1. トップ
  2. ライブレポ
  3. MID-FM×NAPO presents「今日はライブにイタいな~-オトノチカラ2016-」

ライター T-Friends

2016.9.24

1,491 good

MID-FM×NAPO presents「今日はライブにイタいな~-オトノチカラ2016-」

@新栄APOLLO BASE

人との繋がりが生み出した“音の力”

名古屋を中心にして、全国に素敵な音楽を届けるラジオ局、MID-FM。関わる人の暖かさと、音楽への熱意で沢山のリスナーに愛される同局の番組「今日はここにイタいなぁ~」がラジオの収録ブースを飛び出して、公開ライブイベントを開催した。流石はラジオ局セレクトと唸りたくなるようなBGMが会場に華を添える中、RADIOから音楽に魅せられたリスナーが次々とライブハウスに集まりだす。ワクワクとした雰囲気が会場を満たし、番組MCが軽快に開幕を宣言。とうとうお祭り騒ぎの幕開けだ。

1

最初に登場したのは、こんどうゆみか。ステージに立つと、深々と頭を下げた彼女。真っ直ぐにフロアを見つめる瞳には、誠実な意志の強さが浮かぶ。柔らかなギターの音色と伸びやかな歌声が空気を震わせ、オープニングに選ばれたのは『grotesque beauty』。華奢な身体から放たれる音に触れ、オーディエンスは身じろぎするのも忘れてステージに魅入っている。熱と透明感を半分ずつ感じさせる声は、耳に入った瞬間に鮮やかな景色を脳裏に浮かばせるようだ。「呼んでくれて本当に有難う御座います」と出演できたことへの喜びを爆発させる。MID-FMは関わる人が温かくて大好きなのだと話し、何よりもずっと大好きだったという小南泰葉との共演に目を輝かせる姿は、とても無邪気で微笑ましい。

1

ストレートな言葉で“痛いと叫ぼう”と歌う『N』、『僕と君』と立て続けに歌い、ラストは“ここにいるぞ”という想いを詰め込んだ『ここにいる』。自分のことを見つけて欲しいと歌い続けていた彼女の声は、集まった1人1人にしっかりと届き、純度の高い歌が深い感動を呼び起こしていく。「最後まで楽しんでって下さい!」と笑った彼女は、大きな拍手を受けながらステージを降りた。

3
4

続いて登場したのは、NOVELS。夏を思わせる陽気なサウンドで初っ端からフロアを盛り上げ、「最高の日にしましょう!」と叫んだ竹内 真央(Vo/Gt)。その言葉を実現させるように、《手を叩いて》のフレーズに導かれてクラップが巻き起こったり、竹内自らも楽しげに飛び跳ねたりと、興奮を連鎖させながらLIVEは進んでいく。“楽しい!”と思う感情を引き出してくれるのは、彼らの音楽がオーディエンスの側で鳴り続けてきたからこそだろう。

5
6

「夢をさ、叶えたいんだよ。夢を最後に叶えるのは自分自身だ」と頼もしく言い切り、演奏されたのは『ミッシングリング』。進みだした1歩を後押しするようなリズムと、一斉に拳を上げたオーディエンスの姿が印象的な一幕だった。フロアからの声も自分たちの楽器に変え、『Alchemist』の解放感たっぷりのメロディーでライブハウスを揺らすと、「どうも有難う御座いました!イベントまだまだ続くから、最後まで楽しんでってくれ!」と高らかに言い放った竹内。音楽が鳴り出した瞬間に、周りの雰囲気すらも鮮やかに塗り替えてしまう、まさに“音の力”を肌で感じさせる痛快なアクトだった。

7

本日、スペシャルゲストとして登場したのは小南泰葉。激しさを秘めた眼差しでフロアを見つめ、大人びた雰囲気と子供のような無邪気さが混在した声で『3355411』を歌い出す。一度声を放つと視線を外せなくなってしまう彼女から感じるのは、アーティストとしてのカリスマ性。『死ぬまでだましてほしかった』、『NO-MAN』と立て続けに披露し、上質な音楽空間に身を浸したオーディエンスは、小南の持つ空気感にゆっくりと染められていく。

8

シンプルな照明に照らされて「みなさん、9月になりましたが海とか行きましたか?」と話し出した小南。夏にやり残したことをしようとイルカと泳いできたことを話し、「空の青、海の青。地球の青をこの歌に込めました」と『ブリリアントブルー』へ。水の中を滑るようにして前へと進んでいく音の流れが耳に心地良い。アコースティックギターの音色が寄り添う中『やさしい嘘』を奏で、ラストは“10年後の自分へ宛てた手紙”の歌『拝啓 10年後の僕へ』。「ここにいる皆んなと10年後、またここで会えるのかな、と思います」と呟いた姿に、彼女の本音が現れているように思えた。芯の強さを感じさせながら、時に自身の弱さをも曝け出す小南。オーディエンスはその声と存在感に、最後まで魅せられ続けていた。

9
10

トリを務めたのは、番組MCとしてもステージに華を添えたT-Iがボーカルを務めるバンド、Output Infinity。歓声に迎え入れられ、音で酔わせるように落ち着いた雰囲気を作り出した彼ら。深い海を想起する蒼の中、T-Iが「行くぞ、名古屋!」と叫び、メロディアスな音像にハスキーな声が光る『止まらない感情の裏側』へと雪崩れ込む。民族楽器風の太鼓が楽曲を彩る『Lasting…』、力強いボーカルワークでフロアを焚きつけた『RESTART』とのっけから抜群の掴みでライブハウスを引っ張っていくメンバー。

11

名古屋でのLIVEはこの日が初めてだったはずが、まるで地元のよく馴染んだライブハウスで演奏しているかのような雰囲気に、T-Iも思わず頬を緩める。MCで鍛え上げた彼のトークも、フロアとの距離を縮めた一因なのは間違いない。「ぶちかましちゃって下さいよ!」との煽り文句から、LIVEは怒涛の後半戦へ。

12

音を駆使してボルテージを引き上げ、ラストの『HEART』ではクラップやハンドウェーブを巻き起こしながら、オーディエンスを1つにした彼ら。初めての出会いが、忘れられない出会いへと変わっていく。今日1番の“音の力”を感じさせる、トリに相応しいステージだった。

ラジオ局発のイベントは、当日のMCやBGM、会場の装飾も込みでストレートにその局の色が出る。ただ、どんなLIVEでもそうだと思うが、1番そのイベントを物語るのは、集まった人の表情だろう。出演者もオーディエンスも、等しく良い笑顔で最後まで駆け抜けた今回のLIVEは、そういう意味でも大成功だった。まだまだ今回が初開催。番組MCの伊多も「またイベントを開催したい」と話していたが、きっとその場に居た全員が同じ気持ちだったと思う。RADIOから流れる音楽が、目の前で鳴り響いてエネルギーを手渡す。そんな“音の力”に満ちたイベントがいつまでも続けば、そんな素敵なことはないだろう。

文/渡辺 真綾 写真/ナツミ(http://natsumi-live.tumblr.com/)

13

■セットリスト
-こんどうゆみか
1.grotesque beauty
2.hug
3.N
4.僕と君
5.ここにいる

-NOVELS
1.Player Player
2.ヴァルプルギスの夜
3.ミッシングリング
4.ストレイシープの巡礼
5.Alchemist

-小南泰葉
1.3355411
2.死ぬまでだましてほしかった
3.NO-MAN
4.ブリリアントブルー
5.やさしい嘘
6.拝啓 10年後の君へ

-Output infinity
1.止まらない感情の裏側
2.Lasting...
3.RESTART
4.FLY AWAY
5.HEART
(encore)
6.DESTINY

RANKING

RECOMMENDED

KEY WORD

WRITER


トップへ