1. トップ
  2. インタビュー
  3. NOISEMAKER Mini Album 『RARA』インタビュー

ライター ワタナベ

2019.2.12

424 good

NOISEMAKER Mini Album 『RARA』インタビュー

「こういうカッコいいことがあるんだぞって伝え続けていきたいですね (AG)」

多彩な音楽ジャンルを掛け合わせたオルタナティブロックバンドNOISEMAKERのミニアルバム『RARA』がリリースされた。AG(Vo)とHIDE(Gt)はバンドの活動はもちろん、アートユニットでも才能を発揮している。今作のジャケット写真は二人が憧れている、世界的に有名なストリートアーティストWK Interactが製作。そのAG(Vo)とHIDE(Gt)にバンドの新しい音とアートが融合した今作について訊いた。

―まずは本作が完成した感想をお聞かせください

AG(Vo): 嬉しいですね。リリースできたことはもちろん、憧れのアーティストにお願いして、渋谷の壁に今作のジャケットを描いてもらったことなどてんこ盛りで色々作れたなと思うので。

HIDE(Gt): 毎回より良いものを作っていますが、今回もちゃんと前回に負けず、新しく更新された作品ができたと思います。

―新しい要素も垣間見られる曲が収録されていますよね。今作のコンセプトはありました?

AG: ないですね。常に前作を超えるってことがテーマですし、常に一番かっこいい、一番良いと思える物を全て入れるという思いで作っています。歌詞の内容も一曲ずつ集中して作っているので、全体を通して伝えたいというよりも一曲で伝えるスタイルで今回も制作しました。

―2、3曲目は力強いメッセージ性を感じましたが、歌詞を書く際のテーマはありますか?

AG: コンセプトを決めたり想像で書いたりすることがなく、自分がリアルに感じている思いを書くことを重要視しています。全部明るい曲だと心に響かないと思うので、自分の弱いところや痛いところを見せるんですが、最後はやっぱりポジティブな曲にしたいというのがスタイルですね。それが僕らのリリックの伝え方というか。

―『NAME』の<僕の名は>とか『THIS IS ME』<これが僕なんだ>とか、自分自身を強く表現している印象でした

AG: 今はSNSで他人の人生が簡単に見られるけど、それは殆どの場合、良い所の切り抜きであって。自分達の人生と対比してしまう社会であったり、またずっと漫画喫茶に住んでいる人がいたり、日雇い労働とか厳しい状況にいる人がいたり俺の周りや友達でもいるけど、自ら命を絶ってしまう人もいて、器用に生きられないことで日々を戦っている人や困難な状況にある人が想像しているよりも本当に多い。自分自身も音楽だったり、生きるってことと戦っているので、自分とリンクするところがあるなと感じています。弱い部分も強い部分も全部含めて皆一緒だと思うし、全員特別だと思ってほしい、俺もそう思いたいと思ってこの2曲を最初に書きました。

―力強くNOISEMAKERらしいサウンドなので、CDの前半にくるにはぴったりの曲ですね。それに比べて続く4曲目は爽やかな印象です。新しい曲調にしてみようということだったんですか?

HIDE: この曲は最後にできた曲なので、良い意味で気が抜けて自由に作ってみようって制作した曲です。他にちゃんと自分のベースになるジャンルや音ができたので、ちょっとだけ違うニュアンスもいいかなと。最初は遊び半分で作っていたんですが、実際にやってみたら意外にハマったので、入れてみようかとなりました。

AG: 今作の中では一番明るい雰囲気の曲だよね。

―実際にメンバーの皆さんと演奏してみて、しっくりきたんですね

AG: そうですね。最近リハーサルで演奏しているんですが、もしかしたらライブで一番強いんじゃないかと思っています。まだ分からないですけど、力強い曲なのでこれいけるなという手応えがありますね。

―耳心地が良い曲ですよね。私も好きな曲ではあるので楽しみです。続いて『Dharma Light』の「ダーマ」は仏教のダルマ(法)の意味ですよね?映画のテーマソングみたいな深い世界観を感じましたが、この曲はどのようなイメージで制作したのですか?

AG: 「不滅の法灯」という油断大敵の言葉の語源にもなっている1200年ほど前からある炎があって、その火を絶やさぬように何年も人が油を注いでいるんです。この曲は、それと自分たちの人生や目標への情熱をかけて作りました。その光を絶やさず、俺たちはずっと幾度も注ぎ続ける、それが何百年も続く光であるようにということを表現しています。

―日本的なテーマですね

AG: 最近中国ツアーなど海外へ行くことも多くなっているので、全部一回英語で考えたりもしてみたんですが、それはちょっと面白くないなと。自分のルーツや血、誇り、プライドを持って見せたらいいんじゃないかと思い、今回このよう日本的なテーマを入れてみました。

―海外でライブする際に日本と違うと感じることはありますか?

AG: 中国だったらダイブするとかないし、少し違うところはありますかね。でも根本は一緒です。ちゃんと伝わっているし、すごい反応も熱も返ってきます。

―ライブといえば『One Day』は皆で声を出せたりする箇所もあり、楽しいのではないかと思いました。今作はライブでも音源でも聴き応えがある曲揃いですよね。『One Day』の制作で悩んだ点などはありましたか?

HIDE: ちょっと暗い雰囲気なので、この曲をやるかやらないかメンバー内で意見が割れていました。でも結果的に良い感じになったので良かったです。個人的には4、5曲目はそんなにライブを考えずに、自分がやりたい曲を作りました。2、3、7曲目は割とNOISEMAKERだと分かる今までやってきた感じの曲なので、その他は違う感じにしようって。NOISEMAKERが次のステップを踏む時にこういう曲があった方が良いんじゃないかとも思うし、こうすることでお互いを引き立てる作品になったと思います。

―冒頭で今回の作品で新しく更新されたと話していたのはこのことだったんですね。今作は挑戦した曲が多かったんですね

HIDE: 4、5、6曲目は割と挑戦しましたね。4曲目なんか特に。

―あまりイメージになかった曲でしたね

HIDE: そうですね。NOISEMAKERとしてではなく、作曲家としてとか一人のアーティストとしてだったら普通に作る曲なんですが、バンドとして作るとなると色々なことを考えますよね。

AG: でもうちのバンドは比較的幅広い方だよね。オルタナティブって謳っているし。様々な要素が入っているバンドなので、自然にこういう音楽ができるバンドなのかなと思いますね。

―そして最後の7曲目はNOISEMAKERっぽい曲で

HIDE: タイトルがやばくないですか?『YayYayYayYayYayYayYayYay』って。

―8回も入っているんですよね。印象的です

HIDE: 最初は「Yay」だけだったんですが、タイトルでギネスブックに載ろうと思って世界一長いタイトルをつけようと。じゃあ「Yay」何個つけようかとギネスブック調べてみたら、世界一長いタイトルって歌詞が丸々タイトルだったんです。それに対抗するのはやめようとなり、サビに「Yay」が8回ある点からこのタイトルになりました。

AG: これのタイトルを見て、なにこの曲?って気にならないかなって遊び心を込めました。また、この「Yay」というところもキーワードにもなるので注目してくれたらと思います。まあ、タイトルコールどうしようかなとは思うんですけども(笑)。

―ファンの方もなんて呼ぼうかってなりますね(笑)。曲の内容としては楽しげなイメージだけという感じではないんですよね

AG: これは答えを出すというよりも聴いて考えてほしいですね。ヒントを言うと2つの側の人間がいて、「Yay」って言っているのは僕ら側の人間なんですけど、それは皮肉という。言わされているんだか、言っているんだかって感じです。

―「Yay」と言いつつもあれ?ってところがあるんですね

AG: 色々考えられる面白い曲なんじゃないかなと思います。気づく人はAメロの<私は光であり闇お前とは違う存在だ>って聴いた瞬間に思うことがあるんじゃないかなと。

―歌詞を見ながらも楽しめる曲です。歌詞カードには今回のジャケット写真の制作過程が載っています。冒頭にお話がありましたが、今回のジャケット写真はストリートアーティストのWK Interactさんが渋谷の大きな壁にペイントしたんですよね。元々この話はあったのですか?

HIDE: これありきでCDを作っていた訳ではないです。DOTS COLLECTIVEっていう俺とAGで活動しているアートユニットがありまして、ある雑誌の取材で、憧れている人は誰ですかって聞かれてWK Interactさんと答えたら、そちらの編集長が知り合いだったんです。そこから紹介していただいたのですが、その時にちょうどレコーディングをしていたので、ジャケット描いてもらおうってことになりました。それでできたのがこの渋谷の12mの壁の作品です。

―12mもあるんですね!

AG: そうなんです!(ジャケット写真の人を指して)実際の人と比べるとこんな感じです。

HIDE: 富士山くらいあります。

AG: どんだけ小さい富士山なんだよ(笑)!でも実際近くで見たらそれくらい大きく感じます。

―ジャケットで見るとイラストみたいな感じがしますが、実際ビルの壁で大きさを感じたら迫力がありそうですね

HIDE: 最初はこのデザインをジャケットにしようと考えていました。でも実物を見たらちゃんと写真で収めたいと思い、撮影した物を採用しました。だってもったいないじゃないですか。

―確かにここまで大きな壁に描ける機会はなかなかないですもんね。作品はどのようなイメージで描いてほしいと伝えていたのですか?

AG: 音源を送って、リリックの内容を送っただけで、全部お任せですね。自分たちが昔から影響を受けて、憧れていたアーティストだったので、何も言わずに描いて頂いたものを受け取ろうと思っていました。

―彼の作品の魅力についてお伺いしてもよろしいですか?

AG: 白と黒を使って人のモーションを影などで表す作品が多いのですが、それが他のアーティストにないスタイルで、すごくカッコいいんです。またストリートアートの最前線にいる方なので、これまでの歴史を作ってきている。今までバンドとコラボするってことがなかったので、今回のこの機会は結構事件なのかなと。それくらい彼の作品の中にバンドの名前が入っているってことが、自分の中ではあり得ないほどすごいことなんですよ。自慢したいですね。

―HIDEさんは今作をご覧になっていかがでしたか?

HIDE: 大きさにまずびっくりしました。もうこの建物は取り壊しているので見られないんですが、ドローン等を使用して撮影した動画も上がっているので、ぜひそれも観てほしいです。上からや下からなど様々な見え方があるので、面白い見方ができるかなと思います。

―製作過程を見ると作品に対する思いもさらに感じられました。また今回このアートワークを使用したシルクスクリーンのイベントも行われましたが、実際お客さんの反応はいかがでしたか

AG: 楽しそうでしたね。俺らは普段物販とかで作っていたので知っていましたが、シルクスクリーンを知らない人が結構多くて。真っ白だったところにプリントされていくのを見て、「わー」って反応していました。

―なかなかバンドのイベントではそういったアートのイベントはないですもんね

AG: ないですね。CDにはステンシルも付いてくるんですが、それもなかなかないかなと。

―今後もアートとの融合は続けて行きたいですね

AG: そうですね。個展もやって展示会やって、ジャケットも制作してってリアルなまま伝わっていると感じるので、今、結構俺らの色になっている気がするんです。自分のルーツになっているLinkin Parkなどのバンドも同じようなことをしているので、そのルーツも伝えていけたらなと。こういうカッコいいことがあるんだぞって伝え続けて行きたいですね。

―では最後にファンの皆さんにメッセージをお願いいたします

AG: 今、自分たちが本当にやばいと思っていることを詰め込んだアルバムです。アンテナが強い人は色々と気づいてくれていると思うのですが、刺さった人は一緒に発信者になってこういう“現象”を一緒に起こしてほしいです。一緒に広めてくれたら嬉しいです。

NOISEMAKER - NAME【Official Music Video】

NOISEMAKER×WK Interact-To Live Is【RARA PROJECT MAKING MOVIE】

■リリース情報

『RARA』
mini album
2019.1.23発売
1,800円(+tax)

■LIVE情報
RARA TOUR
2月15日(金) 石川 金沢 VANVAN V4
2月17日(日) 北海道 札幌 BESSIE HALL
2月18日(月) 北海道 苫小牧 ELLCUBE
2月20日(水) 宮城 仙台 enn2nd
2月23日(土) 岡山 CRAZY MAMA 2nd
2月24日(日) 名古屋 APOLLO BASE
3月02日(土) 福岡 Queblick
3月03日(日)高松 TOONICE
3月08日(金) 水戸 LIGHT HOUSE
3月09日(土) 静岡 Sunash
3月10日(日) 京都 MUSE
3月16日(土) 大阪 CLUB DROP
3月17日(日) 神戸 太陽と虎
3月24日(日) 東京 渋谷 TSUTAYA O-EAST(ONEMAN LIVE)

■オフィシャルHP
http://noise-maker.net/

■プロフィール
北海道にてAG (Vo)、HIDE(Gt)、YUKI(Ba)、UTA(Dr)の4人で結成されたオルタナティブロックバンド。ラウドロック界の音楽シーンを引っ張ってきた彼らの音楽はロックのみならず、HIPHOPやR&Bなどのジャンルを掛け合わせた唯一無二の存在となっている。ROCK IN JAPANやSUMMER SONIC等の大型フェスやシンガポール、台湾でのフェスにも出演。2018年1月に開催されたLIQUID ROOMでのワンマンライブではソールドアウト、同年5月には故郷北海道にてフェスを開催。そして2019年の1月にはmini Album 『RARA』をリリースした。

関連キーワード

RANKING

RECOMMENDED

KEY WORD

WRITER


トップへ