1. HOME
  2. LIVE REPORT
  3. “誰もひとりぼっちにしない”音楽を鳴らすポップスター

LIVE REPORT ライブレポート

2016.9.12

“誰もひとりぼっちにしない”音楽を鳴らすポップスター

THE BOY MEETS GIRLS おいしいお弁当できました~名古屋編~ @APOLLO BASE

THE BOY MEETS GIRLSが自身のポップメーカーとしての才能を遺憾なく発揮した3rd ミニアルバム『OTONARI BENTO BOX』をリリースしたのは、つい先日のこと。発売からの1ヶ月で、彼らの音楽が今まで以上の速度と新鮮さをもって全国の音楽好きへと広がっていったことを実感した人も多かったはずだ。そんな名刺代わりの一枚とも言えるようなアルバムを引っさげて、彼らが地元名古屋へと帰ってきた。ライブハウスに充満しているのは、この日を楽しみにしていたオーディエンスが放つ期待感。彼ららしいバラエティーに富んだBGMが会場を彩る中、フロアに集ったファンは開演の時を今か今かと待ち構える。

1

イベントの口火を切ったのは、名古屋出身のバンドphonon。自然と響きだしたクラップと共に姿を見せた3人は、親しい仲間のツアーもあってか、どこかリラックスした雰囲気。軽い音出しを終えると、息をするようなさりげなさで『ゼロと白』を口ずさむイマイズミ ヒカル(Vo/Gt)。「phononです。楽しんでいこう!」と弾んだ声音で告げると、気持ち良さげに音を浴びるオーディエンスを彼ら特有のメランコリーな雰囲気が包み込む。夏の夜空を思わせる爽やかな歌声は、太田 雄大(Ba)、ちゃん矢野(Dr)の生み出す軽やかなリズムと絡み合って、極上の音楽空間を展開していく。

2

移ろいゆく一瞬の景色を瑞々しく閉じ込めた『かげろう花火』を奏で、「ちょっと遅くなっちゃったけど、ボーイミーツ、CDリリースおめでとう。今日はお祝いだから、最後まで全力で歌わせてもらいます」と話したイマイズミ。後のMCでも話していた通り、彼らにとってボーイミーツは“根暗な自分たちが唯一ふざけた関わり合いが出来るバンド”で、いてくれることに感謝を覚えるほどの大きな存在だという。

3
4

呼んでくれた想いに応えるように『王子の狐』、そして「1番大切にしている曲を贈ります」という言葉から『夕闇日記』を披露。力強いメッセージに心の深い所がじんわりと温められていくのを感じた。淡く照らす水色に溶け出すような音で、ラストの『スイングバイ』までを鳴らし切った彼ら。一瞬で駆け抜けたステージは、確かな温もりをオーディエンスに残していた。

5

フロアをパーティームードに塗り替え、大いに盛り上げたのは、The Floor。ササキ ハヤト(Vo/Gt)が「札幌から来ました、The Floorと言います!どうぞよろしく!ボーイミーツ、おめでとー!」とテンション高く叫ぶと、『Toward Word World』でLIVEはスタート。楽しいことが始まる気配を敏感に感じ取ったオーディエンスは、次々と笑顔で踊りの輪に加わっていく。『ハイ&ロー』、『リップサービス』とリアルな現実が言葉の裏に潜んでいることを、微塵も感じさせないほどの明るさで音を鳴らし続ける4人。あっけらかんとしたステージングでさらりと胸を刺すフレーズを奏でる彼らのLIVEは、一筋縄ではいかない感情もステージ上では歌われているはずなのに、それがメロディーになった瞬間にハッピーな魔法にかかってしまうような、突き抜けた高揚感をもたらしてくれる。初めて彼らを見た人も多かったと思うが、気付けばライブハウス中に軽やかな掛け声が響いていた。

6
7

「THE BOY MEETS GIRLSのみなさん、リリースおめでとうございます!」と一呼吸置くように話し出したコウタロウ(Dr/Cho)。呼んでもらえたことへの喜び、そしてタワレコメンに選出されたバンド同士、これからも仲良くしたいと思っていることを告げると、後ろで見ていたボーイミーツのメンバーからも嬉し気な拍手が贈られる。
陽だまりのような暖かさを感じさせる楽曲『さよなら、また明日ね』、『Teens』と、前半戦とは違った色合いでライブハウスを魅了した彼ら。フロアに向けて、芯にある想いを伝えるように『夢がさめたら』を披露すると、4人はとびっきりの笑顔を浮かべ、ボーイミーツへとバトンを繋いだ。

8
9

おなじみのSEが流れる中、ステージに飛び出してきたTHE BOY MEETS GIRLSのメンバー。アットホームな雰囲気がそうさせるのか、4人はいつも以上に良い表情を浮かべている「おいしいお弁当出来ましたツアー、THE BOY MEETS GIRLS、始めます!」と高島大輔(Vo/Gt/Key)が宣言し、『T.R.F.』『動物ディスコフィーバー』が投下されると、“待っていました!”と言わんばかりに歓声を上げるフロア。随所に楽しい仕掛けが隠された彼らの楽曲は、生で楽しめるライブハウスの空間にあってこそ、その真価を発揮するものだと改めて感じさせられる。

10

「音楽に乗って一緒に旅に出ましょう!」と披露された『インスタント旅』では、少年のように無垢な声で《旅に出よう》とオーディエンスを音の世界へと誘う。思わず楽しげに楽器を弾く4人となら、どこへでも行けるような気がしてしまう。ゆったりした雰囲気に包まれた開場に「来てくれてありがとう!」と興奮した声が響き、「地元の名古屋でお祝いされるっていうのは、嬉しい、楽しい、緊張する…。でも、みんながハッピーな顔してるからすごい楽しいです!」と満面の笑みで話したかつくん(Dr)。アルバムの中に収録されている“変なタイトルの曲”について触れ、アポロベイスをその曲の雰囲気にします!と何やらごそごそ動き出す。支配人風の小芝居を打った彼はユーモラスな空気の中、噂の楽曲『SUSHI☆ZANMAI』を演奏してフロアから見事に笑いを巻き起こした。

11

直ぐにLIVEは後半戦へ。ここまで盛り上げ続けてきた高島がふっと微笑み「来てくれてありがとう!地元はなんかほっとするね」と話し出す。「初めて見てくれたのは名古屋の人だから、成果をみせたいって気持ちが湧いてくるんだよね。だから、今日ここで出来てすごい幸せです!」と話すと、フロアからは温かい拍手が起こる。彼らが結成した時から決めているという“誰もひとりぼっちにしない音楽を奏でる”という信念。内気な少年だった自分を支えてくれたのが音楽だったように、自分がいつかするなら、誰かを救って寄り添える、そんな音楽をしたかったのだと言葉は続いた。

12

「いつかの僕を救ってくれた音楽に愛を込めて歌います」と告げ、優しい表情で『アイスクリームポップスター』を歌いだした高島。いつかの少年は今の彼らを見て、何を思うのだろう。思わずぐっときてしまう程、彼らの信じた音楽はフロアに居る1人1人の心を照らすように、頼もしく響いていた。ラストチューン『#262810』では、フロアのど真ん中に大きなサークルを作り上げて、大合唱を巻き起こした彼ら。まさにマジックナンバーという言葉がぴったりな、関わる人を全て笑顔に変えてしまうとびきりの音楽がそこにはあった。

13

アンコールの『おさるのジョニー』では、共に1日を作り上げた仲間バンドも呼び込んで、おさるダンスを巻き起こした。ダブルアンコールまでの全10曲、ライブハウスに集まったオーディエンスを誰一人として置いて行くことなくTHE BOY MEETS GIRLSのステージは幕を降ろした。楽しんで、最後は笑顔で帰って欲しいという心遣いで溢れた彼らのLIVEには、メンバーそれぞれの優しい人柄が現れているように思う。唯一無二の“誰もひとりぼっちにしない音楽”。音楽に救われた彼らが、誰かを救うポップスターになる日は、もうすぐそこまで近づいている。

14

文/渡辺 真綾 写真/安藤 みゆ(@ad_miyu)

■セットリスト
ーphonon
1.ゼロと白
2.かげろう花火
3.王子の狐
4.夕闇日記
5.スイングバイ

ーThe Floor
1.Toward Word World
2.ハイ&ロー
3.リップサービス
4.さよなら、また明日ね
5.Teens
6.夢がさめたら

ーTHE BOY MEETS GIRLS
1.T.R.F.
2.動物ディスコフィーバー
3.インスタント旅
4.SUSHI☆ZANMAI
5.サマーパラソル
6.アイスクリームポップスター
7.#262810
(encore)
8.ハッピーソング
9.おさるのジョニー
(w encore)
10.ミラーボール

■高島大輔(Vo.Gt.Kye)よりメッセージ
「おいしいお弁当できました~名古屋編~」
お味はいかがでしたか?
今の僕らのやりたいこと、歌いたいことをぎゅっと詰め込んだライブができました。
僕らは「誰も1人ぼっちにしない音楽」というテーマを掲げて曲を作っていて、今回のライブも誰1人置いていかないライブを作れたかなと思っています。
ダブルアンコールでみんな歌った時間は夢のようでした。
改めて遊びに来てくれたみなさんありがとう。
そしてまだまだ腹ペコなみなさんに朗報!9/25(日)名古屋CLUB UPSETにて2マンライブ「OKAWARI!」を開催します!2マンなので更に僕らの音楽を古い曲から新しい曲まで聞かせられると思います。先日一般チケットも発売開始しましたので、今からチケットをゲットして2マン遊びに来てくださいね!

  •  
  •  

< LIVE 一覧へ戻る

他のライブレポを読む

▲トップへ戻る