1. トップ
  2. インタビュー
  3. a flood of circle ニューアルバム『CENTER OF THE EARTH』インタビュー

ライター ツボイ

2019.3.6

515 good

a flood of circle ニューアルバム『CENTER OF THE EARTH』インタビュー

「ライブに来てくれる人たちの顔や空気感、ライブでどう届くか、メンバーがどう輝くかをすごく考えて作った(佐々木)」

昨年ギタリストのアオキテツが正式加入し4人体制となったa flood of circleが、3月6日にニューアルバム『CENTER OF THE EARTH』をリリース。バンドの体制が整った今だからこそ鳴らせるロックンロールが詰まった今作は、ライブ感に満ち溢れている。アオキテツの加入により何が変わったのか。フロントマンの佐々木亮介に話を訊いた。

―3月6日にリリースされるアルバム『CENTER OF THE EARTH』は、アオキテツ(Gt)さん加入後初のオリジナルアルバムになります。4人になったことで作品作りに変化はありました?

佐々木亮介(Vo/Gt): 前回のアルバムまではイギリスからエンジニアのザブ(ザビエル・スティーブンソン/リアーナなどを手掛ける世界的エンジニア)を呼んでいたのですが、今回はテツも入ったし自分たちにじっくり向き合おうというところから始まりました。そこから、ザブとやっていたロック的じゃない方へ寄せるのか、バンドらしい方へ行くのかがなかなか定まらなくて。でも、ロックバンドっぽいものやフォーク、ピアノの弾き語り、R&B、トラップビートといったデモの中から、みんながバンドで再現しやすい曲を順番に選んでいったので、そっちへ振り切った方がいいんじゃないかと。ギターやドラムがドカーンとくる、シンプルにバンドらしい方へ振り切ろうとなりました。そこが決まれば、あとは持っている技で素直に勝負するだけとなり、それからは迷いなくサクサク進みました。

―今作はa flood of circleらしい曲を作っていこうとなったんですね

佐々木: 今回は4人でやっている意味に向き合ったので、メンバーの音がちゃんと前に出て輝いてほしいなと思って作りました。佐々木亮介というモーターが回っていて、そこに車輪があるのではなく、四輪駆動でみんなが回っている状態にしたいなと。その理想があったのでみんなの意見も入っています。その結果、うるさいドラムとうるさいギターがa flood of circleなんだなとしみじみ感じました。

―1曲目の『Flood』から各楽器の音が前に出ているなと思いました。タイトルからバンドをイメージさせる曲でもあるなと思ったのですが…

佐々木: おっしゃる通りで、『Flood』はa flood of circleの曲だなと思ってこのタイトルにしました。うるさいドラムとうるさいギターが俺たちらしさであり、それはライブで発揮されます。ライブの時、なべちゃん(渡邊一丘)はクリック(テンポのガイド)を聞いていない時の方がダンッていけるんですよ。今回はそういう自分の武器が輝く方へ行こうよという話をしたので、『Flood』はクリックを聞かずにライブっぽい録り方をしました。それが良かったと思います。いつもは背伸びしてそこに背を合わせていく感じだったけど、今回は背伸びせずに持っているものをちゃんと出し切ろうと。テツが入って最初でもあるし、今の自分たちを確かめようという気持ちもあったと思います。

―5曲目の『Youth』は面白い構成だなと思ったのですが、アイデアはどこから生まれたのでしょうか?

佐々木: ライブのMCがあまりにも様式っぽく感じることがあったので、MCを歌うという課題を自分に課していました。その場で節をつけて歌い、できれば韻も踏むというMCからうるさい曲へ流れ込んでいくことをしていて。今回この感じを曲にしようと思って、弾き語りから自分の好きなテンポで入っていって、後からバンドが付いてくる感じにしました。バンドの良さが出ている曲だと思います。

―タイトル通り青い感じの歌詞も新鮮です

佐々木: 今までは<頑張れ>というような青い歌詞と向き合えなかったのですが、今だから使ってもいい言葉かなと思えるようになってきたので入れてみました。

―そうだったんですね。個人的にですが『Drive All Night』のイントロが好きです。全部の楽器が聴こえ、ギターリフも分かりやすくて。実はこういうイントロって意外となかったんじゃないでしょうか?

佐々木: ギターだけから始まる、歌から始まるのは結構あるんですけど、バンドで「せーの」で始まるイントロは意外と少ないかもしれないです。もしかしたら、バンド全体でいこうという意思からそういうアレンジになったのかもしれないですね。

―『ハイテンションソング』はそのバンド感があるなと思いました

佐々木: 『ハイテンションソング』は、メンバー4人でスタジオに入ってゼロから作り始めました。その方法は久しぶりだったので、テツが入ったことでバンドらしい曲作りをしたくなったのかもしれないです。アレンジはちょっと時間がかかったんですけど、聴き心地はストレートなところに落とし込めたと思います。それよりも、みんなで音楽を作る時間を過ごすことが、次のライブへつながっていくのかなと。メンバーそれぞれが爆発しているライブを早く見たくなりました。ボーカルに付いていくライブではなく、新しい引き金がこの曲作りで引けていたらいいなと思います。

―いい雰囲気の曲だと思います。そして最後は表題曲『Center Of The Earth』です。直訳すると「地球の中心」ですが、どのような思いを込めてこのタイトルにされたのでしょうか?

佐々木: 自分の考えを信じると同時に、全然違う価値観と年齢、出身のメンバーそれぞれのイメージや考えも尊重しなければいけないのに、それはすごく難しくて。相手のこともCenter Of The Earthだと認められたらいいなと思うし、自分がまだ世の中の評価やメインストリームという意味でCenter Of The Earthでなくても、いつかそこになる、なれるぐらいの価値があることを信じてやるのは大事だと思ったから、アルバムのタイトルにもしました。言葉自体がポジティブだし、今のバンドにもハマっていると思います。

―バンドは10年以上になりますが、またここから始まる感もあります

佐々木: それは自分でも楽しめています。テツのおかげで、その始まる感に俺以外の姐さん(HISAYO)となべちゃんも触発されているなと思います。今回はそのワクワクを詰め込んでいるし、ワクワクをシェアしたいというか人に伝えたいという気持ちはありますね。

―そして、初回盤の特典にはアオキテツさんとのユニット“サテツ”のCDが付いてきます。聴かせていただいたのですが、すごく自由でノリっぽいのがいいなと

佐々木: 完全セルフプロデュースで作りました。実はテツも曲を書いているんですけど、遠慮しているのかフラッドには持ってこなくて。それもあったので、サテツという場所を作ることで伸びやかにやれると思ったし、単純にサテツの中で実験的なことをして聴いてもらうのもアリだなと。実際に実験の場であるからこそできた曲の面白さやいびつさがいいなと思っていたので、おまけにちょうどいいなと思って今回付けることにしました。

―おまけにしては結構濃い3曲だと思います

佐々木: 曲は意外といいと思います。3曲目の『Golden Dead Cigar』はテツが作詞作曲、リードボーカルで、俺はコーラスしているだけなので、かなりテツの世界観になっています。こういう場がなかったら出てこなかった曲だと思うのでいい実験ができたと思うし、これを機に次の作品でもっとメンバーのクリエイティブな部分が出てきたら面白いなと思います。

―ちなみに、アオキさんは重めのサウンドが好きなんですね

佐々木: 確かに3曲ぐらい彼の曲を聴いたんですけど、全部マイナーキーかもしれない。『Golden Dead Cigar』という曲は、テツがチバ(ユウスケ)さんのことが大好きなので、「チバさんがやっているバンドのTHE GOLDEN WET FINGERSから取ったの?」って聞いたら、「確かに、似てますね!」って。めちゃくちゃ影響を受けてるじゃん!って思いました(笑)。

―間違いなく影響を受けていると思います。そして、ライブで結構名古屋に来られますね。まずは、THE PINBALLSと池下のUPSETで4月4日(木)、5日(金)の2daysです

佐々木: THE PINBALLSがめっちゃアツくて。初めて会った時に、先輩なんですけど「a flood of circleのライバルになりたい」と言ってくれて。下北で対バンした時のMCでは「a flood of circleに負けたくないんだよ!」みたいなことを絶叫して、会場が盛り上がっていました。結構特別な関係だと思うので、名古屋でもかなり濃いライブになると思います。

―それが2日間ですから、かなり濃そうですね。さらに、6月には今作のワンマンツアーがあります。名古屋は6月21日(金)にCLUB QUATTROですが、どのようなツアーにしたいですか?

佐々木: 2月は1本もライブをしていないので、いま溜めに溜めている状態でウズウズしています。個人的に、アルバムを作ってからバンドがどう変わっていくのかにすごくワクワクしていて、3月と4月でライブもやるので6月のワンマンまでに結構成長できる気がしています。まだアルバム曲をライブでやっていないから、今の俺たちはどういう状況なんだろう?をライブしながら確かめられるので楽しみですね。それを踏まえられたら次の作品へ向き合えると思うので、『CENTER OF THE EARTH』でテツが入ってからの一年間の答えを出したい気持ちはあります。俺的には3部作とも思っていて、前回の『a flood of circle』があって、テツが入ってきた実験段階の今回があって、次で今のa flood of circleのひな形ができるような気がしているので、変化の途中である今を見てもらう方が面白いんじゃないかなと。物語を見る気分でライブへ来てもらえればと思います。

―最後に、作品とライブを楽しみにしているファンへ向けてメッセージをお願いします

佐々木: 今回はライブに来てくれる人たちの顔や空気感、ライブでどう届くか、メンバーがどう輝くかをすごく考えて作ったので、a flood of circleが好きな人には絶対にハマると思っています。このアルバムは上から目線で何かを言っていたり、手を伸ばしてこっちに来いよと呼びかけていたりという感じではなくて、同じ3月を一緒に生きている感じなので自然に聴けると思うし、ファンの人にとってはしっくりくると思います。だからこそライブで見てほしいので、ぜひライブにも来てください!

a flood of circle『Center Of The Earth』

a flood of circle『ハイテンションソング』

■リリース情報

『CENTER OF THE EARTH』
New Album
2019.3.6 発売
初回限定盤(CD+特典CD) 3,800円(+tax)
通常盤(CD) 3,000円(+tax)

■LIVE情報
a flood of circle presents「A FLOOD OF CIRCUS 大巡業 2019」
3月09日(土) 京都 京都磔磔 w/climbgrow
3月10日(日) 兵庫 神戸太陽と虎 w/climbgrow
3月14日(木) 岩手 盛岡CLUB CHANGE WAVE w/ビレッジマンズストア
3月15日(金) 宮城 仙台CLUB JUNK BOX w/ビレッジマンズストア
3月21日(木祝)・22日(金) 福岡 NSA w/夜の本気ダンス
3月29日(金)・30日(土) 大阪 Shangri-La w/Saucy Dog
4月4日(木)・5日(金) 愛知 名古屋CLUB UPSET w/THE PINBALLS

a flood of circle presents「A FLOOD OF CIRCUS 2019」
4月13日(土) 東京 渋谷TSUTAYA O-EAST
w/the pillows, THE BAWDIES, 爆弾ジョニー, climbgrow, THE KEBABS+1band

a flood of circle Tour CENTER OF THE EARTH
〜アーユーハイテンション?〜

6月09日(日) 千葉 千葉LOOK
6月13日(木) 香川 高松DIME
6月14日(金) 大阪 umeda TRAD
6月16日(日) 福岡 LIVE HOUSE CB
6月21日(金) 愛知 名古屋CLUB QUATTRO
6月23日(日) 大分 club SPOT
6月25日(火) 岡山 PEPPERLAND
6月28日(金) 北海道 札幌cube garden
6月30日(日) 宮城 仙台CLUB JUNK BOX
7月06日(土) 長野 LIVE HOUSE J
7月07日(日) 茨城 水戸LIGHT HOUSE
7月13日(土) 東京 マイナビBLITZ赤坂

■オフィシャルHP
http://www.afloodofcircle.com

■プロフィール
2006年結成。ブルース、ロックンロールをベースにしつつも、多種多様な音楽的要素を吸収しながらAFOC流のロックンロールに昇華させたサウンドとメロディ、そして佐々木亮介の強烈な歌声が話題となる。今までにFUJI ROCK FESTIVAL’07をはじめ、全国各地のフェスにも数多く出演。全国ワンマンツアーを行いながら精力的に活動を続け、邦楽シーンの中、「ロックンロールバンド日本代表」としての地位を確立している。バンド結成10周年を迎えた2016年には、ベストアルバムのリリース、自身初となる海外ツアーの開催、2年ぶりのワンマンツアーを開催。2018年2月にセルフタイトルのアルバム『a flood of circle』をリリース。サポートギターのアオキテツがメンバーとして加入。11月にはトリプルAサイドシングル『13分間の悪夢』をUNISON SQUARE GARDENの田淵智也プロデュースでリリース。そして、2019年3月6日にニューアルバム『CENTER OF THE EARTH』をリリース。6月より全国ワンマンツアーも開催。

関連キーワード

RANKING

RECOMMENDED

KEY WORD

WRITER


トップへ