1. トップ
  2. ライブレポ
  3. 緑黄色社会ワンマンツアー2017“東名阪さんNice To Meet You??”

ライター T-Friends

2017.12.22

993 good

緑黄色社会ワンマンツアー2017“東名阪さんNice To Meet You??”

2017.12.10(日) @Electric Lady Land

緑黄色社会とみんなで作り上げたツアーファイナル

緑黄色社会が8月に発売された『ADORE』を引っ提げ、初となる東名阪でのワンマンツアーを行った。今年発売された1st ミニアルバム以降、多くのメディアに取り上げられ注目を集めた緑黄色社会。新たなファンには“はじめまして”と改めて自己紹介をするような、昔から応援してくれている人には“よろしくね”と1年での成長を見せつけるような、そんな緑黄色社会の魅力がぎゅっと詰まったツアー最終日。今年の4月に行われた初ワンマンよりもひと回り大きい会場で多くのファンに見守られながら始まりを告げた。

peppe(Key/Cho)が一生懸命練習したという愛らしい名古屋弁での場内アナウンスによって和やかな空気が充満する中、ゆっくりと暗転し、冬らしいメロウなSEが流れ出す。一瞬の静寂が生まれると、長屋晴子(Vo/Gt)の透き通る歌声とpeppeの煌びやかなキーボードによって奏でられる『Re』でライブがスタート。真っ直ぐと歌を届ける長屋の姿にピタリと時が止まったかのように彼女を注視するオーディエンス。早くも緑黄色社会にしか表現できない繊細で流麗な世界観へと誘われ思わず息を呑む。そこに小林壱誓(Gt/Cho)、穴見真吾(Ba/Cho)が鳴らすサウンドが加わり徐々に音に厚みが増すと音が弾け視界が開き、『始まりの歌』へとなだれ込む。緊張の解けた4人に笑顔が見えると、それはオーディエンスへと感染し、会場一体がドラムビートに合わせて右へ左へと揺れ動く。

割れんばかりのクラップが鳴り響いた『Bitter』から、「そのままもっといい顔見せてください」と疾走感溢れる新曲『真夜中ドライブ』へ。各パートが主張しすぎず、4人の鳴らす音色が絶妙なバランスで混ざり合う非常に心地の良い楽曲だ。初めて聴く曲も「みんな行くよ!」と長屋が声をかけたり、小林が手を伸ばしたりと、まるで昔からある楽曲のような一体感を曲に生み出す。

聴く曲、楽しむ曲と緩急をつけながらライブが進んでいくと、曲を作っていて、歌っていて涙が出そうになる大切な曲だという『幸せ』へ。大切な人を思い浮かべてほしい。と歌われた1曲。懐かしさや寂しさをイメージさせる音色と長屋の力強く愛らしい歌声にぐっと胸が締め付けられる。続く『それなりの生活』もそうなのだが、誰にでも想像のできる日常や感性を丁寧に歌いあげているからこそ、多くの人が共鳴し、緑黄色社会の楽曲に惚れ込むのだと改めて実感した。

ゆったりとしたバラードから一転。「盛り上がる準備はできていますかー?」と小林が煽り『want』、『Alice』でラストスパートへとギアを上げていき、会場の温度がぐっと上がったところで「全員でコーラスして、手拍子してすごい景色作りたいんですけどいいですか?」と『恋って』へ。長屋の手にしたタンバリンに合わせたクラップや<ラララ>のシンガロングが響き渡れば会場一体が甘美な多幸感に包まれる。メンバー紹介を兼ねた各パートのソロを決め込み、盛り上がりが最高潮に達したところで『アウトサイダー』へ。熱気の籠るフロアから聞こえる暑さを訴える声も耳にしないで、天井知らずの盛り上がりを求め、見せつける4人はいい意味で非常に貪欲だ。

本編最後のナンバー『またね』の前には、「名古屋は本当にいいね」と地元に対する特別感を露にし、今年1年を振り返る。1月に初となる全国流通盤をリリースし、4月には初ワンマン、そして8月には2ndミニアルバムをリリースし、盛りだくさんで一瞬だったという。来年はもっとすごい所を目指したい。と更なるステージへの躍進を胸に、「そのためには、今日来てくれたみんなの力が必要。いつもすごく力をもらっているから、これからもついてきてください。これからもよろしくね」と応援してくれているファンに改めて感謝を述べた。“またね”という再会の言葉を口にして、飾らない表情、飾らない姿。ありのままの緑黄色社会を曝け出すようなあっという間の15曲だった。

前回の名古屋ワンマン以来だという「緑黄色!」、「社会!」というファンによる愛のこもったコールの中から再び登場した4人。せっかくのワンマンライブだから…と普段口数の少ない穴見によるグッズ紹介を挟んで、来年3月にフルアルバムをリリースすることを発表。本公演で披露された、いくつかの新曲も収録されるのではないだろうか。そして、ちょっと背伸びしたかった女の子の歌だという『大人ごっこ』を最後に披露し、東名阪ワンマンツアーは大盛況で幕を閉じた。

このツアーファイナルは4人がただ歌を、演奏を見せるのではなく、4人以外の人と一緒にライブを作り上げているという様子が強く表れていると感じた。もちろんサポートドラムの戸上幸次(RAF CHRONICLE)もそうだが、一緒に歌ったり、カウントを数えたり、手拍子したりと、やっぱりオーディエンスの力が何よりも4人のライブをより色濃く、艶やかなものにしているのだと思った。次のツアーでは、もっともっと大きいステージで誰1人残らず笑顔にさせる緑黄色社会の音楽が鳴り響いている姿がはっきりと目に浮かんだ。

文/伊藤成美 写真/安藤みゆ(@ad_miyu)

■セットリスト
01.Re
02.始まりの歌
03.Bitter
04.真夜中ドライブ
05.regret
06.キラキラ
07.マイルストーンの種
08.幸せ
09.それなりの生活
10.丘と小さなパラダイム
11.want
12.Alice
13.恋って
14.アウトサイダー
15.またね
(encore)
16.大人ごっこ

関連キーワード

RANKING

RECOMMENDED

KEY WORD

WRITER


トップへ