1. トップ
  2. ライブレポ
  3. CHAI 1st Album「PINK」発売記念『やっぱり育ちたいトゥアー』

ライター T-Friends

2017.12.13

1,056 good

CHAI 1st Album「PINK」発売記念『やっぱり育ちたいトゥアー』

2017.11.18(土) @CLUB ROCK'N'ROLL

コンプレックスもライブもアートなり

“NEOかわいい”、“コンプレックスはアートなり”といったキャッチーなコンセプトを掲げ、 各所で話題を集めているCHAI。そんな巷を騒がせている彼女たちが初となるフルアルバムを提げ、これまた名古屋では初となるワンマンライブを名古屋CLUB ROCK’N’ROLLにて行った。ツアー初日に選ばれた凱旋ライブはもちろんソールドアウト。満員の会場の中で一際目を惹くピンク色の衣装に身を包んだ4人と、会場へと足を運んでくれたファンとで作り上げた最高の一夜を余すことなくお届けする。

開演時刻を回り、暗転すると、ユナ(dr/cho)扮する“ユナイテットペプラー”によるラジオ風のアナウンスが流れ出す。陽気に問いかける彼女の問いに、拍手や返事をするなどメンバーが姿を見せる前から盛り上がるフロア。そして<C.H.A.I>と焦らすかのように繰り返されるリリックに胸を膨らませ、割れんばかりの手拍子の中、4人がステージに登場。
アルバム同様1曲目に選ばれたのは『ハイハイあかちゃん』。マナ、カナ(Vo/Gt)がフリフリのボンネットを身につけ披露した息ぴったりのダンスに、フロアから「かわいい」との声が漏れる。愛らしい、けれども時には棘を見せるような変幻自在のマナのボーカリングをユウキ(Ba/Cho)の流れるようなベースラインと、ユナ(Dr/Cho)の遊び心溢れるドラミングがしっかり支える。続く『N.E.O.』は、<全部同じ顔なんて変じゃない?>と世間一般の“かわいい”に疑問を抱き、<そのままがずっと誰よりもかわいい>と個々に持っている個性を認め、“かわいい”という価値観を覆すような彼女たちの強いメッセージが込められた1曲。誰しもが持っているコンプレックスを“NEOかわいい”という言葉で肯定し、包み込んでくれる音楽を彼女たちが鳴らすことで、より説得力のあるものになっている気がした。

「今日来ている人は持っとるに決まっとるけど…」とマナ、カナがアルバム『PINK』のジャケットが描かれたパネルを高く掲げ、「2枚目大歓迎!」とアルバムを紹介すると、突然始まるアカペラ、さらにはユウキがマナの話す英語を訳しながら進むMCとCHAIワールド全開で進んで行くパフォーマンスに釘付けとなるフロア。
「セコイやつはカッコいい…」とMCで呟いた流れで『ボーイズ・セコ・メン』がスタートするとフロアから歓声が上がる。そして会場にサイレンが響き渡れば「ダンシングソング~~!」と『クールクールビジョン』へ。先ほどまでのポップな印象とは対照的に力強いサウンドが轟く。マナがマイクから拡声器へと持ち替え歌詞に乗せて思いをぶつける。前半のリズム隊が支えるバンドらしいサウンドとは対照的に、カナの鳴らすシンセサイザーがSFちっくな異世界を描き出していた。

「CHAIとして今年はいろいろな所へ行けた」と、『ほれちゃった』のMVで訪れた香港の話しを大好きな餃子の話しを交えて話す。そんな『ほれちゃった』も収録されている『PINK』は4人ともが完璧ではないからできたアルバムであって、完璧じゃないのがかわいいのだと改めて伝えると「聴いて」とオーディエンスを真っ直ぐと見つめ『フラットガール』へ。<I’m not perfect>と歌う姿は堂々としていて、完璧ではないことに誇りと自信を持っている4人だから鳴らせる音楽だというのを再確認した。

ユナの力強いパワフルなドラムソロを披露した後、サングラス姿の4人が登場。「ぶー」コールが聞こえれば『ぎゃらんぶー』の始まる合図だ。割れんばかりの「ぶー」コールに「名古屋最高!」と叫ぶ。ステージもフロアも1つになって大きな盛り上がりを見せつけた後、次が最後の曲だと伝えると「えー」と再び「ぶー」コール。終ってしまうのを惜しむコールにマナがニコリと笑いメロウなナンバー『ほれちゃった』へ。大好きな餃子への愛を余すことなく届けると、会場一体が多幸感に包まれる。

「テンキュ~!」とステージを後にし、アンコールで再び登場すると、「楽しかった!みんなの楽しそうな顔が見れて超嬉しい!地元でワンマンライブができるのはみんなのおかげ。名古屋の食もみんなも大好き!!」と精一杯の感謝の気持ちを述べて「またね!」と最後に選んだ楽曲は『sayonara complex』。ノスタルジックなメロディに乗ったマナの甘い歌声に柔らかなコーラスが重なり、ゆったりと時を刻んで行く。ポップなダンスナンバーから、ラップ、ミディアムスロウと短い時間で様々な表情を見せてくれた4人に感嘆の声が思わず漏れた。4人が深々と一礼し、ステージを去ると再びユナイテットペプラーが現れ、本公演の終了を告げる。しばらくの間、拍手が止むことはなかった。

ライブでの彼女たちを見て、改めて歌う歌詞、鳴らすサウンド、魅せるアクションはCHAIにしか表現のできない唯一無二なものだと感じた。彼女たちが歌で表現するような世の中の女の子に対する切なる思いは、きっと多くの人が共感するだろう。“NEOかわいい”が全国へ、そして世界へ浸透する日もそう遠くないはずだ。

文/伊藤成美 写真/中磯ヨシオ

■セットリスト
01.ハイハイあかちゃん
02.N.E.O.
03.Sound&Stomach
04.ビレバンの
05.自己紹介
06.ボーイズ・セコ・メン
07.クールクールビジョン
08.フライド
09.フラットガール
10.ウォーキング・スター
11.CAT
12.ぎゃらんぶー
13.ほれちゃった
(encore)
14.sayonara complex

関連キーワード

RANKING

RECOMMENDED

KEY WORD

WRITER


トップへ