ツー・スリー!」と声を上げ、『1993』からライブが始まる。1発目にぴったりのノリの良い陽気な曲に観客は手拍子をして盛り上がる。

RYOが口を開き、「初めて聴く人が多いと思うけど、心配すんな、お前らキッズは絶対楽しめるから」と演奏された新曲『DAY BREAK』でも、ほかの曲と同様に手を挙げて楽しむオーディエンス。初めての曲であっても楽しませることができるのは、彼らの鳴らす音楽がカッコいい証拠だと確信した。

『IT'S ALL RIGHT』の曲中で話したRYOが「今日が最高の1日になりますように。このイベントはずっと続いていく、俺らとお前らがライブハウスにおるからな。その限り、ライブハウスは大丈夫や」の言葉に、オーディエンスは歌声で応える。その意思表示はフロアに鳴り響き大きく広がっていた。

最後に演奏された『YOUR SONG』では、3人の熱い演奏が彼ら独特の泣いてしまった後に照れくさくて笑い合う瞬間のような幸せな空気を作っていた。そして、「名古屋ありがとう!また歌おうぜ!」と挨拶し、勢いよく音を鳴らして演奏を終えた。

■セットリスト
- SECRET 7 LINE
1.1993
2.DOWN TO HELL
3.Dance Like No Tomorrow
4.BURN TO THE GROUND
5.DAYBREAK
6.IT'S ALL RIGHT
7.MY HERO
8.YOUR SONG

「名古屋!SWANKYDANK始めるぞ!!」とKOJI(Ba/Vo)が叫び、ライブがスタート。「今日俺たちのこと初めて見る奴らも多いと思うけど、力を貸してください!」とKOJI(Vo)が手拍子を観客に求め『misery』へ。真っ赤な照明が照らす中、ドラムロールごとに曲のテンションは上がっていき、演奏もグングン熱を帯びていく。

「俺は、ガキの頃から考えていることがあんまり変わりません。ライブハウスが、パンクロックが大好きです。だから今日もここへ来ました。名古屋のみなさん、パンクロックは好きですか!」とKOJIが声を張り上げ『One Sided』へと流れ込むと、前方ではモッシュが起こり、熱は冷める気配がない。

「今日はありがとうございました。ラスト行きます!」と演奏されたのは『Listen to the Radio。待ってましたと飛び跳ねて楽しむオーディエンスに応えるよう、SHUN(Dr)は立ちながらドラムを叩き、YUICH(Vo/Gt)とKO-TA(Gt)は客席まで出てギターを弾く。その姿から、最後の曲をめいっぱい楽しもうとしているのが伝わってきた。そして、大きく振りかぶって思いっきり音を鳴らすと「名古屋の皆さん今日は本当にありがとうございました!」と告げ、拍手の中ステージを去っていった。

■セットリスト
-SWANKYDANK
1.number
2.misery
3.One Sided
4.Amazing Dreams
5.Sink Like a Stone
6.Listen to the Radio

長い休憩を挟み始まった後半戦。Rhythmic Toy Worldがアポロベイスに登場。SEが流れる中、手拍子で迎えられた4人。内田(Vo)が「もっともっとでっかい声を聴かせてくれ!最初からぶっぱなす準備はできてる?」と声をかけて『波紋シンドローム』へ。緑と白の照明が今日これまで演奏してきたバンドとは違った不気味な雰囲気を作る。日本語らしい語感の面白さが目立つ曲が多い彼らだが、この曲もそのひとつ。曲のあちこちでオーディエンスと一緒に歌うことで、あっという間に一体感が生まれる。

「少年少女秘密基地という言葉を聞いたとき、なぜか僕は少年探偵団が思い浮かびました。だから今日は江戸川コナンと叫びましょう!」と言って始まったのは、『いろはにほへと』恒例のコール&レスポンス。言ってしまえばお遊び。でも、それを本気で演奏して声に出して本気で楽しむ4人とオーディエンスはとても楽しそうで、まさしく“少年少女”に見えた。
「昨日、夜遅くにここへ来たら、BACKLIFTがずっと準備をしていて。みんなは見ていないから分からないけど、俺らは見てるから。BACKLIFTの気持ちも歌ってると思って聴いてください」と始まったのは『僕の声』。内田の少年のような透き通った声が観客ひとりひとりに響く。続く『さなぎ』では、夕焼け色の照明が会場全体を照らす。胸が熱くなる演奏でライブが終わった。

■セットリスト
- Rhythmic Toy World
1.波紋シンドローム
2.s.m.p
3.いろはにほへと
4.とおりゃんせ
5.僕の声
6.さなぎ

アポロベイスのトリを飾るのはCOUNTRY YARD。「今日は無理して少年少女に戻れって日じゃなくて、子供の頃ってこんな感じだったよな、なんか懐かしい~、戻りてえ~って思ってくれればいいと思う。こうやって音楽やって楽しんでいる俺らの方がまだまだ子供だし」と話すHayato(Vo/Gt)。「とにかく、たくさん遊んで帰ろうぜ!」と伝え披露した『Don't Worry, We Can Recover』のイントロで巻き起こった、一日2会場を行き来してきたとは思えないモッシュに、会場は今日一番のテンションになる。本気でぶつかり合うバンドとオーディエンスの姿は、いかにもライブハウスらしい光景だった。

一旦すべての音が消えると会場に緊張が走る。そして、Hayatoがゆっくり「毎日いろんなことがあるよね。学校とか、仕事とか、俺らみたいにバンドやって大変な奴もいるだろうし。真面目にやる必要もないし、必死になる必要もない。ただ俺らは、みんなと遊べるこんな時間が愛おしい。もっとライブがしたいけど、今日はこれで終わりだから、せいいっぱい本気で届けます。ロックしようぜ!」と話す。彼らの音楽は、アツい感情があってこそ成り立っているのだと気付かされた瞬間だった。

ラストの『In Your room』では、自由に楽しむオーディエンスを見て、ステージで演奏する彼らも笑顔で演奏し、いつの間にかマイクも柵も関係なく身を乗り出していた。そして、オーディエンスの大合唱が会場を包み、アポロベイスのライブは全て終了した。観客たちは大歓声とともに拳を突き出して、今日のライブを讃えた。

■セットリスト
- COUNTRY YARD
1.Orb
2.Alternative Hearts
3.Don’t Worry, We Can Recover
4.I’ll Be With You
5.Quark
6.Starry Night
7.In Your Room

文/オカベ 写真/タカギユウスケ(@yusuke_mphoto)

DIAMOND HALLのレポを読む

関連キーワード

RANKING

RECOMMENDED

KEY WORD

WRITER


トップへ